目次

目次

PLCロジックを検証する

PLCロジックを検証する

PLCロジックの検証の概要

このトピックを読む前に、「エミュレーションについての主要な概念」と「PLCロジックを検証する」の概念を理解しておくことをお勧めします。

このトピックでは、モデルをPLCまたはサーバーに接続することによってPLCロジックを検証するフェーズの詳細について学習します。OPC DA接続を参照しますが、設定は他の接続タイプでも同じです。

PLCがプログラムされたら、製造システムに実際に実装する前に、FlexSimを使用してPLCが正しくプログラムされているかどうかを検証できます。このロジックを検証するには、FlexSimをPLCサーバーに接続する必要があります。

サーバーのすべての権限を入力したら、すべてのエミュレーション変数をサーバー上の適切なタグIDに割り当てる必要もあります。次に、FlexSimで接続の共有アセットをアクティブにして、実際のサーバーで値を直接読み取りまたは書き込みするようにします。これにより、内部ラダーロジックの動作も停止します。センサーは変更イベントをトリガーしなくなります。つまり、センサー変数が変更されても、イベントリスニングアクティビティは通知されなくなります。代わりに、このロジックはPLCによって処理されます。

この時点で、シミュレーションモデルを実行し、想定した動作をPLCが実際のシステムで行っていることをテストできます。理論的には、将来的なビジネスシステムのシミュレーションをFlexSimで作成したことになります。したがって、PLCはシミュレーションモデルの要素を直接コントロールします。実際のPLCがどのようにプログラムされているかを観察し、PLCがモデルに直接接続される前にシミュレーションモデルが実行されていた方法と比較できます。

サーバーを接続する

PLCサーバーをFlexSimシミュレーションモデルに接続するには:

  1. シミュレーションモデルを実行するコンピュータにサーバーを接続します。サーバーが稼働しているのと同じコンピュータでモデルを実行するか、リモートでモデルに接続できます。リモートで接続する場合は、FlexSimを実行しているコンピュータがサーバーを実行しているコンピュータに接続できることを確認する必要があります。そのためには、ネットワーク管理者に相談する必要がある場合もあります。
  2. 接続変数(処理フローまたはエミュレーションツールのいずれかで)を検索し、アクティブに設定します。[アクティブ]プロパティを[1]に変更すると、アクティブに設定できます。
  3. アドレス]ボックスに、必要に応じてサーバーのIPアドレスを入力します。シミュレーションモデルと同じマシンでローカルに実行している場合は、localhostを使用できます。
  4. サーバー]ボックスで、指定したアドレスで接続するサーバーを検索します。
  5. 必要に応じて、[ユーザー名]ボックスと[パスワード]ボックスに必要な資格情報を入力します。
  6. サーバーと通信するための[更新レート]を設定します。
  7. 必要に応じて、[非同期更新]チェックボックスをオンにできます。これにより、FlexSimはサーバーに書き込みイベントを送信し、サーバーからの応答を待たずにモデルを実行し続けます。

タグIDを追加する

データのタグIDを定義して、OPCサーバーにデータを読み取りおよび書き込みします。タグIDは、データが格納されている場所へのパスと考えることができます。シミュレーションモデルに追加したすべての変数(センサーとコントロール)にタグIDを割り当てる必要があります。各センサーとコントロールにはPLCサーバーでタグIDが割り当てられているため、それらが同じタグIDでリンクされていることを確認する必要があります。

タグIDを更新するには:

  1. 変数のクイックプロパティを開きます。
  2. タグID]ボックスにタグIDを入力します。OPCサーバーに接続している場合は、「参照」ボタンをクリックしてサーバーを開き、サーバー上の変数のタグIDを参照できます。
  3. 変数がコントロールの場合は、[変更をサブスクライブ]チェックボックスをオンにすることを検討します。これによって、OPCサーバーでコントロールの値が変更されると通知されます。必要に応じて、サーバーが電圧の低下や増加などのアナログデータを使用して変更を追跡する場合は、[デッドバンド(%)]を使用できます。デッドバンド(%)を指定すると、小さな変化を除いて電圧の変化が大きい場合にのみサーバーから通知を受信できます。

シミュレーションモデルを実行する

アクティブなサーバーとの接続中にシミュレーションモデルを実行する際に注意すべきことは、モデルを実行している速度です。技術的には実行速度をより大きい値に設定できますが、理想としては1.00の速度、つまりリアルタイムで実行します。

FlexSimは、サーバーがアクティブなときに高精度時間で実行されることに注意してください。高精度実行時間は、FlexSimの実行速度をコンピュータの実行速度と同期させて保持することを意味します。アクティブなサーバーに接続している間、ステップ実行は利用できません。

シミュレーションの実行中に、サーバーを開いて値の変化を監視することをお勧めします。シミュレーションモデルで起こっていることと確実に一致させることができます。センサーと一緒に使用するラダーロジックは、接続がアクティブなときは使用しないでください。シミュレーションの実行中にこのラダーロジックを移動するトークンがないことを確認します。