目次

目次

主要なメトリックを決定する

主要なメトリックを決定する

主要なメトリックについて考えることが必要な理由

シミュレーションモデルを作成する主な目標が問題の解決である場合、ビジネスが可能な限り効果的に実行されているかどうかを判断するために、ビジネスで使用すべき主要なメトリックを特定する必要があります。FlexSimでは関心対象のビジネスシステムについて、あらゆるタイプの統計を提供できます。ビジネスシステムへのさまざまな変更が最も関心のある主要なメトリックにどのように影響するのかを実験して確認する機能も用意されています。

たとえば40万ドルのマシンをリースした場合に、その費用に見合うだけの労働、メンテナンス、原材料の費用を削減できるかどうかを判断する必要がある場合、シミュレーションモデルで確認する必要があるのはどの統計でしょうか?この場合にシミュレーションモデルで必要になるのは、次の最小、最大、平均統計です。

  • 新しいマシンに対する古いマシンの生産レベル
  • 新しいマシンに対する古いマシンのユニットあたりの無駄な原材料の削減
  • 新しいマシンに対する従業員が古いマシンに費やしたユニットあたりの時間
  • 新しいマシンに対する古いマシンが故障した時間

次に、これらの統計範囲を使用して、ユニットあたりの原材料費、労働費、故障数を計算します。古いマシンと新しいマシンの費用の差から、ユニットあたりの節減可能な範囲が求めることができます。次に、節減額を合計し、それを年間生産レベルで乗算して、年間節減額を計算します。これらの統計は、この節減額が40万ドルの費用に見合うかどうかを判断するのに役立ちます。

FlexSimはこの情報を提供することで、この種の問題の解決をサポートします。ただし、どの情報に最も価値があるかを最終的に判断するのはユーザー自身です。これを前提として、ビジネスシステムに最も重要なメトリックを特定する方法はいくつかあります。以下のセクションでは、これらの方法について説明します。

サポートする決定を決める

FlexSimを使用することにしたのは、重要な決定を下す必要があったからではないでしょうか。データの質が高い方が適切な判断が下せることは、誰もが知っています。ダグラス・ハバード氏のベストセラー「How to Measure Anything」では、測定対象を決定する際に次について確認することを推奨しています。

  1. この測定はどのような決定をサポートするのか。
  2. 検証可能な結果という観点から、測定される対象の定義は何か。
  3. 求められている決定にとって、この対象がどのくらい重要か。
  4. それについて、現時点でどの程度把握しているか(つまり、現時点での不確実性はどの程度か)。
  5. 追加情報にはどのような価値があるのか。

これらの質問を真剣に考察すると、どのメトリックがビジネスシステムに関する意思決定を最も効果的にサポートするのか、明確かつ具体的に理解するのに役立ちます。

明確化チェーンを使用する

測定対象を特定するのがまだ困難な場合は、ダグラス・ハバード氏の「明確化チェーン」を使用してください。明確化チェーンの目標は、漠然とした目に見えない目標を、測定可能な具体的で目に見える目標に変換することです。多くの測定は、不確実変数を構成要素に分解することから始めて、測定しやすい直接検証できる要素を特定していきます。

ハバード氏は次のように述べています。「まず、関心対象がXである場合、Xは定義上、何らかの形で検出できるはずだと考えます。品質、リスク、セキュリティ世間体といった事柄を、直接的または間接的に何らかの形でまったく検出できないとしたら、どうして関心を持つことができるでしょうか。未知の数量に関心を持つ根拠があるとしたら、望んだ結果または望まない結果に何らかの形で結び付いているからだと考えます。次に、もしこの事柄が検出可能ならば、いくらかの数量で検出できるはずです。ある事柄を少しでも検証できるのなら、程度の差はあっても、それは検証可能です。ここまで理解できれば、最後はおそらく一番簡単です。何らかの数量によって検証できるものは、測定できるはずです」

明確化チェーンを使用するにあたり、実際に何が測定されるのかを理解するために、測定しなければならない理由を明確にする必要もあります。多くの場合、測定の目的は、主要なメトリックが何であるかを特定する鍵となります。

最初に構築し、後でメトリックを特定することを検討する

統計学者であるデイビット・ムーア氏(アメリカ統計学会1998年会長)は「何を測定すべきかわからない場合、とにかく測定してください。そうすれば、何を測定すべきかが分かるでしょう」と言っています。測定を反復作業と考えると理解しやすくなります。シミュレーションプロジェクトのこの段階では、具体的なメトリックをたくさん特定しようとする必要はありません。モデルを構築し、最も価値が高いと思われる対象の測定を開始します。これらの初期の成果に基づいて、方法はいつでも調整できます。

さらに詳しく知るには

ダグラス・ハバード氏の著書『How to Measure Anything: Finding the Value of "Intangibles" in Business』(本稿執筆時点で第3版)の一読をおすすめします。この本は、最も価値があるメトリックの特定に役立つガイドであるだけでなく、シミュレーションモデリングの背景にある基本原則も効果的に紹介しています。