目次

目次

アイテムへの液体

アイテムへの液体

概要と主要な概念

FluidToItemは、液体オブジェクトと離散オブジェクトの間のインターフェイスとして使用できるオブジェクトです。液体を受け取り、下流に送られるフローアイテムに変換します。

FluidToItemは液体を固定リソースに送信可能なフローアイテムに変換するために使用されます。モデラーは、作成するフローアイテムのフローアイテムクラス、デフォルトのItemType、名前を選択します。また、モデラーはフローアイテムを作成する前に回収する必要のある液体材料の量を指定する必要があります。そのためには、2つの値を編集します。1つ目は各離散単位の液体の量です。2つ目は各フローアイテムが表す離散単位の数です。フローアイテムの作成前に回収される液体の総量は、これら2つの値を乗算することによって求められます。たとえば、1つのフローアイテムに20個の缶があり、それぞれが5ガロンの液体を保持できる場合、フローアイテムあたりの離散単位の数は20、離散単位あたりの液体単位は5となります。したがって、FluidToItemで回収された液体100ガロンごとに、1つのフローアイテムが送出されます。

フローアイテムが作成されると、標準の[ポートに送信]ロジックを使用して下流に送られます。これは、FluidToItemからフローアイテムを任意の離散オブジェクトに送信でき、輸送を実行するためのオペレーターを呼び出すことができることを意味します。モデラーはGUIおよびAdjustInputRates関数を使用し、最大オブジェクト入力レート、最大ポート入力レート、ポートスケール係数を変更することによって、FluidToItemへの入力の動作を定義できます。

状態

統計的な目的で、シミュレーション実行中、液体ブレンダーはさまざまな位置で次のいずれかの状態になります。

FluidToItemには材料がありません。

ブロック済み

FluidToItemには、下流に送信できない材料が含まれています。

回収中

FluidToItemは材料を回収しています。

プロパティ

アイテムへの液体オブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ7つのタブがあります。最後の5つのタブは、ほとんどの液体オブジェクトに共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[統計]タブは廃止され、このオブジェクトではサポートされていません。代わりにオブジェクトのクイックプロパティの統計グループを使用します。

[フロー]タブは、多くの固定リソースオブジェクトに共通です。詳細については、「[フロー]タブ」を参照してください。[アイテムへの液体]タブのみがジェネレータオブジェクトに固有です。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

[アイテムへの液体]タブには、次のプロパティがあります。

最大コンテンツ

このオブジェクトがいつでも保持できる液体材料の最大量。

フローアイテム

これは、FluidToItemが作成するフローアイテムのクラスです。

入力レートを調整

この関数はティックごとに呼び出され、モデル実行中にユーザーが入力レートとスケール係数を変更できるようにします。レートとスケール係数を保持するノードへの参照となっているアクセス変数があります。現在のレート(オブジェクトまたはポート)を読み取るには、getnodenum()コマンドを使用します。レートを変更するには、setnodenum()を使用します。スケール係数を読み取ったり変更したりするには、getnodenum()とsetnodenum()をrank()コマンドとともに使用します。

入力ポート

これらのプロパティは、オブジェクトが上流のオブジェクトから材料を受け取る方法に影響します。

  • 最大オブジェクトレート - 結合したすべての出力ポートを通って材料がこのオブジェクトに入る最大レート。
  • 最大ポートレート - 材料が任意の1つのポートを通ってこのオブジェクトに入る最大レート。
  • 入力ポートのスケール係数 - テーブルの各行は1つの入力ポートのスケール係数です。値に最大ポートレートを掛けて、その特定のポートの実際の最大レートを決定します。これにより、モデラーはモデル実行中に個々の入力ポートのレートを変更できます。

フローアイテム出力

これらのプロパティは、FluidToItemがフローアイテムを作成するタイミングと、フローアイテムの作成時にフローアイテムに定義されるいくつかの情報を定義します。

  • 離散単位あたりの液体 - これはフローアイテム内の1つの離散単位での液体材料の単位数です。例:缶あたり5ガロン。
  • フローアイテムあたりの離散個数 - 各フローアイテム内にある材料の離散単位の数です。例:ケースあたり10個の缶。ここでは、フローアイテムが1つのケースになります。
  • フローアイテム ItemType - この値は、作成時にフローアイテムのItemTypeに割り当てられます。OnCreationトリガーまたはOnExitトリガーを使用して変更できます。
  • フローアイテム名 - この名前は、作成時にフローアイテムに割り当てられます。後でトリガーを使用して変更できます。