目次

目次

リストへプッシュ

リストへプッシュ

概要と主要な概念

このアクティビティでは、トークン、フローアイテム、タスク実行者、タスクシーケンス、数値、文字列などがリストに追加されます。リストの仕組みの詳細については[リスト]共有アセットと[グローバルリスト]を参照してください。

このアクティビティが最初に処理フローに追加されると、このアクティビティが正常に機能するためにリストへのリンクが必要であることを通知する赤い感嘆符 がアクティビティの右側に表示されます。このアクティビティを[リスト]にリンクするには、感嘆符をクリックし、リストオブジェクトをクリックして選択します。あるいは、[リスト]プロパティの値を設定して(ラベル値の使用やグローバルテーブルの値の検索など)動的参照を作成することもできます。

デフォルトでは、このアクティビティはエントリがリストからプルされるまで終了しません。つまり、トークンは[プッシュ値]がリストからプルされるまで、[リストにプッシュ]アクティビティに残ります。デフォルトの[プッシュ値]は入るトークンです。入るトークンをリストにプッシュしてプルされるのを待機すると、簡単にトークンを同期できます。(トークン同期の詳細については、「処理フローでリストを使用する理由」を参照してください)。両方のトークンはプッシュとプルのメカニズムで互いに同期し、プッシュするトークンは([プラーの割り当て先]プロパティで)プルしたトークンにアクセスします。プルするトークンも同様に([リストからプル]の[割り当て先]プロパティで)プッシュしたトークンにアクセスします。

最大待機タイマー]を使用すると、トークンが値をリストにプッシュしてから追加のアクティビティに移動できるようになります。

コネクター

[リストにプッシュ]アクティビティでは、複数のコネクターを使用できます。ただし、このアクティビティから自動的にリリースされたトークンは、最初のコネクターからリリースされます。手動でリリースされたトークンのみが別のコネクターから出ることができます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[リストにプッシュ]アクティビティのプロパティを示しています。

これらの各プロパティについては、次のセクションで説明します。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

リスト

リスト]ボックスには、このアクティビティがプッシュする[リスト]の名前が表示されます。[リストにプッシュ]アクティビティの横にある赤い感嘆符 をクリックしてリストにリンクすると、リンク先のリストの名前がこのボックスに表示されます。[リスト]の名前を手動で入力するか、このボックスに動的参照を作成することもできます。

プッシュ値

リストにプッシュされるオブジェクトまたは値。デフォルトでは、入るトークンがリストにプッシュされますが、トークンがアクティビティに入るときは、代わりにオブジェクト、数値、文字列、ノード、配列をリストにプッシュすることもできます。

プラーの割り当て先

指定されたラベルやノードの参照を、リストからエントリをプルしたオブジェクトに割り当てます。詳細については、「共通プロパティ」の「割り当て先」セクションを参照してください。

パーティションID

リスト内の特定のパーティションに値がプッシュされます。

最大待機タイマーの使用

トークンが指定された時間の経過後に必要な量をプルしていない場合、最大待機タイマーが評価されます。詳細については、「最大待機タイマー」を参照してください。

早期リリース時、リストに維持

このチェックボックスをオンにし、[プッシュ値]がリストからプルされる前にトークンを手動でリリースすると、プッシュされた値は後にプルされるようリストに維持されます。