目次

目次

テキスト

テキスト

概要と主要な概念

テキストオブジェクトは、処理フロー内の任意の場所に配置できるカスタムテキストボックスのように機能します。テキストオブジェクトは表示専用です。つまり、ビジュアル表示以外の他の機能や目的がありません。

コネクター

テキストオブジェクトは、着信コネクターや発信コネクターを許可せず、ビジュアル目的でのみ使用します。

プロパティ

次の画像は、テキスト表示オブジェクトのプロパティを示しています。

これらの各設定については、次のセクションで説明します。

名前

名前]ボックスを使用して、テキストボックスに表示されるテキストを変更できます。

ロック先

ロック先]ボックスを使用して、テキストオブジェクトを処理フローのアクティビティにアタッチできます。テキストがオブジェクトにロックされると、そのアクティビティが移動するときにテキストも移動します。[サンプラー]ボタン を使用して、テキストオブジェクトをロックするアクティビティを選択します。

回転

回転]ボックスを使用して、テキストオブジェクトが表示される角度(度数)を設定できます。ベースラインは水平で、回転は右です。たとえば、回転値が90の場合、次の画像が生成されます。

複数行を編集

テキストボックスに複数の行を占める大きなテキストブロックを表示する場合は、[複数行を編集]チェックボックスをオンにします。[複数行を編集]チェックボックスをオンにすると、次の画像のように、複数行のテキストを入力できる編集ボックスが表示されます。

表示名

表示名]を使用して、シミュレーション実行中にテキストオブジェクトに動的な値を表示させることができます。テキストオブジェクトは、処理フロー変数やラベルの値を表示するように設定できます。これらの変数やラベルを使用して、シミュレーション実行中に関連するデータや統計を表示できます。

デフォルトでは、テキストオブジェクトには[名前]ボックスで入力した名前が表示されます。別のものを選択するには矢印でメニューを開き、選択します。

フォント

次のように、テキスト表示を変更するために使用できるさまざまなフォントプロパティがあります。

  • フォントメニューには13種類の一般的なフォントがあります。
  • フォントサイズを変更できます。
  • テキストを太字、イタリック、下線ありにできます。
  • テキストの色を変更するには、カラーセレクターを使用するか、[サンプラー]ボタン を使用して、シミュレーションモデルや処理フロー内の任意のオブジェクトから色を選択します。

色アルファ

色アルファ]スライダーは、テキストオブジェクトの透明度を変更します。

外枠

外枠]チェックボックスをオンにすると、テキストオブジェクトの周囲に枠線が表示されます。枠線の表示を変更するために使用できるさまざまなプロパティがあります。

  • スタイル - 枠線のスタイルを変更します。
  • 太さ - 枠線の太さを変更します。
  • カラーセレクター - 枠線の色を変更するには、カラーセレクターを使用するか、[サンプラー]ボタン を使用して、シミュレーションモデルまたは処理フロー内の任意のオブジェクトの色を選択します。
  • 色アルファ - [色アルファ]スライダーは、枠線の透明度を変更します。