目次

目次

ラック

ラック

概要と主要な概念

ラックはフローアイテムを倉庫ラックにあるかのように格納するために使用されます。ラックのベイおよび段の数とサイズはユーザーが定義できます。ユーザーは、入るフローアイテムを配置するベイと段を指定できます。トランスポーターオブジェクトを使用してラックからフローアイテムを引き渡しまたはピックアップする場合、トランスポーターはフローアイテムが割り当てられているラックの特定のセルに移動します。ラックは倉庫のフロアでストレージとして使用することもできます。ベイ番号を使用してフロアにフローアイテムを配置するxの位置を指定し、段を使用してフローアイテムを配置するyの位置を指定します。

ラックは固定リソースです。最大コンテンツ値が満たされるまで、フローアイテムを受け取り続けます。各フローアイテムがラックに入ると、そのアイテムについて最小滞留時間関数が実行されます。この関数は、そのフローアイテムの最小滞在時間を返します。ラックはその期間タイマーを起動します。タイマーが終了すると、ラックはフローアイテムをリリースします。

入口/出口トリガーの追加パラメータ

ラックは入口/出口トリガーに追加パラメータを渡します。トリガー内で、parval(3)はフローアイテムがあるベイ、parval(4)はフローアイテムがある段です。

Place in Bay、Place in Level関数

place in bay関数とplace in level関数を呼び出すタイミングは、モデル内のラック構成によって異なる場合があります。これは、フローアイテムがラックに輸送されているか、上流のオブジェクトから直接移動しているかによって異なります。上流のオブジェクトから移動している場合、(OnReceiveイベントで)フローアイテムが受け取られるとplacement関数が呼び出されます。フローアイテムがラックに輸送されている場合、輸送が移動タスクを終了し、アンロードタスクのオフセット移動を開始するとplacement関数が呼び出されます。この時点で、輸送がフローアイテムを配置するラックからクエリします。ラックはplacement関数を呼び出して、適切なベイと段に移動するよう輸送に指示します。輸送がフローアイテムの配置をリクエストするときにplacement関数が呼び出されると、フローアイテムが実際にラックに入るときにこの関数が再度呼び出されることはありません。この新機能は、FlexSimバージョン2.6以前の機能とは異なります。バージョン2.6以前では、輸送がリクエストしたときとフローアイテムが入ったときのどちらでもplace in bay関数とplace in level関数が呼び出されます。

フローアイテムの配置

ラックが縦型ストレージラックの場合、ラックに入るフローアイテムはラックのyフリンジ(yloc(ラック) - ysize(ラック))に対して、所定のベイと段に配置されます。フローアイテムは、ラックの中でそのポイントから後方にスタックされます。ラックをフロアストレージに使用している場合、フローアイテムはフロア上の所定のベイと段に配置され、そのポイントから縦にスタックされます。

ビジュアル化

ラックには、ラック内の製品を適切に確認するための表示モードが複数あります。不透明度値に加えて、「X」キーを押しながらラックを繰り返しクリックすると、ラックをさまざまな表示モードに切り替えることができます。モードは次のとおりです。

  • フル描画モード - このモードでは、各セルがフローアイテムを配置するプラットフォームを持つ段として表示されます。これはラックを実際的に表したものです。
  • 背面描画モード(セルあり) - このモードではラックの背面のみが表示されるため、常にラック内が表示されています。また、背面にラックのベイと段を表すグリッドも描画されます。これにより、ラック内のアイテムだけでなく、アイテムがどのベイや段にあるのかを確認できます。
  • 背面描画モード - このモードは前のモードと似ていますが、ベイと段のグリッドは描画されません。このモードでは、ラック内のアイテムを簡単に確認できます。
  • ワイヤーフレーム描画モード - このモードは、ラック形状を取り囲むようにワイヤーフレームが描画されます。このモードでは、複数の背中合わせのラックにあるフローアイテムを確認できます。ラックがこの描画モードになったら、実際のワイヤーフレーム上で[X]をクリックしてモード1に戻す必要があります。

コマンド

ラックのベイと段に関する情報をクエリするために使用できるいくつかのコマンドがあります。コマンドは次のとおりです。詳細については、コマンドヘルパーを参照してください。

rackgetbaycontent(obj rack, num bay) - このコマンドは、所定のベイにあるフローアイテムの総数を返します。

rackgetbayofitem(obj rack, obj item) - このコマンドは、フローアイテムがあるベイ番号を返します。

rackgetcellcontent(obj rack, num bay, num level) - このコマンドは、所定のベイおよび段にあるフローアイテムの数を返します。

rackgetitembybayandlevel(obj rack, num bay, num level, num itemrank) - このコマンドは、所定のベイおよび段のアイテムへの参照を返します。

rackgetlevelofitem(obj rack, obj item) - このコマンドは、フローアイテムがある段番号を返します。

rackgetnrofbays(obj rack) - このコマンドは、ラックに搭載されているベイの総数を返します。

rackgetnroflevels(obj rack [,num bay]) - このコマンドは、ラックの所定のベイにある段の数を返します。

イベント

イベントの詳細については、「イベントリスニング」ページを参照してください。

ラックは、すべての固定リソースに共通の標準イベントを使用します。これらのイベントの説明については、「固定リソース - イベント」を参照してください。

ラックには次の追加イベントがあります。

最小滞留時間

このイベントは[最小滞留時間]フィールドが評価されたときに発生します。

次のパラメータがあります。

パラメータ タイプ 説明
アイテム ツリーノード 入るアイテム。滞留時間が割り当てられます。
ポート 整数 入るアイテムの入力ポート番号

このイベントは指定されたアイテムの最小滞留時間を返します。

滞留時間終了時

このイベントは、アイテムが最小滞留時間に到達したときに発生します。このイベントの後、ラックはアイテムをリリースします。

次のパラメータがあります。

パラメータ タイプ 説明
InvolvedItem ツリーノード 滞留時間を完了したばかりのアイテム

ベイ/段に配置

これらのイベントは、[ベイに配置]/[段に配置]フィールドがそれぞれ評価されるときに発生します。

次のパラメータがあります。

パラメータ タイプ 説明
アイテム ツリーノード 入るアイテム。ベイまたは段が割り当てられます。
ベイ番号 整数 [段に配置]フィールドに適用されます。[ベイに配置]フィールドから返されるベイ番号を保持します。

これらのイベントはそれぞれベイ番号と段番号を返します。

状態

ラックはどの状態も実装していません。コンテンツグラフを使用して統計を取得します。

統計

ラックはすべての固定リソースに共通の標準統計を使用します。これらの統計情報については、「固定リソース - 統計」を参照してください。

プロパティ

ラックオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ6つのタブがあります。最後の4つのタブは、すべての固定リソースで共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

残りの2つのタブである[ラック]タブと[サイズテーブル]タブは、ラックオブジェクトに固有です。これらのタブのプロパティについては、次の2つのセクションで詳しく説明します。

統計

ラックはすべての固定リソースに共通の標準統計を使用します。これらの統計情報については、「固定リソース - 統計」を参照してください。

[ラック]タブ

[ラック]タブには次のプロパティがあります。

フロアストレージ

このチェックボックスをオンにすると、ラックは縦型のストレージラックではなくフロア上にストレージスペースをシミュレーションします。ラックの上から見下ろした場合、ベイはラックの縦の列、段は横の行です。

トランスポーターを呼び出した棚にマークを付ける

このチェックボックスをオンにすると、ピックアップのためにトランスポーターを呼び出したときに棚が赤色で強調表示されます。

列を拡張

このチェックボックスをオンにすると、一番上の棚より上にも列が描画されます。

フロアを隠す

このチェックボックスをオンにすると、各棚のフロアは描画されません。

棚の傾斜量

一部のラックでは製品がラックの背面から前面に滑り落ちるため、この数値でラックの所定のセルに配置されたアイテムの傾斜量を定義します。

Yオフセットのピッキング/配置

この値を使用して、ラックからフローアイテムをドロップまたはピックアップするときに、どのくらい輸送オブジェクトをラックに近づけるかを設定します。オペレーターはラックの間に入ってフローアイテムを取得することがよくあるため、オペレーターを使用してラックからドロップおよびピックアップする場合この設定は特に便利です。たとえば、値1を指定すると、オペレーターはフローアイテムをドロップおよびピックアップするときにラックから適度な距離を維持します。

不透明度

この値を使用すると、ラックの描画を半透明にできます。同じエリアに複数のラックがある場合、ラックの前面が半透明になるため多くのラックを確認できます。値0は完全に透明であることを意味し、値1は完全に不透明であることを意味します。

列間隔

この数値は、各列間のベイの数を定義します。

ベイに配置

このピックリストは、フローアイテムがラックに入ったときに呼び出されます。フローアイテムが配置されるベイを返します。

段に配置

このピックリストは、フローアイテムがラックに入ったときに呼び出されます。フローアイテムが配置される段を返します。

最小滞留時間

このピックリストは、フローアイテムがリリースされて下流に進む前にラック内に滞在する時間の値を返します。また、この関数から値-1を返すことで、ラックがアイテムをリリースしないようにしてからreleaseitem()コマンドを使用して独自のリリース方法を実装することもできます。

最大コンテンツ

この数値は、任意の時点でラックに保持できるフローアイテムの数を定義します。

[サイズテーブル]タブ

[サイズテーブル]タブには、次のプロパティがあります。

このタブでは、ラックのベイと段のレイアウトを設定できます。ベイと段の単純なグリッドを使用する場合は、上部の[ベーシック]パネルから設定を指定できます。ラックのベイと段ごとに異なるサイズを指定する場合は、下部の[詳細]パネルを使用して各ベイを個別に設定できます。

[ベーシック]グループ

ラックが均一なセルの単純なグリッドである場合は、[ベーシック]グループのプロパティを使用します。また、このプロパティを使用して、[詳細]パネルで個々のベイを編集する前にラックの基本設定を行うこともできます。ラックの基本寸法を指定して[基本設定を適用]ボタンをクリックすると、これらの設定がラックに適用されます。

以下のオプションがあります。

  • ベイの数 - この値はラックのベイ(列)数です。
  • ベイの幅 - この値は各ベイのデフォルト幅を定義します。
  • 段数 - この値はラック内の段数です。
  • 段の高さ - この値は各段のデフォルトの高さです。高度な編集を使用して、レベルと段ごとにこの値を編集できます。

[詳細]グループ

[詳細]グループのプロパティを使用して、ラックの個々のベイと段を設定します。このパネルの左側には、ラック内のすべてのベイのリストが表示されます。ベイを選択し、パネルの右側にあるオプションとボタンを使用して設定します。変更は、正投影/透視投影ビューでラックにすぐに表示されます。すぐに表示されない場合は、[適用]ボタンを押すと表示されます。

以下のオプションがあります。

  • ベイ幅 - このフィールドで、現在選択されているベイの幅を指定します。
  • 段の位置 - このフィールドで、選択されているベイの最初の段の初期z位置を指定します。
  • 段の高さテーブル - 現在選択されているベイの各段の高さを指定できます。
アイコン 説明
このボタンは、現在選択されているベイを複製してラックの最後に追加します。
このボタンは、ラックで現在選択されているベイを削除するか、現在選択されているベイの最後から段を削除します。
このボタンは、現在選択されているベイの最後に段を追加します。