目次

目次

チャートテンプレート

チャートテンプレート

概要と主要な概念

チャートテンプレートは、ダッシュボードチャートをすばやく簡単に作成する手段を提供します。チャートテンプレートを使用すると、モデルの統計情報を直感的に表示できます。次のチャートは、利用可能なテンプレートのほんの一部です。

チャートテンプレートは、他のFlexSimツールを内部的に使用してチャートにデータを表示します。各テンプレートは、統計コレクターを使用してデータを収集します。テンプレートは、表示されているデータに応じて、一般的な処理フロー計算済みテーブルの2つのグループも使用する場合があります。チャートテンプレートは基本的に、これらすべてのツールをまとめて作成および設定して、チャートを作成する近道です。各テンプレートの[プロパティ]ウィンドウでは、チャート名、テンプレートオプション、その他の視覚化オプションを設定できます。

チャートテンプレートをインストールする

チャートテンプレートはインストール可能です。これは、テンプレートで使用される内部ツールがツールボックスに移動されることを意味します。その後、これらのコンポーネントを自由に変更できます。ただし、テンプレートを変更するためのシンプルなインターフェイスは使用できなくなります。

複合テンプレート

チャートテンプレートの多くは複合テンプレートです。これらのテンプレートを使用すると、一連のオブジェクトを定義し、それらを統計目的で単一のオブジェクトとして扱うことができます。たとえば、次の単純なモデルを見てみましょう。

各オブジェクトはそれ自身の統計情報を保持しています。しかし、多くの主要業績評価指標(KPI)では、より高レベルの統計を処理します。たとえば、一般的なKPIはシステムの平均時間です。複合滞在時間テンプレートを使用してこの統計を取得できます。

このテンプレートには、開始オブジェクトと終了オブジェクトのリストが必要です。次に、アイテムが任意の開始オブジェクトから任意の終了オブジェクトに到達するまでの時間を測定します。この場合は、アイテムが任意のソースから任意のシンクに到達するまでの時間を測定し、その結果として得られた平均値、最小値、最大値を報告します。次のようなチャートが生成されます。

複合テンプレートを使用すると、モデル内のより小さなシステムに関するデータを収集することもできます。たとえば、複合WIPテンプレートを使用して、キュー内のアイテムの数を取得できます。

次に、テンプレートは、開始オブジェクトと終了オブジェクトの間にあるオブジェクトの数を測定して表示します。オブジェクトが開始オブジェクトに入るたびにWIPが増加します。オブジェクトが終了オブジェクトから出るたびにWIPが減少します。キューは開始オブジェクトでもあり、終了オブジェクトでもあるため、すべてのキューの合計WIPを測定していることになります。

WIP、滞在時間、スループット、状態統計の複合テンプレートを作成できます。WIPおよび滞在時間の複合テンプレートでは、開始オブジェクトと終了オブジェクトを指定する必要があります。WIPテンプレートは、開始オブジェクトと終了オブジェクトの間にあるアイテムをカウントします。一方、滞在時間テンプレートは、開始オブジェクトと終了オブジェクトの間の経過時間を測定します。スループットテンプレートを使用すると、一連のオブジェクトを指定し、それらすべてのオブジェクトのスループットを単一のオブジェクトのように計算できます。状態テンプレートは、指定されたすべてのオブジェクトの各状態の平均時間を計算します。

タイプ別テンプレート

多くのテンプレートでは、ラベル値に基づいてアイテムやトークンを分類し、それらのカテゴリの統計をチャート化できます。たとえば、各フローアイテムにタイプラベルがある場合は、タイプごとのシステムの時間を知りたい場合があるでしょう。このデータは、タイプ別WIPテンプレートを使用して取得できます。

このテンプレートは次のチャートを生成します。

各タイプ別チャートは、次のように各カテゴリのデータを視覚的に区切ります。

  • テーブルと棒グラフでは、カテゴリごとに1行が作成される
  • 時間プロットとヒストグラムチャートでは、カテゴリごとに1つの色が使用される

タイプ別テンプレートごとに、次のプロパティを指定する必要があります。

  • タイプラベル - アイテムを分類するために使用されるラベルの名前を指定します。WIPおよび滞在時間テンプレートの場合は、すべてのアイテムのすべての開始オブジェクトおよび終了オブジェクトにこのラベルがあると想定されます。タイプ別スループットテンプレートの場合は、スループットにカウントされるすべてのアイテムにこのラベルがあると想定されます。
  • 値タイプ - 分類ラベルのデータタイプを指定します。数値タイプ(部品タイプ、サイズなど)の場合は、[数値]を選択します。テキストベースの値(ほとんどのSKU)の場合は、[テキスト]を選択します。タイプ別チャートでは、テキストデータまたは数値データのみを分類できます。カテゴリラベルがテキストか数値かはっきりしない場合は、[テキスト]を選択します。数値は自動でテキストに変換されます。

WIPテンプレート

WIPテンプレートを使用すると、多数の個別オブジェクトまたは1つの複合オブジェクトのWIP(進行中の作業)をグラフ化できます。WIPを計算するため、これらのテンプレートは、関連するオブジェクトのコンテンツ統計を使用します。WIPテンプレートは、3Dオブジェクトまたは処理フローアクティビティを処理できるように設計されています。ただし、アクティビティがインスタンス化された(固定リソース/タスク実行者)フローに属している場合、すべてのインスタンスのトークンがWIP統計に寄与します。

複合WIPテンプレートは、開始オブジェクトと終了オブジェクトのイベントをリッスンし、それらのイベントを使用してオブジェクト間のWIPを計算します。開始オブジェクトを通過するアイテムまたはトークンはすべて、後で終了オブジェクトを通過すると想定されます。テンプレートは、開始オブジェクトのOnEntryと終了オブジェクトのOnExitをリッスンします。ただし、ソースが開始オブジェクトとして指定されている場合、テンプレートはOnExitをリッスンします。同様に、シンクが終了オブジェクトとして指定されている場合、テンプレートはOnEntryをリッスンします。開始オブジェクトのイベントが起動すると、WIPは1増加します。終了オブジェクトのイベントが発生し、アイテムまたはトークンが以前に通過したものと一致すると、WIPは減少します。アイテムまたはトークンが一致しない場合、変更は行われません。

スループットテンプレート

スループットテンプレートを使用すると、多数の個別オブジェクトまたは1つの複合オブジェクトのスループットをグラフ化できます。スループットを計算するため、これらのオブジェクトは通常、関連するオブジェクトの出力統計を使用します。ただし、オブジェクトがシンクの場合、このテンプレートはそのオブジェクトのスループットとして入力統計を使用します。スループットテンプレートは、3Dオブジェクトまたは処理フローアクティビティを処理できるように設計されています。ただし、アクティビティがインスタンス化された(固定リソース/タスク実行者)フローに属している場合、すべてのインスタンスのトークンがスループット統計に寄与します。

複合スループットテンプレートは、指定されたオブジェクトのOnExitをリッスンします(そのオブジェクトがシンクでない場合。オブジェクトがシンクである場合は、オブジェクトのOnEntryをリッスンします)。これらのイベントのいずれかが起動するたびに、テンプレートはスループットを増加させます。

滞在時間テンプレート

滞在時間テンプレートを使用すると、多数の個別オブジェクトまたは1つの複合オブジェクトの滞在時間値をグラフ化できます。滞在時間を計算するため、これらのテンプレートは、関連するオブジェクトの滞在時間統計を使用します。滞在時間テンプレートは、3Dオブジェクトまたは処理フローアクティビティを処理できるように設計されています。ただし、アクティビティがインスタンス化された(固定リソース/タスク実行者)フローに属している場合、すべてのインスタンスのトークンが滞在時間統計に寄与します。

複合滞在時間テンプレートは、開始オブジェクトのOnEntryと終了オブジェクトのOnExitをリッスンします。複合WIPテンプレートと同様に、これらのイベントを調整してソースやシンクのようなオブジェクトを正しく処理できます。エントリイベントが起動すると、テンプレートはアイテムまたはトークンを現在の時刻と共にキャッシュします。そのアイテムまたはトークンが出口から出ると(終了イベントが発生)、テンプレートはそのアイテムの入口から出口までの間の滞在期間を記録します。

状態テンプレートには、アイテムトレースガントチャートも含まれています。詳細については、「アイテムトレースガント」を参照してください。

状態テンプレート

状態テンプレートを使用すると、一連のオブジェクトの状態情報を表示するチャートを作成できます。状態の値を計算するため、これらのテンプレートは各オブジェクトに格納されている状態情報を使用します。これらのテンプレートは、固定リソースとタスク実行者のみを処理できるように設計されています。

複合状態テンプレートは、指定されたオブジェクトから収集した状態データを平均化するのみです。

状態テンプレートには、状態ガントチャートも含まれています。詳細については、「状態ガント」を参照してください。

ゾーンテンプレート

ゾーンテンプレートを使用すると、モデル内の特定の処理フローゾーンの統計をチャート化できます。ゾーンテンプレートを使用する場合は、ゾーンとそのゾーンのチャート化対象の統計を指定するだけです。

ゾーンの統計はすべて、いずれかのゾーンテンプレートを使用してチャート化できます。これには次の統計が含まれます。

  • サブセット統計
  • サブセット計算統計
  • 一致しない(どのサブセットにもない)統計
  • パーティション統計
  • パーティション計算統計
ただし、パーティションから得られる統計を選択する場合は、名前に「パーティション」という語を含むゾーンテンプレートを使用する必要があります。

ゾーンテンプレートは、一般的なフローに加え、固定リソースフローとタスク実行者フローを処理できるように設計されています。ゾーンテンプレートを使用してFRまたはTEフローをチャート化する場合、チャートにはすべてのインスタンスのデータが含まれます。

マイルストーンテンプレート

マイルストーンテンプレートを使用すると、マイルストーンコレクターが収集する統計をチャート化できます。マイルストーンテンプレートを使用するときは、チャートに使用するマイルストーンコレクターを指定する必要があります。マイルストーンコレクターの詳細については、「マイルストーンコレクター」の参照トピックを参照してください。

間隔

ほとんどのマイルストーンテンプレートでは、記録する間隔を指定する必要があります。間隔には3つのコンポーネントがあります。

  • 名前
  • 開始マイルストーン
  • 最終マイルストーン
指定した間隔ごとに、チャートはマイルストーンの開始からマイルストーンの終了までの経過時間を測定します。

次の画像は、間隔を指定するためのインターフェイスを示します。

このインターフェイスには次のプロパティがあります。

  • 間隔を追加 - リストに間隔を追加します。
  • 間隔名 - 間隔の名前を指定します。
  • マイルストーンの開始 - マイルストーンの開始を指定します。
  • マイルストーン終了 - マイルストーン終了を指定します。

マイルストーンサンキーテンプレートでは、間隔を指定する必要はありません。モデルの実行中に発生する間隔はすべて自動で含まれます。

テンプレートにオブジェクトを追加する

ほとんどのテンプレートでは、オブジェクトのリストを指定できます。リストを指定するためのインターフェイスは、すべてのテンプレートで統一されています。

次の表は、このツールのボタンについて説明しています。

ボタン 説明
3Dオブジェクトの選択、選択したオブジェクトのリストへの追加、リストをモデルの選択したオブジェクトに設定することのできるメニューを開きます。
クリックして「サンプル」モードに入ったら、オブジェクト、アクティビティ、またはグループを選択してリストに追加します。
選択したオブジェクトをリストから削除します。
リストのメンバーを並べ替えます。
3Dビューを選択したオブジェクトの中央に配置します。
選択したオブジェクトを選択します(赤いボックスで囲みます)。

[詳細]タブ

すべてのチャートテンプレートには[詳細]タブがあります。

[詳細]タブには、次のプロパティがあります。

  • テーブルを表示...- チャートに描画されているデータのビューを開きます。これは、通常は統計コレクターテーブルです。ただし、テンプレートで計算済みテーブルが使用されている場合は、このボタンで計算済みテーブルのテーブルビューが開きます。
  • データのエクスポート...- チャートに描画されているデータをCSVにエクスポートします。これは、通常は統計コレクターによって収集されたデータです。ただし、テンプレートで計算済みテーブルが使用されている場合は、このボタンで計算済みテーブルのテーブルビューが開きます。
  • インストール - チャートテンプレートをインストールします。すべての内部ツールがツールボックスに移動され、チャートテンプレート自体が破棄されます。

クエリビルダーを使用する一部のチャートテンプレートには、次の追加のプロパティがあります。

  • 軸/色の使用方法 - サブセットとパーティションの可視化方法を指定します。このプロパティが使用可能な場合は、次の4つのオプションが使用可能になります。
    • 色のみを使用する - カテゴリがサブセットかパーティションかに関係なく、すべてのカテゴリが色を使用して表現されます。
    • サブセットに軸を使用し、パーティションに色を使用する - サブセットが別々の軸値として表示されます。パーティションは、色を使用して表現されます。
    • サブセットに色を使用し、パーティションに色を使用する - サブセットが別々の色として表示されます。パーティションは、別々の軸上に表示されます。
    • サブセットに軸と色を使用し、パーティションに色を使用する - サブセットが別々の軸上で色によって表現されます。パーティションも色として表示されます。
  • サブセットを無視 - このボックスは、サブセットが1つしか存在しない場合にのみ使用できます。この場合は、チャート上にサブセットを表示できません。このボックスをオンにすると、サブセットが無視されます。オンにした場合は、[軸/色の使用方法]のオプションがサブセットの欠如を反映するように更新されます。