目次

目次

サブフローを実行

サブフローを実行

概要と主要な概念

[サブフローを実行]アクティビティを使用して、サブ処理フローを開始できます。入るトークンは、すべての子トークンが([終了]アクティビティを出て)サブフローを完了するまで、[サブフローを実行]アクティビティに残ります。

より詳細な情報については、「サブ処理フロー」を参照してください。

このアクティビティが最初に作成されると、アクティビティの右側に赤い感嘆符 が表示されます。これは、[サブフローを実行]アクティビティへのリンクが必要であることを通知するもので、[開始]アクティビティがある処理フローサブフローオブジェクトか、同じ処理フロー内の[開始]アクティビティのいずれかにできます。このリンクは、感嘆符をクリックした後、Sub Flowオブジェクトや[開始]アクティビティをクリックすることで作成できる直接ポインターにできます。または、[目的地]プロパティの値を設定することで参照を動的にすることもできます。

サブフローを開始、終了する

[サブフローを実行]アクティビティには、サブフローの最初のアクティビティとして[開始]アクティビティ、最後のアクティビティとして[終了]アクティビティが必要です。子トークンが[終了]アクティビティに入ると、([サブフローを実行]内の)親トークンに子が完了したことが通知されます。すべての子がサブフローを完了すると、親トークンは[サブフローを実行]からリリースされます。

[サブフローを実行]が処理フローサブフローオブジェクトを参照する場合、最初の[開始]アクティビティをサブフローで検索し、それをサブフローの開始として使用します。サブフローに複数の[開始]アクティビティがある場合は、[サンプラー]を特定の[開始]アクティビティに使用するか、「目的地」ボックスに「SubFlowName: StartName」と入力します。

デフォルトで、RunSubFlowアクティビティに入ったトークンは、必要なすべての子を同時に作成します。必要に応じて、トークンが一度に1つの子しか作成しないように選択することもできます。この場合は、親トークンが1つの子トークンを作成し、そのトークンがFinish Activityに到達するのを待ってから、次の子トークンを作成します。

コネクター

[サブフローを実行]アクティビティでは、コネクターを1つのみ使用できます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[サブフローを実行]アクティビティのプロパティを示しています。

これらの各プロパティについては、次のセクションで説明します。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

目的地

目的地]ボックスを使用してサブフローにリンクします。これは、処理フローサブフローオブジェクトでも[開始]アクティビティでもかまいません。詳細については、「サブフローにリンクする」を参照してください。

サブフローで作成される子トークンの数。

一度に1つのトークンを実行

このボックスは、すべての子トークンを同時に実行するのではなく、一度に1つずつの子トークンを実行するように指定する場合にオンにします。

ラベルアクセス

[サブフローを実行]アクティビティのラベル関連のプロパティは[トークンを作成]アクティビティとほぼ同じですが、1)[次の名前でトークンを作成]メニューはありません。また、2)[作成時にラベルをトークンにコピー]プロパティは、名前が[作成時にラベルを子にコピー]となります。

ラベルアクセス]プロパティの詳細については、[トークンを作成]アクティビティを参照してください。