目次

目次

プロセッサ

プロセッサ

概要と主要な概念

プロセッサは、モデル内のフローアイテムの処理をシミュレーションするために使用されます。処理は強制的な時間遅延として単純にモデル化されます。合計時間は設定時間と処理時間の間で分割されます。プロセッサは一度に複数のフローアイテムを処理できます。プロセッサは、設定時間または処理時間中にオペレーターを呼び出すことができます。プロセッサが故障すると、処理中のすべてのフローアイテムが遅延します。

プロセッサは固定リソースです。コンバイナとセパレータ3Dオブジェクトのスーパークラスでもあります。最大コンテンツが満たされるまで、フローアイテムを受け取り続けます。プロセッサに入る各フローアイテムでは、設定時間の後に処理時間が続きます。これら2つの処理が終了すると、フローアイテムがリリースされます。最大コンテンツ値が1より大きい場合、フローアイテムは並行して処理されます。

設定/処理オペレーター

プロセッサが設定時間または処理時間中にオペレーターを使用するように設定されている場合、それぞれのオペレーションの開始時にプロセッサをステーションとして、アイテムを関連オブジェクトとして指定するrequestoperatorsコマンドを使用してユーザーが定義した数のオペレーターを呼び出します。これにより、オペレーターが到着するまでプロセッサが停止します。

すべてのオペレーターが到着すると、プロセッサはオペレーションを再開します。オペレーションが終了すると、プロセッサは呼び出したオペレーターをリリースします。プロセッサが設定時間と処理時間の両方に同じオペレーターを使用するよう設定されている場合、プロセッサは設定時間と処理時間の両方が終了するまでオペレーターをリリースしません。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

処理は、すべての固定リソースに共通の標準イベントを使用します。これらのイベントの説明については、「固定リソース - イベント」を参照してください。

プロセッサには、次の追加イベントがあります。

処理完了時

このイベントは処理時間が経過すると起動します。このイベントが起動すると、処理完了時トリガー実行され、FlexScriptまたは事前設定されたピックオプションを使用してカスタムロジックを実行できます。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
アイテムを処理 オブジェクト 処理中のフローアイテム

設定完了時

このイベントは、処理時間イベントが起動する直前に設定時間が経過すると起動します。このイベントが起動すると、設定完了時トリガーが実行され、FlexScriptまたは事前設定されたピックオプションを使用してカスタムロジックを実行できます。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
設定アイテム オブジェクト 処理しようとしているフローアイテム

オペレーター参照

オペレーター参照イベントは、[設定にオペレーターを使用]または[処理にオペレーターを使用]チェックボックスのいずれかがオンになっている場合にのみ起動します。このイベントは、設定時間または処理時間が始まる前にアイテムがプロセッサに入ると起動します。このイベントは[オペレーターを選択]フィールドを評価します。

プロセッサに設定時間と処理時間があり、プロセッサのプロパティウィンドウの[設定と処理の両方に設定オペレーターを使用]チェックボックスがオフになっている場合、オペレーター参照イベントは2回起動します。最初のイベントは設定時間イベントの直後に起動します。2回目のイベントは処理時間イベントの後に起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
アイテム オブジェクト 処理中のフローアイテム
トリガー 整数 オペレーターが設定のために呼び出されている場合、トリガー値は1です。オペレーターが処理のために呼び出されている場合、トリガー値は2です。

オペレーターを選択]フィールドは、アイテムの処理に使用されるタスク実行者またはディスパッチャーオブジェクトへの参照を返します。プロセッサは、タスク実行者をプロセッサに呼び出す関連オブジェクトにタスクシーケンスを送付し、設定時間または処理時間が完了するまでそれらを使用します。

処理時間

このイベントは設定が完了すると起動します。[処理時間]フィールドを評価します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
アイテム オブジェクト 処理中のフローアイテム

処理時間]フィールドにはアイテムの処理時間を示す数値が返されます。

設定時間

このイベントはアイテムがオブジェクトに入ると起動します。[設定時間]フィールドを評価します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
アイテム オブジェクト 処理中のフローアイテム

設定時間]フィールドにはアイテムの設定時間を示す数値が返されます。

状態

統計的な目的で、プロセッサは、シミュレーション実行中、さまざまな時点で次のいずれかの状態になります。オブジェクトをクリックし、[クイックプロパティ]の[統計]ペインを表示すると、現在の状態を表示できます。

アイドル

オブジェクトは空です。

設定

オブジェクトはモデラー定義の設定時間内です。

処理中

オブジェクトはモデラー定義の処理時間内です。

ブロックされました

オブジェクトからフローアイテムがリリースされましたが、下流のオブジェクトではまだ受け取り準備ができていません。

オペレーター待ち

オブジェクトは、オペレーターが到着し、故障を修理するか、バッチオペレーションを実行するまで待っています。

輸送待ち

オブジェクトがフローアイテムをリリースし、下流のオブジェクトでフローアイテムを受け取る準備が完了していますが、輸送オブジェクトはそれをまだピックアップしていません。

統計

プロセッサは、すべての固定リソースに共通の標準統計を使用します。これらの統計情報については、「固定リソース - 統計」を参照してください。

プロパティ

プロセッサオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ6つのタブがあります。最後の4つのタブは、すべての固定リソースで共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

他の2つのタブは、プロセッサ、コンバイナ、セパレータ、マルチプロセッサで使用できます。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。