目次

目次

液体ターミネーター

液体ターミネーター

概要と主要な概念

FluidTerminatorは、モデルの完成後に液体材料を破棄するために使用されます。

FluidTerminatorは、フローアイテムに変換することなく、モデルから液体材料を取り除く場合に使用するオブジェクトです。ターミネーターは、いくつかの制限はありますが、それぞれの種類の材料をどれだけ受け取ったのかを追跡します。追跡できる製品IDは最大で14個です。このIDは1以上の整数でなければなりません。製品IDごとに収集したデータは、プロパティGUIの[統計]タブの[クラス統計]セクションに表示されます。

ユーザーはターミネーターの入力レートを詳細に制御できます。制御機能には、ティックごとに起動する「AdjustInputRates」という関数があります。この関数は、モデル実行中に入力レートとスケール係数を変更するために使用されます。ターミネーターが受け取る材料は破棄され、下流に送ることができないため、モデラーは出力レートを制御できません。

状態

統計的な目的で、シミュレーション実行中、液体ターミネーターはさまざまな位置で次のいずれかの状態になります。

回収中

ターミネーターはいっぱいになることはなく、常に材料を受け取ることができるため、常に回収中の状態になります。

プロパティ

液体ターミネーターオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ6つのタブがあります。最後の5つのタブは、ほとんどの液体オブジェクトに共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[統計]タブは廃止され、このオブジェクトではサポートされていません。代わりにオブジェクトのクイックプロパティの統計グループを使用します。

[ターミネーター]タブのみが液体ターミネーターオブジェクトに固有です。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

入力レートを調整

この関数はティックごとに呼び出され、モデル実行中にユーザーが入力レートとスケール係数を変更できるようにします。レートとスケール係数を保持するノードへの参照となっているアクセス変数があります。現在のレート(オブジェクトまたはポート)を読み取るには、getnodenum()コマンドを使用します。レートを変更するには、setnodenum()を使用します。スケール係数を読み取ったり変更したりするには、getnodenum()とsetnodenum()をrank()コマンドとともに使用します。

入力ポート

これらのプロパティは、オブジェクトが上流のオブジェクトから材料を受け取る方法に影響します。

最大オブジェクトレート

結合したすべての出力ポートを通って材料がこのオブジェクトに入る最大レート。

最大ポートレート

材料が任意の1つのポートを通じてこのオブジェクトに入る最大レート。

入力ポートのスケール係数

テーブルの各行は、1つの入力ポートのスケール係数です。値に最大ポートレートを掛けて、その特定のポートの実際の最大レートを決定します。これにより、モデラーはモデル実行中に個々の入力ポートのレートを変更できます。