目次

目次

チュートリアル2 - 調整されたタスク

チュートリアル2 - 調整されたタスク

このチュートリアルでは、処理フローツールを使用してFlexSimで調整されたタスクを作成する方法について説明します。調整されたタスクは、特定のタスクを完了するために2人以上のオペレーターが必要になるタスクです。このチュートリアルでは、キューで1人のオペレーターが標準サイズのボックスをロードし、プロセッサでアンロードする一連の輸送タスクを作成します。次に、2人のオペレーターがキューで重いボックスをロードし、一緒に作業してプロセッサに輸送したりアンロードしたりするための一連の調整されたタスクを作成します。

作業が完了すると、シミュレーションモデルは次の画像のように動作します。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク2.1

標準ロードタスクを作成する

調整されたタスクを作成する方法を学ぶ前に、処理フローで基本的なタスクのロジックを構築するための処理を確認するようにしてください。このチュートリアルでは、処理フローに一連の単純な輸送タスクを設定します。これらのタスクは、1つのキューから2つの異なるプロセッサにボックスをロードおよびアンロードするようにオペレーターに指示します。

タスク2.2

調整されたロードタスクを作成する

このチュートリアルでは、調整されたロードタスクを作成する方法を学びます。大きなボックスが時おり到着するシステムを設定します。これらのボックスは重いので、ボックスをロードして輸送するには2人のオペレーターが必要になります。2人のオペレーターを1つの一連のタスクで協業させるために、調整アクティビティを使用する方法を学びます。

詳細

これらのチュートリアルで取り上げた概念の詳細については、以下を参照してください。