目次

目次

チュートリアル3 - 条件付きタスク

チュートリアル3 - 条件付きタスク

このチュートリアルでは、特定の条件下でのみ実行されるタスクの構築方法を説明する高度なチュートリアルです。これらの条件はシミュレーションモデルの実行中に変化する可能性があります。オペレーターが複数のフローアイテムを3つの想定される目的地に搬送するモデルを作成します。フローアイテムを受け取る目的地は、それらの目的地が最大容量に達したかどうかによって変わります。サブフローについて簡単に説明し、もう少し高度なFlexScript式を紹介します。

作業が完了すると、シミュレーションモデルは次の画像のように動作します。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク3.1

サブフローと配列を使用する

このタスクでは、オペレーターが一度に複数のフローアイテムを搬送するシステムを設計します。このロジックを作成するために、処理フローツールでサブフローを使用する方法と、配列と呼ばれる特別なタイプのデータを含むラベルについて学びます。

タスク3.2

条件付きタスクを追加する

このタスクでは、一度に保持できるフローアイテムの数を制限することによって、いくつかの別の目的地キューを追加し、それらの目的地にいくつかの制約を設定します。これらの制約は、モデルの実行時にモデルロジックが動的に対応するために必要となる変化する条件を作成します。このモデルロジックを作成するネストされたサブフローとカスタムユーザーコマンドを作成する方法を学びます。

詳細

これらのチュートリアルで取り上げた概念の詳細については、以下を参照してください。