目次

目次

カスタムオブジェクトライブラリを作成する

カスタムオブジェクトライブラリを作成する

カスタムオブジェクトライブラリ作成の概要

特定のオブジェクトのプロパティをカスタマイズし、このカスタムオブジェクトのコピーをライブラリから直接簡単に追加できるようにしたい場合は、カスタムオブジェクトライブラリを使用してください。たとえば、特定のプロセッサのいくつかのプロパティを複雑に変更した場合は、このプロセッサをカスタムオブジェクトライブラリに追加できます。追加すると、ライブラリからモデルにカスタムプロセッサをドラッグ&ドロップするだけで、新しいプロセッサにも同じプロパティが適用されます。

カスタムライブラリをエクスポートして、カスタムオブジェクトを他のユーザーと共有することもできます。

カスタムオブジェクトライブラリを作成する

カスタムオブジェクトライブラリを作成するには:

  1. ライブラリに追加するオブジェクトを右クリックして、メニューを開きます。[編集]、[ユーザーライブラリを追加]の順でポイントし、[新しいユーザーライブラリ]を選択します。
  2. 新しいライブラリとオブジェクトが左ペインのライブラリの上部に表示されます。ここからいくつかのオプションがあります。
    • ライブラリまたはオブジェクトの名前を変更するには、それらを右クリックして[名前を変更]を選択します。
    • オブジェクトのプロパティを編集するには、オブジェクトを右クリックして[プロパティ]を選択します。
    • 他のモデルで使用するためにカスタムライブラリを保存するには、ライブラリのタイトルを右クリックし、[ライブラリを保存]を選択します。

モデルにカスタムオブジェクトを追加するには、他のオブジェクトをライブラリから追加するのと同様にドラッグ&ドロップします。

カスタムライブラリのオブジェクトを変更および削除する

ユーザーライブラリに追加されたライブラリオブジェクトを変更する必要がある場合は、次のようにします。

  1. カスタムオブジェクトが3Dオブジェクトであるか処理フローオブジェクトであるかに応じて、ライブラリからモデルビューまたは処理フロービューにオブジェクトをドラッグ&ドロップします。
  2. 必要な変更を行い、ユーザーライブラリに追加します。
  3. ユーザーライブラリ名の左にある下矢印をクリックし、[ライブラリからオブジェクトを削除]をクリックして、ライブラリから古いオブジェクトを削除します。

カスタムライブラリへコンテナを追加する

同じ方法でコンテナでも複数のカスタムオブジェクトのコピーを作成できます。たとえば、ワークステーションがあり、その複数の3Dオブジェクトをモデル全体にわたってコピーする場合は、ワークステーション全体をコンテナに入れ、そのコンテナをカスタムライブラリに追加すると便利です。詳細については、「モデル管理ツールとしてコンテナを使用する」を参照してください。

処理フローアクティビティと表示オブジェクトを追加する

アクティビティおよび表示オブジェクト、処理フローオブジェクト、処理フローオブジェクトに添付された3Dオブジェクトは、ユーザーライブラリに追加できます。

カスタムライブラリにアクティビティと表示オブジェクトを追加するには:

  1. ライブラリに追加するすべてのアクティビティと表示オブジェクトを、Ctrlキーを押しながらクリックします。
  2. 右クリックして[ユーザーライブラリに追加]をポイントし、[新しいユーザーライブラリ]を選択します。

[ライブラリ]ウィンドウに[ユーザーライブラリ]が表示されます。このライブラリを保存して他のユーザーに配布できるようになりました。

処理フローオブジェクトを追加する

カスタムライブラリにプロジェクトフローオブジェクトを追加するには:

  1. [クイックプロパティ]の[処理フローのプロパティ]で、[処理フローの名前]フィールドの横にある[ユーザーライブラリ]ボタン をクリックします。
  2. 追加するユーザーライブラリを選択するか、新しいユーザーライブラリを作成します。
  3. ドラッグ可能なアイコンとして]または[自動インストールコンポーネントとして]を選択します。

処理フローオブジェクトがユーザーライブラリに追加されると、インスタンスまたは添付されたオブジェクトはすべて削除されます。例外は、それ自体が1つのインスタンスを持つ[一般処理フロー]です。

一旦追加されると、処理フローオブジェクトは、それをユーザーライブラリに再び追加することで更新できます。これにより、古い処理フローが新しい処理フローに上書きされます。

添付オブジェクト(インスタンス)を追加する

タスク実行者または固定リソースオブジェクトのような3Dオブジェクトを[処理フロー]に添付されたユーザーライブラリに追加すると、[処理フロー]オブジェクトが自動でユーザーライブラリに追加されます。デフォルトでは、[処理フロー]オブジェクトは追加された3Dオブジェクトの横にドラッグ可能なアイコンとして追加されます。[処理フロー]オブジェクトは、必要に応じて自動インストールコンポーネントに移動できます。

3Dオブジェクトをモデルにドラッグすると、ライブラリは、添付されている[処理フロー]オブジェクトが現在モデルにあるかどうかを確認します。[処理フロー]がモデルにない場合は、[処理フロー]オブジェクトが追加されます。存在する場合、オブジェクトは既存の[処理フロー]オブジェクトに接続されますが、[処理フロー]は更新されません。[処理フロー]を更新するには、[処理フロー]オブジェクトをユーザーライブラリからモデルに手動でドラッグします。これを行うと、すべての[処理フロー]インスタンスが維持されます。