目次

目次

ボックスプロット

ボックスプロット

概要と主要な概念

ボックスプロットでは、統計コレクターのデータを使用してボックスプロット(ボックスアンドウィスカープロットとも呼ばれます)を作成できます。

[データ]タブ

[データ]タブには次のプロパティがあります。

  • データソース - ドロップダウンリストから有効なデータソースを選択します。すべての統計コレクターと計算テーブルが表示されます。また、最後のオプションを選択すると、新しい統計コレクターを作成できます。付随するボタンをクリックすると、選択したデータソースのプロパティウィンドウが開かれます。
  • 値の列 - ボックスプロットを使用して分析する値を含む列をデータソースから選択します。この列には数値データのみが含まれている必要があります。
  • 軸カテゴリ - 任意。指定すると、指定した列のデータを使用して、値が値の列に分類されます。各カテゴリは個別に描画され、x軸にラベルが付けられます。
  • 色カテゴリ - 任意。指定すると、指定した列のデータを使用して、値が値の列に分類されます。各カテゴリは、異なる色で個別に描画されます。
  • カテゴリの順序 - [軸カテゴリ]列、[色カテゴリ]列、またはその両方にあるさまざまなカテゴリの、並べ替え可能なリストが表示されます。

このチャートでは、ボックスプロットに含められる値ごとに1つの行がデータテーブルにあると想定しています。各ポイントの値は、[値の列]オプションで指定した列に表示されます。どのカテゴリ値も同じ行になければなりません。たとえば、次の表は、このトピックのサンプル画像に使用されている最初の数行のデータを示しています。

[軸カテゴリ]オプションと[色カテゴリ]オプションは、個別に使用することも、一緒に使用することも、あるいはどちらも使用しないこともできます。次の表は、これらのオプションのさまざまな組み合わせによる上のデータの結果を示しています。

オプション 起こりうる結果
軸カテゴリまたは色カテゴリを指定しない
[軸カテゴリオプション]に[SKU]列を指定
[カラーカテゴリ]オプションに[タイプ]列を指定
[軸カテゴリ]オプションに[SKU]列を、[カラーカテゴリ]オプションに[タイプ]列を指定

[設定]タブ

[設定]タブには次のプロパティがあります。

  • 凡例を表示 - 凡例を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。凡例を表示しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  • 点を表示 - ボックスプロットの生成に使用されるデータ点を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオンになっている場合、点はカテゴリの色で描画され、ボックスプロットはグレーで描画されます。
  • ボックスのサイズを自動調整 - 各ボックスの幅を高さに比例して調整する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオフにすると、すべてのボックスの幅が同じになります。
  • 平均を表示 - チャートの値の平均を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • 信頼度を表示 - 平均に関する信頼区間の範囲を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。コンボボックスを使用して信頼度を選択できます。
  • 精度 - y軸上およびホバーテキスト内で使用する有効桁数を指定します。
  • フォントサイズ - 軸ラベルおよびホバーテキストに使用するフォントサイズを指定します。
  • タイトルフォントサイズ - チャートのタイトルのフォントサイズを指定します。
  • 軸タイトルフォントサイズ - 軸タイトルに使用するフォントサイズを指定します。
  • X軸タイトル - x軸の名前を指定します。
  • Y軸タイトル - y軸の名前を指定します。

[色]タブ

このタブでは、グラフの各行の色を指定できます。各カテゴリのデータには、[色カテゴリ]オプションに基づいて新しい色が割り当てられます。必要な色数が増えた場合、チャートで色が生成され、カテゴリに割り当てられます。これが完了すると、ユーザーが色ごとに色を変更できます。あるいは色が必要になる前に、ユーザーがグラフに色を追加できます。チャートで、新しい色が生成される前に、指定した色がカテゴリに割り当てられます。

[色]タブには次のプロパティがあります。

  • 色を追加 - チャートに色を追加できます。
  • 色リスト - このリストには、チャートで使用されている色とその色が割り当てられているカテゴリが表示されます。ドロップダウン矢印またはサンプラーボタンを使用すると、カテゴリごとに新しい色を選択できます。[色カテゴリ]オプションが[なし]に設定されている場合は、1つの色のみが表示されます。そうでない場合は、[色カテゴリ]列の固有の値ごとに1つの色が表示されます。

パフォーマンス指標

ボックスプロットは、「値の列」プロパティで指定された列にデータを集計するパフォーマンス指標を提供します。チャートは、パフォーマンス指標として常にその列の平均値、最小値、または最大値を提供します。軸カテゴリまたは色カテゴリ列のいずれかが指定されている場合、チャートでは特定のカテゴリでフィルタリングして「値の列」の平均値、最小値、または最大値を取得できます。