目次

目次

FlexSim Healthcareチュートリアル

FlexSim Healthcareチュートリアル

このチュートリアルタスクでは、FlexSim Healthcare(HC)3Dオブジェクトと処理フローアクティビティの基本について説明します。これらのオブジェクトとアクティビティは、直観的で使いやすいように設計され、視覚効果も可能な限り高めています。

これらのオブジェクトは主に医療システムをシミュレートするように設計されていますが、FlexSimでアイテムではなく人のフローを基本とするビジネスシステムをシミュレートするためにも使用できます。したがって、FlexSimでは、これらのオブジェクトを人オブジェクトと呼ぶことがあります。これらの人オブジェクトと処理フローアクティビティは、食料品店、空港、レストラン、カスタマーサービスセンターなどの顧客対面ビジネスをシミュレートするように設計されています。つまり、これらは顧客がビジネスシステムのさまざまな要素と相互作用するシステムをシミュレートすることができます。

このチュートリアルでは、ウォークイン医療クリニックをシミュレートします。患者が到着し、フロントデスクで受付をして治療を受けます。作業が完了すると、シミュレーションモデルは次の画像のようになります。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク1.1

アクティビティセットを使用する

このチュートリアルでは、患者フローを使用して、システム内のさまざまなオブジェクトとの相互作用で人のロジックや動作を制御するフローを構築するためのアクティビティセットを追加する方法を学習します。

タスク1.2

スタッフを追加する

このチュートリアルタスクでは、スタッフメンバーを追加して、スタッフグループと場所グループを使用する方法を学習します。また、追加の患者トラックを構築するための追加のアクティビティセットを使用して、FlexSim Healthcareオブジェクトおよびアクティビティとのさまざまなやり取りを体験します。

タスク1.3

輸送と機器を追加する

このタスクでは、患者のための2つの異なる治療トラックを構築します。これらの異なる治療トラックでは、輸送や機器の使用方法について説明します。これらは、FlexSim Healthcareモデル内のオブジェクトの特殊なクラスです。その後で、患者の到着パターンを変更して、患者がより高い頻度でクリニックに到着するようにします。最後に、モデルで収集されたデータの表示を示すための1組のチャートを追加します。

タスク1.4

A*ナビゲーションを追加する

このチュートリアルタスクでは、A*ナビゲーションを使用して、患者とスタッフメンバーが歩ける場所と歩けない場所を指定する方法を学習します。

タスク1.5

独立スタッフタスクを作成する

このタスクでは、独立スタッフタスクの作成方法を学習します。このタスクは、現在システム内に存在する特定の患者に結び付けられていないタスクです。使用後にメンテナンスタスクを場所に追加する方法を学習し、スタッフメンバーを一時的に患者の世話から外すルーティンタスクを作成する方法を学習します。最後に、スタッフメンバーが作業に従事できる時間を決定するスタッフメンバーのシフトスケジュールを作成する方法を学習します。

タスク1.6

カスタムの場所オブジェクトを追加する

このチュートリアルタスクでは、2人のスタッフメンバーが互いに相談できるミーティング場所を作成して、カスタムの場所オブジェクトを追加する方法について学習します。