目次

目次

財務チャート

財務チャート

概要と主要な概念

財務チャートを使用すると、さまざまなパラメータと状態に基づいてオブジェクトとフローアイテムのコストデータを表示できます。

[オブジェクト]タブ

このチャートにオブジェクトを追加するには、5つの方法があります。

  1. クラス別に参照 - このオブジェクト追加方法では、オブジェクトがクラス別に並べ替えられます。クラス全体を選択するには、タイプアイコンをクリックします。オブジェクトをクリックして選択または選択解除します。
  2. グループ別に参照 - このオブジェクト追加方法では、オブジェクトがグループ別に並べ替えられます。グループ全体を選択するには、タイプアイコンをクリックします。オブジェクトをクリックして選択または選択解除します。

  3. オブジェクト別に参照 - このオブジェクト追加方法では、モデルのすべてのオブジェクトが一覧表示されます。オブジェクトをクリックして選択または選択解除します。

  4. ドラッグで選択 - このオブジェクト追加方法では、3Dモデルビューが使用されます。現在のウィンドウからモデル内の追加するオブジェクトにターゲットアイコンをドラッグします。

[オブジェクト]タブには、次のプロパティがあります。

アイコン 説明
現在のオブジェクトのリストにオブジェクト/グループを追加します。オブジェクトとグループは複数回追加できます。
現在のオブジェクトのリストからオブジェクト/グループを削除します。
選択したオブジェクトをリストの上に移動します
選択したオブジェクトをリストの下に移動します
モデル内のオブジェクトをサンプリングします。

表示名

グラフに表示するテキストを入力します。このフィールドを空白のままにすると、オブジェクト名またはグループ名が表示されます。

オブジェクト値

すべてのオブジェクト値は負または正の数です。負の数は括弧で囲まれた赤字で表示されます。

固定

この値は、モデルがリセットされると追加されます。この値は、リソースの初期購入価格を表す場合があります。

時間あたりの量

この値は、モデルの実行中に継続的に加算されます。値1.0は、時間50.0の時点でオブジェクトの合計時間値が50.0になることを意味します。単位をモデル時間単位に変換するには、単位変換ツールを使用します。

フローアイテム

を使用し、テーブルにアイテムを追加したり、テーブルからアイテムを削除したりします。各アイテムには、[ラベル名]、[値]、[エントリあたりの額]、[時間あたりの額]があります。すべてのラベル値に値を適用するには、[値]フィールドを空白のままにします。複数のラベル値を定義するには、カンマとダッシュを使用して数値を区切ります。例:1,2,5,10-15,20

  • [エントリあたりの額]の値は、指定されたラベル値を持つフローアイテムがオブジェクトに入ったときに適用されます。
  • [時間あたりの額]の値は、指定されたラベル値を持つフローアイテムがオブジェクト内にある間、継続的に適用されます。

単位をモデル時間単位に変換するには、単位変換ツール を使用します。

状態

を使用し、テーブルにアイテムを追加したり、テーブルからアイテムを削除したりします。各アイテムには、[状態]、[エントリあたりの額]、[時間あたりの額]があります。

  • [エントリあたりの額]の値は、オブジェクトが指定された状態になると適用されます。オブジェクトが0回の状態にある場合、固定値は適用されません。
  • [時間あたりの額]の値は、オブジェクトが指定された状態にある間、継続的に適用されます。

単位をモデル時間単位に変換するには、単位変換ツール を使用します。

[一般]タブ

財務分析チャートには、次の一般的なプロパティがあります。

  • 通貨 - このオプションは、表示される各値のプレフィックスを変更します。[その他]オプションを使用すると、カスタム文字列値を定義できます。または、このフィールドを空白のままにして、プレフィックスを非表示にすることもできます。
  • 精度 - 小数点の右側に表示される桁数を定義します。
  • フォントサイズ - グラフテキストのフォントサイズを定義します。
  • 定義された時間間隔のデータのみ収集 - このグラフの統計情報が記録される期間を作成します。
  • 開始時間 - 統計情報の記録を開始するタイミングを定義します。
  • 終了時間 - 統計情報の記録をやめるタイミングを定義します。