目次

目次

3Dオブジェクトをモデルに追加する

3Dオブジェクトをモデルに追加する

3Dオブジェクトの追加の概要

モデルに3Dオブジェクトを追加するには、いくつかの方法があります。次の作業を行うことができます。

  • ライブラリから3Dオブジェクトをドラッグ&ドロップする
  • [クイックライブラリ]を使用して、シミュレーションモデル内でオブジェクトを直接追加する
  • [オブジェクトを作成]モードを有効にする

どの方法を使用するかは、ほぼ個人的な好みで決まります。それぞれの方法を試して、どれが好みかを判断してください。これらの方法のそれぞれについて、以下のセクションでより詳細に説明します。

ライブラリからドラッグ&ドロップする

3Dオブジェクトを追加する一般的な方法の1つは、ライブラリからドラッグ&ドロップする方法です。この方法を使用するには:

  1. 3Dモデルがアクティブで、左側のペインに([ツールボックス]ではなく)ライブラリが開いていることを確認します。
  2. オブジェクトをライブラリから3Dモデルにドラッグします。

クイックライブラリを使用する

別の方法は、最も一般的に使用される3Dオブジェクトの凝縮メニューである[クイックライブラリ]を使用して3Dオブジェクトを追加する方法です。

クイックライブラリを使用してオブジェクトを追加するには:

  1. 3Dモデルの空白スペースをダブルクリックして、[クイックライブラリ]を開きます。
  2. 追加するアクティビティのアイコンをクリックします。

[オブジェクトを作成]モードを使用する

3Dオブジェクトを追加する別の方法は、[オブジェクトを作成]モードをオンにする方法です。この方法は、同じタイプのオブジェクトを一度に複数追加する場合に特に便利です。たとえば、5つのプロセッサを同時にモデルに追加する場合は、[オブジェクトを作成]モードを使用することをおすすめします。[オブジェクトを作成]モードを有効にするには:

  1. 追加するオブジェクトをライブラリ内でクリックします(クリックの後、ドラッグや、マウスボタンの長押しは行いません)。マウスポインターが[オブジェクトを作成]アイコン に変わり、[オブジェクトを作成]モードに入ったことがわかります。
  2. 3Dモデル内の空白部分をクリックすると、そのオブジェクトが追加されます。
  3. 引き続きモデル内の空白部分をクリックすると、さらにオブジェクトが追加されます。
  4. [オブジェクトを作成]モードをオフにするには、Escキーを押すか、モデルを右クリックします。