目次

目次

フローアイテムについての主要な概念

フローアイテムについての主要な概念

フローアイテムの概要

フローアイテムは、シミュレーションの最初から最後までシミュレーションモデルを流れるアイテムです。フローアイテムは、シミュレーションモデルにおいて次のようなさまざまなものを表すことができます。

  • 組立ラインを移動する材料
  • サービスセンターを歩いている顧客
  • 倉庫内のさまざまな場所に移動する製品
  • あるステーションから別のステーションに転送される注文

デフォルトでは、フローアイテムは、次の画像に示すように茶色の箱のように見えます。

FlexSimのフローアイテムには、人、円柱、球、パレット、トート、トラックなど、さまざまな形状があります。フローアイテムビンというツールを使用すると、シミュレーションモデル内のフローアイテムの外観を簡単に変更してカスタマイズできます。このツールを使用すると、次を実行できます。

  • ベーシックフローアイテムの形状の色、サイズ、回転を変更する
  • 独自のカスタム3Dフローアイテムを追加する
  • フローアイテムにデフォルトラベルまたはアイテムタイプを設定する
  • ベーシックフローアイテムの形状のさまざまな形状フレームを作成し、シミュレーションモデルのさまざまな段階でその外観を変更できるようにする

フローアイテムの基本的な外観の変更の詳細については、「フローアイテムビンを使用する」および「カスタムフローアイテムを作成する」を参照してください。

フローアイテムを3Dモデルに取り込む

フローアイテムを3Dモデルに配置する最も一般的な方法は、次の画像に示すように、ソースオブジェクトを使用する方法です。

このモデルでは、ソースはフローアイテムを作成し、それらをランダムな間隔でキューに入れます。ソースを任意のレートでフローアイテムを作成するよう設定できます。

あるいは、処理フローツールの[オブジェクトを作成]アクティビティを使用して、モデルにフローアイテムを追加することもできます。たとえば、次の画像内の処理フローは、ソースのように機能します。

この例では、[オブジェクトを作成]アクティビティは、ボックスフローアイテムを作成して3Dモデルのキュー内に配置するよう設定されています。処理フローツールの詳細については、「モデルのロジックを構築する」の章を参照してください。

フローアイテムのタイプ

フローアイテムには、基本、コンテナ、TaskExecutorという3種類の異なるタイプがあります。各タイプのフローアイテムは、シミュレーションモデルでは多少動作が異なり、次のテーブルで説明するように、異なるプロパティまたは固有のロジックを持ちます。

タイプ 説明 フローアイテム
ベーシック ベーシックフローアイテムは、シミュレーションモデルを流れる単純な形状です。これらの形状の外観を変更して、色、サイズ、または回転をカスタマイズできます。
  • ボックス
  • 円柱
  • 平面
  • サークル
コンテナ コンテナフローアイテムをベーシックフローアイテムでパックして、輸送や保管のためにコンテナとその内容を準備できます。[フローアイテムビン]を使用して、フローアイテムがコンテナフローアイテムにどのようにパックされるかをカスタマイズできます。詳細については、「コンテナのパッキング方法」を参照してください。
  • パレット
  • トート
  • トラック
TaskExecuter TaskExecuterフローアイテムはオペレーターオブジェクトのような形で、顧客をフローアイテムとしてシミュレーションする場合に役立ちます。これらのフローアイテムは、実際のタスク実行者オブジェクトのように動作します。つまり、タスクに割り当て、シミュレーションモデル内でオブジェクト間を移動できます。

フローアイテムラベル

FlexSimでは、ラベルはフローアイテムなどのオブジェクトに関する特定の情報を保存します。重要な情報を追跡したり、モデルのロジックや動作を自動で変更したりできるため、ラベルはFlexSimの全体的な機能にとって重要です。詳細については、「ラベルについての主要な概念」を参照してください。

たとえば、シミュレーションモデル全体を移動するフローアイテムの重量を追跡するとします。フローアイテムに「Weight」という名前のラベルを作成し、その初期値を25(25ポンドまたはグラム)に設定します。フローアイテムがシミュレーションシステムを移動するにつれて、異なる処理により、そのラベルの値が変更される可能性があります。

別の例として、異なるフローアイテムに、それぞれのアイテムタイプに基づいて異なる処理を実行させるとします。製品Aは1組の処理に転用され、製品Bは異なる組の処理に転用される必要があります。この種のロジックを作成するには、フローアイテムに「Type」という名前のラベルを作成します。フローアイテムには、製品Aを表す値1と製品Bを表す値2を割り当てることができます。フローアイテムがシミュレーションシステム内を移動すると、フローアイテムは、シミュレーションモデル内で、オブジェクトがフローアイテムのラベルをチェックする点に到達します。ラベルの値が1の場合、そのフローアイテムは製品Aの処理セットに送信され、ラベルの値が2の場合、フローアイテムは製品Bの処理セットに送信されます。

[フローアイテムビン]を使用すると、フローアイテムにデフォルトラベルを追加できます。具体的な手順については、「フローアイテムにラベルを追加する」を参照してください。