目次

目次

ネットワークノード

ネットワークノード

概要と主要な概念

ネットワークノードは、トランスポーターとオペレーターが従うパスのネットワークを定義するために使用されます。パスを変更するには、スプライン点を使用してパスに曲率を追加します。デフォルトでは、ネットワーク上を移動するオブジェクトは、起点と目的地の間の最短パスに従います。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

ネットワークノードには次のイベントがあります。

到着時

到着時は、移動者がノードに到着したときに起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
移動者 オブジェクト ネットワークを通過するオブジェクト
端まで 整数 移動者が進む端のランク
端から 整数 移動者が到着した端のランク

続行時

続行時は、移動者がノードから離れる直前に起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
移動者 オブジェクト ネットワークを通過するオブジェクト
端まで 整数 移動者が進む端のランク
端から 整数 移動者が到着した端のランク

状態

ネットワークノードはどの状態も実装していません。

統計

ネットワークノードは統計を追跡しません。

プロパティ

ネットワークノードオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ4つのタブがあります。最後の3つのタブは移動ネットワークオブジェクトに共通です。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[ネットワークノード]タブのみがネットワークノードオブジェクトに固有です。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

ノードでの最大移動者

この数値は、ノードに常駐できる、ネットワーク上を移動していないトランスポーターの数を定義します。これは現在移動タスクを実行していないものの、ノードに「常駐」して他の処理を行っているトランスポーターを表します。

サイドオフセット

この数値は、移動者がオフセットされる発信パスの右側の距離を定義します。移動者が移動する距離には影響しません。純粋に視覚的な目的のためのものです。そのため、同じパスに沿って異なる方向に移動する移動者が交差することはありません。

名前

このフィールドでは、ユーザーはネットワーク内の各接続に名前を付けることができます。これらの名前は、モデル内におけるこの接続の特別な目的を説明するものでなければなりません。

接続タイプ

このドロップダウンリストでは、この接続の動作を定義できます。3つのオプションがあります。

接続なし

トランスポーターはこの接続上を移動できません。この接続は、ビューウィンドウに赤色で描画されます。

通過

トランスポーターはこの接続上ですれ違うことができます。この接続は、ビューウィンドウに緑色で描画されます。

不通過

トランスポーターはこの接続上ですれ違いません。ユーザーはダイアログの[間隔]フィールドで、パス上のトランスポーター間の最小距離を設定できます。これらの接続は、ビューウィンドウに黄色で描画されます。

間隔

この数値は、「不通過」と指定された接続上の2つのトランスポーター間で許容される最小距離を決定します。これは、ある移動者の後部からその背後の移動者の前部までの距離です。

制限速度

この数値は、移動者がこの接続に沿って移動できる最大速度を決定します。

現在の距離

この数値は、その接続でシミュレーションされている現在の距離を示します。仮想距離が0と指定されている場合、それはスプラインパスの実際の距離になります。それ以外の場合は、[仮想距離]フィールドで指定した距離になります。

仮想距離

この数値には、接続の正確な距離を指定します。