目次

目次

コンバイナ

コンバイナ

概要と主要な概念

コンバイナは、複数のフローアイテムがモデル内を移動する際にそれらをグループ化するために使用されます。フローアイテムを永続的に結合するか、後の時点で分離できるようにパックできます。コンバイナは、最初に入力ポート番号1から1つのフローアイテムを受け入れ、その後に残りの入力ポートから後続のフローアイテムを受け入れます。ユーザーは、入力ポート2以上で受け入れる後続のフローアイテムの数量を指定します。ユーザーから要求された後続のフローアイテムがすべて到着すると、セットアップ/処理時間が開始されます。コンバイナは、セットアップ、処理、修理時間中にオペレーターを要求するように設定できます。

コンバイナはプロセッサのサブクラスであり、固定リソースです。オペレーション中、コンバイナは最初に第1入力ポートから正確に1つのフローアイテムを受け取ります。フローアイテムが入力ポート1を介して到着するまで待ってから、他のフローアイテムを許可します。次に、コンポーネントリストを使用してフローアイテムのバッチを収集します。コンポーネントリストには、コンバイナが各バッチのその他の各入力ポートから受け取るべきフローアイテムの数が指定されています。コンポーネントリストの行1は、入力ポート2から受け取る必要があるフローアイテムの数に対応します。行2は入力ポート3に対応し、以下同様になります。コンポーネントリストは、オブジェクトを入力ポートに接続すると自動で更新されます。入力ポートを追加するときにコンバイナのプロパティウィンドウが開いている場合は、ウィンドウを閉じてコンバイナをもう一度ダブルクリックして変更を登録する必要があります。

コンバイナはバッチを収集すると、セットアップ時間と処理時間を経て、プロセッサ機能によって定義されたとおりオペレーターをセットアップオペレーションと処理オペレーションに呼び出します。詳細については、「プロセッサ」を参照してください。

コンバイナは、パック、結合、バッチの3つのモードのいずれかで稼働できます。パックモードでは、コンバイナはポート2以上で受け取ったすべてのフローアイテムを入力ポート1で受け取ったフローアイテムに移動し、このコンテナフローアイテムをリリースします。結合モードでは、コンバイナは入力ポート1で受け取ったものを除くすべてのフローアイテムを破棄します。バッチモードでは、バッチが収集されてセットアップ時間と処理時間が終了すると、コンバイナは単純にすべてのフローアイテムをリリースします。

[プル方法]フィールドはコンバイナには使用されません。コンバイナはこのロジックを単独で処理します。

フローアイテムをコンバイナに輸送する場合、コンバイナがコンテナフローアイテムを受け取って​​いる間は、所定の時間に1つのフローアイテムつまりコンテナフローアイテムのみをコンバイナに輸送できます。コンテナフローアイテムが到着すると、コンバイナはコンポーネントリストの他のすべてのフローアイテムを同時に輸送できます。

さまざまなタイプのフローアイテムを受け取る

多数の異なるタイプのフローアイテムを保持できる上流オブジェクトが1つあり、コンバイナのコンポーネントリストでさまざまなタイプを個別にスクリーニングする場合、上流オブジェクトの複数の出力ポートをコンバイナのいくつかの入力ポートに接続することによって実行できます。たとえば、コンバイナは1つの上流プロセッサからアイテムタイプ1および2を受け取ります。アイテムタイプ1を4つとアイテムタイプ2を6つ収集して、1つのパレットにパックするとします。

そのためには、まずパレットのソースをコンバイナの入力ポート1に接続します。その後、プロセッサの出力ポート1をコンバイナの入力ポート2に接続し、プロセッサの出力ポート2をコンバイナの入力ポート3に接続します。プロセッサのsendto方法によって、アイテムタイプごとに送信します。次に、コンバイナのコンポーネントリストで、入力ポート2に対応する行に4を入力し、入力ポート3に対応する行に6を入力します。

コンバイナからフローアイテムを手動で移動する

コンバイナからコンテナフローアイテムを手動で移動する場合は、タスクシーケンスまたはmoveobjectコマンドのいずれかを使用して、出てくるアイテムにゼロ以外のポート番号を指定します。コンバイナは、パッキングしているときにパックされたフローアイテムを自身からコンテナフローアイテムに移動します。これにより出口トリガーが起動します。コンテナに移動するパーツとコンテナを出るパーツを区別する方法は、出口トリガーのポート番号です。ポート番号が0の場合は、コンテナに移動するパーツと見なされて何も実行されません。そのため、コンバイナからコンテナフローアイテムを明示的に移動するときにポート番号が0の場合、コンバイナはそれをパックされたフローアイテムと見なし、次のコンテナフローアイテムを受け取りません。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

コンバイナは、プロセッサと同じすべてのイベントを使用します。これらのイベントの説明については、「プロセッサ - イベント」を参照してください。

状態

コンバイナは、プロセッサと同じすべての状態を使用します。これらの状態の説明については、「プロセッサ - 状態」を参照してください。

統計

コンバイナは、すべての固定リソースに共通の標準統計を使用します。これらの統計情報については、「固定リソース - 統計」を参照してください。

プロパティ

コンバイナオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ7つのタブがあります。最後の4つのタブは、すべての固定リソースで共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

最初の2つのタブは、プロセッサ、コンバイナ、セパレータ、マルチプロセッサで使用できます。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[コンバイナ]タブのみがコンバイナオブジェクトに固有です。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

結合モード

コンバイナが動作しているモードを選択します。

リサイクル先

このプロパティは、[結合モード]として[結合]が選択されている場合にのみ使用できます。結合モードでは、コンバイナが処理を終了した後、1より大きいポートで入るオブジェクトは破棄されます。余分なフローアイテムを破棄するのではなく、このオプションを使用すると特定のフローアイテムのリサイクルビンにフローアイテムをリサイクルできます。リサイクルの詳細については、「シンク」を参照してください。

コンバイナの長さ全体でアイテムを搬送

チェックボックスをオンにすると、フローアイテムは処理時間中にコンバイナを越えて移動します。

コンポーネント一覧

このテーブルは、完了したコレクションを下流に送信する前にコンバイナが収集するフローアイテムの数を、タイプごとに定義するために使用されます。コンバイナはコンテナオブジェクトとして入力ポート1を介して到着したフローアイテムを使用し、そのうちの1つのみを受け入れます。テーブルの各行は、2以上の入力ポートからの到着を表します。このウィンドウが開いている間に追加接続を作成する場合は、プロパティウィンドウを閉じてから再度開いて変更内容を登録する必要があります。モデルの実行中にこのリストを動的に更新するには、OnEntryトリガーで[コンバイナコンポーネントのリストを更新]ピックリストオプションを使用します。

TargetQuantity

関連する入力ポートを介して、各オペレーションのために受け取るフローアイテムの必要数。