目次

目次

プロジェクトの目標と範囲を特定する

プロジェクトの目標と範囲を特定する

プロジェクト目標を特定する

シミュレーションモデルを作成する最初のステップは、プロジェクトの範囲と、シミュレーションモデルを作成することによって達成する目標を明確化かつ具体化することです。このセクションでは、企業がシミュレーションプロジェクトを開始する一般的な理由をいくつか挙げています。

特定の問題を解決する

目的:

  • 特定のビジネス上の決定に関するリスクまたは投資利益率を計算する
  • 装置の利用率を改善する
  • 待機時間とキューサイズを減らす
  • スループット時間を改善する
  • リソースをより効率的に割り当てる
  • 在庫切れ(不足)の問題を解消する
  • 故障によるマイナスの影響を最小限に抑える
  • 不合格品や廃棄物によるマイナスの影響を最小限に抑える
  • 最適なバッチサイズとパーツのシーケンスを確立する
  • 材料の取り扱いの問題を解決する
  • 商品やサービスの優先度とディスパッチロジックを最適化する

概念の実証

目的:

  • ステークホルダーや意思決定者に問題の解決策を実証または提案する
  • 新しいツールの設計と機能を実証する
  • 代替の投資案を検討する

詳細に理解する

目的:

  • 現在のシステムの理解を深める
  • 日々の業務における意思決定を管理する
  • 費用の削減計画を検討する
  • 設定時間とツール変更の影響を調べる

従業員のトレーニング

目的:

  • システム全体の動作についてオペレーターをトレーニングする
  • 仕事に関連する性能についてオペレーターを教育する

範囲を定義する

次に、シミュレーションプロジェクトの範囲を定義します。範囲を絞り込むほど効果的です。多くのユーザーはビジネスシステム全体のシミュレーションモデルを作成しようとしますが、一般的には開始点として適していません。小規模な、1つの製品のみを扱うビジネスでない限り、ビジネスシステムのすべての側面をモデリングするのはあまりにも複雑で範囲が広すぎます。

少なくともシミュレーションプロジェクトの開始段階では、特定の製品ラインや一般的な顧客体験に直接関連するビジネスシステムの側面に焦点を絞ってください。ビジネスシステムのすべての基本処理を対象とする製品またはサービスを選択します。ソフトウェアに慣れて、一般的なシミュレーションの経験を積むと、ビジネスシステムの複雑な側面をモデリングできるようになります。

モデルに必須要素のみを含める

質問に回答したり、前に特定した問題を解決したりするのに必要なビジネスシステムの要素のみを含めるようにします。FlexSimのあるお客様は、「従業員の休憩室にあるウォータークーラーに至るまで、ビジネスの要素をすべてモデリングする必要はありません。関連する要素に留めるべきです。最適なシミュレーションは焦点が明確に定まっており、不要な詳細は排除されています」と語っています。