目次

目次

ソース

ソース

概要と主要な概念

ソースはモデルを移動するフローアイテムの作成に使用されます。各ソースはフローアイテムのクラスを1つ作成し、そのフローアイテムにラベルや色などのプロパティを割り当てることができます。ソースは、到着間隔レートや到着スケジュールリストごと、または単純に定義済みの到着シーケンスからフローアイテムを作成できます。

ソースは固定リソースですが、フローアイテムを受け取らず、代わりにフローアイテムを作成してリリースします。そのため、[フロー]プロパティに入力セクションはありません。

ソースは次の3つのモードのいずれかで動作します。

  • 到着間隔時間モード:到着間隔時間モードでは、ソースはinter-arrivaltime関数を使用します。この関数の戻り値は、フローアイテムが次に到着するまで待機する時間です。ソースはこの時間待機してから、フローアイテムを作成してリリースします。フローアイテムが出ると、inter-arrivaltime関数を再度呼び出してこのサイクルを繰り返します。到着間隔時間は、1つのアイテムが到着してから次のアイテムが到着するまでの時間ではなく、1つのアイテムが終了してから次のアイテムが到着するまでの時間として定義されることに注意してください。到着間隔時間を到着間の実際の時間として定義する場合は、大容量の下流キューを使用して、フローアイテムが作成されたらすぐにソースがそのフローアイテムを送るようにします。最初の到着時にinter-arrivaltimeを実行するか、最初のフローアイテムを時刻0に作成するかの指定もできます。
  • 到着スケジュールモード:到着スケジュールモードでは、ソースはユーザーがスケジュールテーブルで定義したスケジュールに従います。テーブルの各行では、シミュレーションの任意の時点でのフローアイテムの到着を指定します。各到着エントリでは、到着時間、名前、作成するアイテムの数、到着の追加アイテムラベルを指定できます。到着時間はスケジュールテーブルに正しく並べる必要があります。つまり、各エントリの到着時刻は前のエントリの到着時間と等しいかそれより後である必要があります。ソースがスケジュールを繰り返すように設定されている場合、最後の到着後、最初の到着にすぐにループバックして、最初のエントリの到着が最後のエントリの到着とまったく同じ時刻に発生するようにします。スケジュールを繰り返す場合、最初のエントリの到着時間はスケジュールで最初のループにのみ適用されることに注意してください。最初の到着時間は1回実行できますが、繰り返すことはできません。最後の到着と繰り返しの最初の到着の間で、指定された時間ソースを待機させるには、テーブルの最後にエントリを追加して前のエントリの到着時間よりも後の到着時間を指定します。ただし、その新しいエントリに到着するフローアイテムは0にします。
  • 到着シーケンスモード:到着シーケンスモードは到着スケジュールモードと似ていますが、到着に関連する時間はありません。ソースは特定のテーブル行にフローアイテムを作成し、そのエントリの最後のフローアイテムが終了するとすぐにテーブルの次の行に移動します。到着シーケンスを繰り返すこともできます。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

ソースは、すべての固定リソースに共通の標準イベントを使用します。これらのイベントの説明については、「固定リソース - イベント」を参照してください。

ソースには次の追加イベントがあります。

作成時

このイベントは、アイテムが作成された時点で各フローアイテムに対して1回発生します。アイテムはソース内で作成されますが、エントリ時イベントはトリガーされません。これは、作成されたアイテムへの参照を取得する最初の機会です。到着テーブルの列に定義されているラベルは、この時点ではまだアイテムに追加されていません。下流のオブジェクトによってアイテムのリリースが遅延していない限り、このイベントの直後に[終了時]イベントが続きます。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
作成されたアイテム オブジェクト ソースによって作成されたフローアイテムへの参照。
行番号 整数 この到着が定義された到着テーブルの行の番号。到着間隔時間モードを使用しているときは0になります。

到着間隔時間

このイベントは、ソースの[到着スタイル]が[到着間隔時間]に設定されている場合にのみ起動します。このイベントは、作成された各フローアイテムに対して1回発生します。到着間隔時間イベントは、ソースのリセット時イベントの直後から各終了時イベントの直前までに起動します。

このイベントにはパラメータがありません。

[到着間隔時間]フィールドの戻り値は、次のフローアイテムが作成されるまでのモデル時間を示す数値です。

状態

統計的な目的で、ソースはシミュレーション実行中、さまざまな位置で次のいずれかの状態になります。オブジェクトをクリックし、[クイックプロパティ]の[統計]ペインを表示すると、現在の状態を表示できます。

生成

ソースにフローアイテムはありません。フローアイテムを作成する次の作成イベントまで待機しています。

ブロックされました

フローアイテムが作成され、ソースから離れるのを待機しています。

統計

ソースは次の統計を追跡します。これらは、オブジェクトをクリックし、[クイックプロパティ]の[統計]ペインを選択することで表示できます。

出力

ソースから出たアイテムの総数。

滞在時間

ソースがブロックされ、アイテムが作成されたときにすぐにソースから出ることができない場合、アイテムが出るまでソースに残っている時間が記録されます。

プロパティ

ソースオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ5つのタブがあります。最後の4つのタブは、すべての固定リソースで共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[ソース]タブのみがソースオブジェクトに固有です。特定のプロパティは、[到着スタイル]メニューで選択した内容に基づいてのみ表示されます。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

到着スタイル

このメニューで、ソースがフローアイテムを作成する方法を指定します。以下のオプションがあります。

  • 到着時間間隔 - 一定時間が経過すると、ソースがフローアイテムを1つ作成します。これはモデルが停止するまで繰り返されます。
  • 到着スケジュール - ソースはフローアイテムを作成するタイミング、フローアイテムの数、割り当てるラベルを定義したテーブルに従います。
  • 到着シーケンス - ソースは、フローアイテムを作成する順序を定義したテーブルに従います。フローアイテムは、ソースがフローアイテムを下流に移動できるのと同程度の速さで作成されます。

FlowItemクラス

ソースが作成するフローアイテムのクラスの定義に使用されます。フローアイテムのクラスを表示、編集するにはドロップダウンで[フローアイテムビンに移動]を選択するか、ツールボックスを使用してフローアイテムビンを開きます。

到着間隔時間のプロパティ

次のプロパティは、[到着スタイル]として[到着間隔時間]を選択している場合にのみ表示されます。

  • 時刻0に到着 - このチェックボックスをオンにすると、時刻0にフローアイテムが1つ作成されます。次は、最初の到着間隔時間の終わりに作成されます。
  • Inter-Arrivaltime - 次のフローアイテムを作成するまでにソースが待機する時間を返す関数です。

到着スケジュール/シーケンスのプロパティ

次のプロパティは、[到着スタイル]として[到着スケジュール]または[到着シーケンス]を選択している場合にのみ表示されます。

  • スケジュール/シーケンスの繰り返し - このチェックボックスをオンにすると、モデルが停止されるまでスケジュールまたはシーケンスが絶え間なく繰り返されます。スケジュールの場合、行1に定義された到着は最後の行の到着に定義された時間の0秒後に発生します。つまり、テーブルの最初の行の到着時間は特定のシミュレーションに1回のみ使用されます。この初期遅延はウォームアップ期間として使用できます。繰り返す場合に最後の行の到着時刻と最初の到着時刻の間隔時間を指定するには、テーブルの最後に別の行を追加して数量0を指定します。
  • 到着 - 到着テーブルの行数を指定します。
  • ラベル - 到着テーブルの列数を指定します。フローアイテムが作成されると、フローアイテムに追加されるラベルとその初期値のための列が追加されます。
  • - このボタンは、Excelインポーターの行としてテーブルを追加します。
  • 到着時刻 - 到着が発生するモデル時間単位の時間です(到着スケジュールのみ)。
  • アイテム名 - フローアイテムが作成されたときに名前を指定します。
  • - 到着時に作成されるフローアイテムの数を指定します。
  • ラベル列 - 作成されたフローアイテムに追加されるラベルとその初期値を指定します。