目次

目次

ゾーン

ゾーン

概要と主要な概念

[ゾーン]は、処理フロー内にあるアクティビティのグループの統計を保持します。これらのアクティビティ内のトークンに基づいて、任意にアクティビティへのアクセスを制限できます。

コネクター

[ゾーンに入る]アクティビティおよび[ゾーンから出る]アクティビティのみを[ゾーン]に接続できます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[ゾーン]共有アセットのプロパティを示しています。

これらの各プロパティについては、次のセクションで説明します。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

タイプ

[ゾーン]は、グローバルまたはローカルに利用可能です。[ゾーン]は統計を保持し、インスタンスごとに[最大コンテンツ]と[制約]を適用します。

最大コンテンツを使用

最大コンテンツを使用]チェックボックスは、[ゾーン]が最大のコンテンツを使用するかどうかを決定します。このチェックボックスをオンにすると[最大コンテンツ]ボックスが有効になり、オフにした場合は無効になります。

最大コンテンツ

最大コンテンツを使用]チェックボックスをオンにすると、このボックスに指定された値によって所定の時点で[ゾーン]に入れることができるトークンの最大数が決まります。

その他のプロパティ

その他のプロパティ]ボタンは、[ゾーンのプロパティ]ウィンドウを開きます。このウィンドウでは、サブセット、計算、制約を作成および編集できます。また、[ゾーン]の詳細機能の一部を管理することもできます。これには5つのタブがあり、次のセクションで説明します。

[サブセット]タブ

次の画像は、[サブセット]タブを示しています。

各プロパティについては、次のセクションで説明します。

サブセットを追加

サブセットを追加]ボタン は、新しいサブセットをゾーンに追加します。タブの一番上にあるボタンです。

サブセット名

サブセット名]ボックスでは、サブセットの名前を編集できます。

トークン選択基準

トークン選択基準]ボックスでは、サブセットのトークン選択基準を編集できます。

計算を追加

計算を追加]ボタン を使用すると、現在のサブセットに新しい計算を追加できます。[サブセット計算]領域内にあります。

終了時に計算を評価

[ゾーン]の[終了時に計算を評価]オプションをオンにします。

計算名

この列のテキストを編集すると、各[計算]の名前を編集できます。

ラベル/合計式

この列のテキストを編集することで、合計式を編集できます。

[サブセット制約]タブ

次の画像は、[サブセット制約]タブを示しています。

各プロパティについては、次のセクションで説明します。

制約を追加

制約を追加]ボタン をクリックして、特定のサブセットに制約を追加します。

計算

計算]ドロップダウンリストボックスを使用して、制約するサブセット関連の値を選択できます。

計算]ドロップダウンリストボックスで指定した値の制限を入力します。

[パーティション]タブ

次の画像は、[パーティション]タブを示しています。

各プロパティについては、次のセクションで説明します。

パーティション基準

このフィールドを使用して、[ゾーン]でトークンを分割する方法を指定できます。

計算を追加

計算を追加]ボタン を使用すると、すべてのパーティションに新しい計算を追加できます。これは、[パーティション計算]領域内にあります。

計算名

この列のテキストを編集すると、各[計算]の名前を編集できます。

ラベル/合計式

この列のテキストを編集することで、合計式を編集できます。

[パーティション制約]タブ

次の画像は、[パーティション制約]タブを示しています。

各プロパティについては、次のセクションで説明します。

パーティション制約を追加

パーティション制約を追加]ボタン は、新しいパーティション制約をゾーンに追加します。タブの一番上にあるボタンです。

計算

計算]ドロップダウンリストボックスを使用して、(すべての[パーティション]について)制約するパーティション関連の値を選択できます。

例外を追加

例外を追加]ボタン を使用して、パーティション制約に例外を追加できます。

このフィールドを使用して、この[パーティション制約]にいくつの例外があるかを指定できます。これは、Excelスプレッドシートからデータをコピーする場合に特に便利です。このフィールドを変更すると、必要に応じて例外が追加または削除されます。

パーティション

このフィールドは、例外によって影響を受ける特定のパーティションを指定します。このフィールドは、テキストまたは数値データを受け入れることに注意してください。

制限

このフィールドは、例外に関連するパーティションの制限です。

[詳細]タブ

次の画像は、[詳細]タブを示しています。

各プロパティについては、次のセクションで説明します。

キュー方法

キュー方法]ボックスでは、[キュー方法]の式を編集できます。この式は、ORDER BY式である必要があります。

キュー順序を強制

キューの順序を強制]チェックボックスをオンにして、[ゾーン]がリクエストキューの順序を強制するようにします。

エントリ前に同時到着を待つ

[キュー方法]を評価する前に[ゾーン]に複数のトークンが同じ瞬間に到着できるようにするには、[エントリ前に同時到着を待つ]チェックボックスをオンにします。