目次

目次

チュートリアル1 - タスクロジックツール

チュートリアル1 - タスクロジックツール

このチュートリアルでは、タスク実行者のためのタスクを作成するさまざまなツールとアプローチを紹介します。いくつかの異なるアプローチとそれぞれの利点と欠点を学びます。たとえば、標準3Dロジックを使用してタスクを作成し、リストを使用する処理フローを作成する方法を学習します。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク1.1

標準3Dロジックを使用したタスク

このチュートリアルのタスクでは、3Dオブジェクトで利用可能な標準ロジックを使用してタスクを作成する方法を学習します。3D固定リソースの多くは、基本的なロードやアンロードのタスクや、処理中にオペレーターの参加を要求するなど、単純なタスクをタスク実行者に割り当てるために使用できるプロパティと基本ロジックを備えています。このチュートリアルでは、このような単純なタスクのロジックを作成する方法を説明します。

タスク1.2

処理フローを使用したタスク

このチュートリアルタスクでは、処理フローを使用したタスクの構築方法の基本を学習します。処理フローを使用してタスクロジックを作成することのメリットも学習します。これには、タスクをカスタマイズする機能が含まれます。

タスク1.3

リストを使用したタスク

このタスクでは、処理フローでリストを使用してタスクを構築する方法について学習します。リストには、独自のカスタム基準を使用してタスクの並べ替えや優先順位付けを行えるという追加のメリットがあります。このチュートリアルでは、リストを使用してタスクを構築する際の利点と欠点についても説明します。

タスク1.4

グローバルリストを使用したタスク

このタスクでは、グローバルリストとタスクシーケンスを使用するタスクを構築するためのさまざまなシステムについて学習します。このシステムでは、輸送する必要がある各フローアイテムのタスクシーケンスを事前に構築し、それらのタスクシーケンスをグローバルリストにプッシュします。オペレーターは、タスクシーケンスリストからタスクをプルします。前のチュートリアルと同様に、この方法の欠点と利点について学びます。

詳細

これらのチュートリアルで取り上げた概念の詳細については、以下を参照してください。