目次

目次

ボックスプロット

ボックスプロット

概要と主要な概念

ボックスプロットでは、統計コレクターのデータを使用してボックスプロット(ボックスアンドウィスカープロットとも呼ばれます)を作成できます。

データ形式

ボックスプロットには、少なくとも単一列で構成された1つのテーブルが必要です。その各行には、ボックスのいずれかでカウントされる値が含まれています。ただし、その他の列は、データポイントを色や軸で分類するために使用できます。

たとえば、下のテーブルは3つの列で構成されています。

ボックスプロットの作成に使用されるデータがDuration列に格納されています。他の2つの列はポイントを分類するために使用されます。このセクションの冒頭で示したグラフでは、ポイントがObject列の値で分類されてから、Type列の値で分類されています。一意のObject列の値ごとに新しいX軸カテゴリが追加され、一意のType値ごとに一意の色が追加されます。

上で示したテーブルでは、Type列を使用して軸が決定され、Queue列を使用して色が決定されます。結果のグラフは次のようになります。

または、値の分類を無視して、全体的な分布の感触を掴むこともできます。以前のテーブルを使用してポイントを分類せずにボックスプロットを作成した場合は、次のようになります。

計算

中央のボックスを形成するラインの場合は、第1四分位数、中位数、および第3四分位数で描画されます。ウィスカーは、第1四分位数または第3四分位数から1.5 * IQR(四分位範囲)以上離れていない最初のデータポイントまで描画されます。

平均と信頼区間(表示されている場合)は、ウィスカー範囲外のデータを含むすべてのデータを使用して計算されます。

[データ]タブ

[データ]タブには次のプロパティがあります。

  • データソース - ドロップダウンリストから有効なデータソースを選択します。すべての統計コレクターと計算テーブルが表示されます。また、最後のオプションを選択すると、新しい統計コレクターを作成できます。付随するボタンをクリックすると、選択したデータソースのプロパティウィンドウが開かれます。
  • 値の列 - ボックスプロットを使用して分析する値を含む列をデータソースから選択します。この列には数値データのみが含まれている必要があります。
  • 色で分割 - 任意。これらの列は、各データポイントを色で分類するために使用されます。リストの各値の一意の組み合わせが新しいカテゴリになり、各カテゴリが異なる色でマークされます。
  • X Split By(X軸で分割) - 任意。これらの列は、各データポイントを軸で分類するために使用されます。リストの各値の一意の組み合わせが新しいカテゴリになり、各カテゴリがX軸の異なる部分に表示されます。

[設定]タブ

[設定]タブには次のプロパティがあります。

  • 凡例を表示 - 凡例を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。凡例を表示しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  • 点を表示 - ボックスプロットの生成に使用されるデータ点を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオンになっている場合、点はカテゴリの色で描画され、ボックスプロットはグレーで描画されます。
  • ボックスのサイズを自動調整 - 各ボックスの幅を高さに比例して調整する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、すべてのボックスの幅が同じになります。
  • 平均を表示 - チャートの値の平均を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • 信頼度を表示 - 平均に関する信頼区間の範囲を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。コンボボックスを使用して信頼度を選択できます。
  • 軸の順序を分割 - このプロパティは、各X軸カテゴリの順序を制御します。[テーブル内の使用順序]ボックスをオンにすると、チャートでX軸カテゴリがテーブルと同じ順序になるように並べ替えられます。このボックスをオフにすると、リストで指定された順序がチャートで使用されます。リストは、上矢印と下矢印を使用して並べ替えることができます。

[テキスト]タブ

[テキスト]タブには、次のプロパティがあります。

  • 精度 - チャートで使用する小数点以下の桁数を指定します。これは、浮動小数点値のテキストにしか適用されないことに注意してください。
  • フォントサイズ - このグラフの一般的なテキストのフォントサイズをピクセル単位で設定します。
  • タイトルフォントサイズ - チャートタイトルのフォントサイズをピクセル単位で設定します。
  • 軸タイトルフォントサイズ - 軸タイトルのフォントサイズをピクセル単位で設定します。
  • X軸タイトル - 任意。X軸タイトルのテキストを指定します。
  • Y軸タイトル - 任意。y軸タイトルのテキストを指定します。
  • Custom Title(カスタムタイトル) - オンにした場合は、チャートにこのプロパティの値がチャートのタイトルとして表示されます。このプロパティは、特殊文字を含むタイトルを指定するためやどのタイトルも表示しないことを指定するために使用できます。
  • Show Column Headers(列ヘッダーを表示) - このリストを使用すれば、チャートにテキストとして書き込む場合にその列ヘッダーを含める値を指定することができます。たとえば、[タイプ]列があれば、チャートにタイプ値を書き込む前に「タイプ: 」と表示することができます。

[色]タブ

このタブは、[時間プロットの色]タブと同じです。詳細については、「時間プロットの色」を参照してください。

パフォーマンス指標

ボックスプロットは、「値の列」プロパティで指定された列にデータを集計するパフォーマンス指標を提供します。チャートは、パフォーマンス指標として常にその列の平均値、最小値、または最大値を提供します。軸カテゴリまたは色カテゴリ列のいずれかが指定されている場合、チャートでは特定のカテゴリでフィルタリングして「値の列」の平均値、最小値、または最大値を取得できます。