目次

目次

システム要件

システム要件

概要

FlexSimは、最新のWindowsシステム上で動作するように設計されています。独特のまたは複雑なモデリング環境では、その他のハードウェア要件が適用される場合があります。

シミュレーションモデルの構築時と実行時で最も大きく異なるハードウェアコンポーネントの詳細については、FlexSimアンサーの記事「推奨システム要件」を確認してください。

最小システム要件

過去数年以内に製造されたデスクトップコンピュータとラップトップコンピュータのほとんどは、FlexSimの最小要件を満たしています。この最小要件を満たしているシステムでは次のことが可能になります。

CPU 最新の1x86またはx64 IntelまたはAMDプロセッサ。

パフォーマンス、互換性、およびベンダーサポート(ドライバーの更新など)を最低限にする場合は、次のような過去5年以内に製造されたCPUをお勧めします。

RAM 4 GBのRAM
グラフィックス OpenGL 3.1以降をサポートするGPU

パフォーマンス、互換性、およびベンダーサポート(ドライバーの更新など)を最低限にする場合は、次のような過去5年以内に製造されたGPUをお勧めします。

FlexSimが正しく動作するためには、グラフィックスドライバーを更新しなければならない場合があります。

FlexSimのグラフィックス機能とパフォーマンスの向上に関するその他の提案については、FlexSimアンサーの記事「グラフィックスの互換性 - 一般的な問題点と解決策」を参照してください。

OS Microsoft2が現在サポートしているWindowsオペレーティングシステム、32ビットまたは64ビット。

Windowsのサポート対象エディション:

ディスクスペース 3 GBの空き
  • FlexSimのインストーラーは、バージョンに応じてサイズが最大1.2 GBになる場合があります。インストールが成功したら、インストーラーファイルを削除できます。
  • インストール後に、FlexSimのプログラムファイルによって最大1.2 GBのディスクスペースが使用されます。
  • ソフトウェアのインストールフットプリントに加えて、追加したモデルファイル、CADレイアウト、画像、カスタム3D形状、インポート用のデータ、エクスポートしたレポート、およびその他のシミュレーション関連アセットがディスクスペースを占有します。
その他のソフトウェア

メモ

  1. IntelのAtomなどの一部の最新の低電力プロセッサは、FlexSimのような要求の厳しいアプリでは主流のデスクトッププロセッサやノートブックプロセッサより性能が落ちます。そのため、ソフトウェアの応答性が悪く、これらの低電力CPU上のシミュレーションは完了するまでに時間がかかります。ARMプロセッサには対応していません。

  2. オペレーティングシステムがMicrosoftによる拡張サポートの終了に達すると、FlexSimはそのOSを積極的にサポートしなくなります。ARM上のWindowsには対応していません。

  3. FlexSimは、Microsoftの最新の.NET Frameworkから提供される機能を使用しています。互換性のある.NET Frameworkがすでにほとんどのコンピュータにインストールされていますが、必要に応じて、Microsoftから直接ダウンロードすることができます。

    加えて、20.0.1より前のFlexSimバージョンの場合は、OptQuestアドオンに.NET Frameworkバージョン3.5が必要です。このバージョンは、Windowsの「Windowsの機能の有効化または無効化」機能を介してインストールすることも、Microsoftから直接ダウンロードすることもできます。詳細については、「実験ツールとオプティマイザー」を参照してください。

    FlexSimバージョン20.0.1以降のOptQuestでは、Microsoftの最新の.NET Frameworkが使用されます。