目次

目次

基本モデリング関数

基本モデリング関数

CurrentとItem

次の式はFlexScript全体を通して頻繁に使用されます。

  • current - current変数は現在のリソースオブジェクトへの参照です。多くの場合、ピックリストのアクセス変数です。
  • item - item変数は、トリガーまたは関数の関連アイテムへの参照です。多くの場合、ピックリストのアクセス変数です。

オブジェクトを参照する

次の表はFlexScriptでオブジェクトを参照する方法を示しています。

コマンド 説明
node.first ノード内の最初にランク付けされているオブジェクト/ノードへの参照を返します。 current.first
node.last ノード内の最後にランク付けされているオブジェクト/ノードへの参照を返します。 current.last
node.subnodes[ranknum] ノード内の指定されたランクのオブジェクトへの参照を返します。 current.subnodes[3]
object.inObjects[portnum] オブジェクトの入力ポート番号に接続されているオブジェクトへの参照を返します。 current.inObjects[1]
>object.outObjects[portnum] オブジェクトの出力ポート番号に接続されているオブジェクトへの参照を返します。 current.outObjects[i]
object.centerObjects[portnum] オブジェクトのセンターポート番号に接続されているオブジェクトへの参照を返します。 current.centerObjects[1]
node.next ノードの次にランク付けされているオブジェクトへの参照を返します。 item.next
node.prev ノードの前にランク付けされているオブジェクトへの参照を返します。 item.prev
node.find(path) ノードから始まるツリー内のパスにあるオブジェクトを返します。 current.find("Box1")

オブジェクトの属性

次の表は、FlexScriptのオブジェクト属性コマンドについて説明しています。

コマンド 説明
object.name オブジェクトの名前を返します。
object.name = newName; オブジェクトの名前をnewNameに設定します。
object.color = Color.color オブジェクトの色を設定します(色はred、green、blue、random()などです)。
object.color = Color(red, green, blue) オブジェクトの色をrgb色に設定します。
setobjectshapeindex(object, indexnum) オブジェクトの3D形状を設定します。
setobjecttextureindex(object, indexnum) オブジェクトの3Dテクスチャを設定します。

オブジェクトの空間属性

次の表は、FlexScriptのオブジェクト空間属性コマンドについて説明しています。

コマンド 説明
object.location.x
object.location.y
object.location.z
オブジェクトのx、y、z位置をそれぞれ取得します。
object.setLocation(xnum, ynum, znum) オブジェクトのx、y、z位置を設定します。
object.size.x
object.size.y
object.size.z
オブジェクトのx、y、zサイズをそれぞれ取得します。
object.setSize(xnum, ynum, znum) オブジェクトのx、y、zサイズを設定します。
object.rotation.x
object.rotation.y
object.rotation.z
オブジェクトのx、y、z回転をそれぞれ取得します。
object.setRotation(xdeg, ydeg, zdeg) オブジェクトのx、y、z回転を設定します。

オブジェクト統計

次の表は、FlexScriptのオブジェクト統計コマンドについて説明しています。

コマンド(パラメータリスト) 説明
object.subnodes.length オブジェクトの現在のコンテンツを返します。
object.stats.input オブジェクトの入力統計を返します。
object.stats.output オブジェクトの出力統計を返します。
obj.stats.state().value = statenum オブジェクトの現在の状態を設定します。
obj.stats.state().value オブジェクトの現在の状態値を返します。
obj.stats.state().valueString オブジェクトの現在の状態を文字列として返します。
object.rank オブジェクトのランクを返します。
object.rank = ranknum オブジェクトのランクを設定します。
getentrytime(item) フローアイテムが現在入っているオブジェクトに入った時刻を返します。
getcreationtime(item) フローアイテムが作成された時刻を返します。

オブジェクトラベル

次の表は、FlexScriptのオブジェクトラベルコマンドについて説明しています。

コマンド(パラメータリスト) 説明
object.labelName
object.labels[labelRank].value
オブジェクトのラベルの値を返します。
object.labelName = value
object.labels[labelRank].value = value
オブジェクトのラベルの値を設定します。
object.labels["labelname"]
object.labels[labelRank]
ラベルへの参照をノードとして返します。テーブルとして使用されるラベルがある場合によく使用されます。

オブジェクトコントロール

次の表は、FlexScriptのオブジェクトコントロールコマンドについて説明しています。

コマンド(パラメータリスト) 説明
obj.input.close() オブジェクトの入力を閉じます。
obj.input.open() オブジェクトの入力を再度開きます。
obj.output.close() オブジェクトの出力を閉じます。
obj.input.open() オブジェクトの出力を再度開きます。
sendmessage(toobject, fromobject,
parameter1, parameter2, parameter3)
オブジェクトのメッセージトリガーを起動します。
senddelayedmessage(toobject, delaytime, fromobject,
parameter1, parameter2, parameter3)
一定の遅延時間の後にオブジェクトのメッセージトリガーを起動します。
object.stop(downstate) オブジェクトに実行中のオペレーションを停止し、所定の状態になるように指示します。
object.resume() オブジェクトがオペレーションを再開できるようにします。
obj.output.stop() オブジェクトの出力を閉じ、stopoutputリクエストを累積します。
obj.output.resume() すべてのstopoutputリクエストが再開された後、オブジェクトの出力を開きます。
obj.input.stop() オブジェクトの入力を閉じ、stopinputリクエストを累積します。
obj.input.resume() すべてのstopinputリクエストが再開された後、オブジェクトの入力を開きます。
insertcopy(originalobject, containerobject) オブジェクトの新しいコピーをコンテナに挿入します。
moveobject(object, containerobject) オブジェクトを現在のコンテナから新しいコンテナに移動します。

オブジェクト変数

次の表は、FlexScriptのオブジェクト変数コマンドについて説明しています。

コマンド(パラメータリスト) 説明
getvarnum(object, "variablename") 指定された名前の変数の数値を返します。
setvarnum(object, "variablename", value) 指定された名前の変数の数値を設定します。
getvarstr(object, "variablename") 指定された名前の変数の文字列値を返します。
setvarstr(object, "variablename", string) 指定された名前の変数の文字列値を設定します。
getvarnode(object, "variablename") 指定された名前の変数への参照をノードとして返します。

Objectクラスの詳細については、「FlexScriptクラスリファレンス」を参照してください。

テーブル

tableメソッドとプロパティのセットにアクセスするには、Table変数を作成する必要があります。


		Table table = reftable("GlobalTable1"); //Global tables
		Table labelTable = current.labels["TableData"]; //Label table
		

以下のメソッドと説明では、上のようなTable変数があることを前提とします。

コマンド 説明
table[row num/name][col num/name] テーブルの指定された行と列の値を返します。
table[row num/name][col num/name] = value; テーブルの指定された行と列の値を設定します。
table.setSize(rows, columns) テーブルの行と列のサイズを設定します。
table.numRows テーブル内の行数を返します。
table.numCols テーブル内の列数を返します。
table.clear() テーブル内のすべての数値を0に設定します。

Tableクラスの詳細については、「FlexScriptクラスリファレンス」を参照してください。

タスク実行者コントロール

タスク実行者の制御の詳細については、タスクシーケンスリファレンスを参照してください。

promptとprintout

次の表は、FlexScriptの promptおよびprintoutコマンドについて説明しています。

コマンド(パラメータリスト) 説明
print(var value) バリアント値を出力コンソールに出力します。
msg("title", "caption") シンプルな「はい」、「いいえ」、「キャンセル」のダイアログを開きます。
userinput(targetnode, "prompt") モデル内のノードの値を設定できるダイアログボックスを開きます。
string1 + string2 2つの文字列の連結文字列を返します。

詳細機能

より詳細な機能とより完全なコマンドドキュメントのセットについては、「コマンドの概要」と「FlexScriptクラスリファレンス」を参照してください。