目次

目次

イベントトリガーソース

イベントトリガーソース

概要と主要な概念

[イベントトリガーソース]アクティビティは、シミュレーション実行中にイベントに応答してトークンを作成します。そのイベントが発生すると、トークンが作成されます。フローアイテムやポート番号など、データがイベントに関連付けられている場合、作成したトークンでラベルとしてそのデータを保存できます。データがフローアイテムのようなオブジェクトの場合、そのフローアイテムへの参照が後で使用するためにトークンラベルに保存されます。作成したトークンに名前を割り当てることもできます。

[イベントトリガーソース]アクティビティの仕組みを深く理解する目的で次のトピックを先にお読みになることをお勧めします。

より高度な機能として、[イベントトリガーソース]には、リッスンしているイベントの戻り値をオーバーライドする機能もあります。

このアクティビティが最初に作成されると、アクティビティが機能するためにイベントへのリンクが必要であることを通知する赤い感嘆符 がアクティビティの右側に表示されます。このリンクは、感嘆符をクリックしてからアクティビティやオブジェクトをクリックし、イベントを選択することによって、直接ポインターにできます。または、[クイックプロパティ]から参照を設定できます。

コネクター

[イベントトリガーソース]アクティビティでは、コネクターを1つのみ使用できます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[イベントトリガーソース]アクティビティのプロパティを示しています。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

オブジェクト

オブジェクト]ボックスを使用し、ソースアクティビティで待ち受けるオブジェクトを選択します。次で発生するイベントを待ち受けることができます。

  • モデル内のオブジェクト。
  • 処理フロー内のアクティビティ。
  • 現在のインスタンスのオブジェクト(詳細については、「処理フローインスタンス」を参照してください)。
  • オブジェクトのグループ。この場合、アクティビティはグループの全メンバーで定義されたイベントをリッスンします。

サンプラー]ボタン を使用してオブジェクトを選択し、待ち受けるイベントを選択します。有効なイベントを持つオブジェクトの上にマウスカーソルを置くと、イベントが一覧表示されます。このようにイベントを選択すると、[オブジェクト]ボックスと[イベント]ボックスの両方が変更され、イベントタイプに基づいてインターフェイスが変更されます。

イベント

イベント]ボックスを使用し、[イベントを待つ]アクティビティがリッスンするイベントを選択します。[イベント]ボックスは、[オブジェクト]ボックスで選択したオブジェクトにつながっています。[Sampler]ボタンを使用して[オブジェクト]ボックスのオブジェクトを選択するとき、メニューが表示され、そのオブジェクトで選択できるさまざまなタイプのイベントの一覧が提示されます。(このメニューは、そのオブジェクトで利用できるすべてのイベントに基づいて動的に作成されます)。 このメニューから選択したイベントは、[イベント]ボックスで自動的に一覧表示されます。イベントタイプを変更するには、[イベント]ボックスの横にあるドロップダウン矢印をクリックしてイベントを選択します。

ラベル照合/割り当てと変更ルール

ラベル照合/割り当て]プロパティや[変更ルール]プロパティは、オブジェクトとリッスンするイベントを選択すると表示されます。これらのプロパティの詳細については、「ラベル照合/割り当て」を参照してください。

イベントを追加

イベントトリガーソースでは複数のイベントを待ち受けることができます。元のイベントとは別のイベントを追加するには、[イベントを追加]ボタン を押します。追加したイベントには、削除する場合のために[削除]ボタン が表示されます。

イベントオブジェクトの割り当て先

指定したラベルやノードにイベント起動オブジェクトへの参照を割り当てます。これは、(おそらくグループからの)複数のオブジェクトをリッスンしているとき、イベントを起動させたオブジェクトを知る必要がある場合に便利です。このボックスは必須ではなく、空のままにできます。

トークン名

トークン名]ボックスを使用し、新しく作成されたトークンに与えられる名前を決定します。トークンに名前を付けることは必須ではないため、このボックスはデフォルトで空になっています。トークンには「Token」のような固定の名前を付けるか、ピックリストやFlexScriptを利用して動的に名前を付けることができます。名前によって処理フローの動作が変わることはありませんが、デバッグの際に役に立つことがあります。