目次

目次

モーター

モーター

概要と主要な概念

モーターを使用して、所定の時間のコンベヤシステムのオンとオフをコントロールできます。パワー&フリーコンベヤシステムをシミュレーションする際に、パワー&フリーチェーンループ上のドッグギャップの同期にモーターを使用することもできます。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

モーターには次のイベントがあります。

イベント名

イベントを説明します。イベントが発生するタイミングを指定します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
パラメータ名 タイプ 説明

戻り値(該当する場合)

状態

モーターはどの状態も実装していません。

統計

モーターは統計を追跡しません。

プロパティ

モーターのプロパティは、クイックプロパティまたはモーターのプロパティウィンドウで編集できます。次のセクションでは、各ツールの使用可能なプロパティについて説明します。

クイックプロパティ

次の画像は、[クイックプロパティ]で使用できるモーターのプロパティを示しています。

次のプロパティがあります。

名前

必要に応じてこちらにカスタム名を入力できます。

カラーセレクターを使用して、統合コントローラーの色を変更します。

位置、回転、サイズ

3Dモデルの統合コントローラーの位置を変更します。

アイコン 説明
オブジェクトの位置を変更します。
オブジェクトの回転を変更します。
オブジェクトのサイズを変更します。

プロパティウィンドウ

モーターオブジェクトのプロパティウィンドウには、さまざまなプロパティを持つ3つのタブがあります。最後の2つのタブは、すべてのコンベヤオブジェクトに共通の標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[モーター]タブのみがモーターに固有です。このタブのプロパティについては、次のセクションで詳しく説明します。

[モーター]タブ

[モーター]タブには次のプロパティがあります。

パワーアンドフリーのドッグ位置を同期

このチェックボックスは、パワー&フリーコンベヤシステムと一緒に使用します。このチェックボックスをオンにすると、モーターに接続されたすべてのコンベヤで最初のドッグ位置が調整されます。たとえば、モーターの最初に接続されたコンベヤが10.2メートルでドッグのギャップが1.0メートルの場合、ドッグの位置は最初のコンベヤでは0.0で始まり、2番目に接続されたコンベヤでは0.8で始まるように設定されます(最初のコンベヤの終わりから次のドッグまでの残りの距離)。

このチェックボックスがオフになっているか、パワー&フリーコンベヤに関連するモーターがない場合、最初のアイテムがコンベヤに入るときにドッグの位置が自動で定義されます。

連続ループ用にドッグのギャップを調整

このチェックボックスをオンにすると、モーターに接続されたコンベヤがループしているパワー&フリーチェーンを表すと見なされます。モーターは接続されたパワー&フリーコンベヤの長さの合計に基づいてループの全長を計算し、ループの全長がドッグのギャップで均等に分割されるように各コンベヤのドッグのギャップを調整します。たとえば、モーターのコンベヤの全長が100.2メートルで、ドッグのギャップが1.0メートルの場合、ループ全体で100のドッグが構成されるように、モーターは各コンベヤのドッグのギャップを1.002メートル(100.2 / 100)に調整します。アルゴリズムはドッグの最も近い数に丸めます。このチェックボックスは、[パワーアンドフリーのドッグ位置を同期]チェックボックスもオンになっている場合にのみ使用できます。

コンベヤ

これを使用して、モーターに接続されたコンベヤを追加、削除、並べ替えることができます。