目次

目次

Waiting Line

Waiting Line

概要と主要な概念

[Waiting Line]オブジェクトは、待機する人の動作をモデル化するのに役立ちます。

イベント

準備完了時

準備完了時イベントは、人が列の終わりに到達し、列を出る準備ができたときに起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
オブジェクト 列の終わりに到達した人。

エントリ時

エントリ時イベントは、オブジェクトのエントリ時トリガーを起動させます。このイベントは、アイテムがオブジェクトに入るとすぐに、他のロジックが実行される前に起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
入るアイテム オブジェクト オブジェクトに入ったフローアイテム。
入力ポート 整数 未使用

終了時

終了時イベントは、オブジェクトの終了時トリガーを起動させます。このイベントは、アイテムがオブジェクトを離れるとき、アイテムが実際にオブジェクトを離れる前に起動します。つまり、終了時トリガーのオブジェクトの内容を確認すると、コンテンツには終了アイテムが含まれています。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
出るアイテム オブジェクト オブジェクトから出るフローアイテム。
出力ポート 整数 未使用

メッセージ時

メッセージ時イベントは、オブジェクトのメッセージ時トリガーを起動させます。このイベントは、オブジェクトがメッセージを受信すると起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
送信オブジェクト オブジェクト メッセージを送信したオブジェクト。
メッセージパラメータ1 バリアント これはメッセージを介して渡されたパラメータであり、数値、文字列、ツリーノード、配列になります。
メッセージパラメータ2 バリアント これはメッセージを介して渡されたパラメータであり、数値、文字列、ツリーノード、配列になります。
メッセージパラメータ3 バリアント これはメッセージを介して渡されたパラメータであり、数値、文字列、ツリーノード、配列になります。

停止時

このイベントは、Object.stop()を使用したコードか、タイムテーブルまたはMTBF/MTTRツールを使用することによってオブジェクトが停止したときに起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
停止リクエスト数 整数 オブジェクトに与えられた停止リクエストの数。この数には現在の停止リクエストが含まれます。
状態 整数 停止中のオブジェクトが入る状態。
ID 整数 停止リクエストのIDまたはキー。
優先度 倍精度浮動小数点数 停止リクエストの優先度。
状態プロファイル 整数 新しい状態のプロファイル番号。デフォルトの状態プロファイルは0です。

再開時

このイベントは、Object.resume()を使用したコードか、タイムテーブルまたはMTBF/MTTRツールを使用することによってオブジェクトが再開したときに起動します。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
停止リクエスト数 整数 オブジェクトに残っている停止リクエストの数。
ID 整数 再開リクエストのIDまたはキー。
状態プロファイル 整数 オブジェクトが停止したときの状態のプロファイル番号。デフォルトの状態プロファイルは0です。

コンテンツ変更時

このイベントは、オブジェクトのコンテンツが変更されるたびに起動します。これは、フローアイテムがオブジェクトにロードされたとき、またはオブジェクトからアンロードされたときに発生します。

このイベントにはパラメータがありません。

入力変更時

このイベントは、フローアイテムがオブジェクトにロードされたときに起動します。

このイベントにはパラメータがありません。

出力変更時

このイベントは、フローアイテムがオブジェクトからアンロードされたときに起動します。

このイベントにはパラメータがありません。

滞在時間変更時

このイベントは、出力変更時イベントの直後に、フローアイテムがオブジェクトからアンロードされたときに起動します。

このイベントにはパラメータがありません。

状態変化時

このイベントは、オブジェクトの状態が変化すると起動します。このイベントでは、オブジェクトの状態が特定の状態に変化するのをリッスンしたり、オブジェクトの状態を追跡記録したりできます。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
状態プロファイルノード ツリーノード [新しい状態]がデフォルトの状態プロファイルにある場合、このパラメータはNULLです。それ以外の場合、このパラメータは、オブジェクトのstate_profile属性ノードにある状態プロファイルノード(追跡変数)の参照です。
新しい状態 整数 オブジェクトが設定される状態番号。
前の状態 整数 新しい状態が設定される前のオブジェクトの状態番号。

状態値変更時

状態値変更時イベントは、オブジェクトの状態統計を保存する追跡変数に関連付けられます。このイベントをリッスンすると、変更ルールを使用できます。このイベントは、状態変化時イベントと同時に起動します。

このイベントには状態プロファイル番号が必要です。デフォルトの状態プロファイルを使用している場合、この番号は0です。

リセット時

リセット時イベントは、モデルがリセットされたとき、オブジェクトごとに起動します。

このイベントにはパラメータがありません。

描画時

描画時イベントは、3Dビューが再ペイントされるたびに起動します。これは、実行速度と更新レートに応じて、さまざまなタイミングで発生します。モデルの再現性を確認するために、描画時トリガーで使用されるコードでは、FlexSimの乱数ジェネレータを使用するstochasticsコマンド(distributions)を使用しないでください。

次のパラメータがあります。

イベントパラメータ タイプ 説明
ビュー ツリーノード オブジェクトが描画されているビュー。複数の3Dビューを開いていると、それぞれのビューで描画時イベントが起動します。

状態

アイドル

オブジェクトはどのタスクも実行していません。

統計

[順番待ち列]は、固定リソースと同じ統計を使用します。これらの統計情報については、「固定リソースの概念 - 統計」を参照してください。

プロパティ

[Waiting Line]オブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ4つのタブがあります。最後の3つのタブは、すべてのオブジェクトに共通の標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[Waiting Line]タブは、線のビジュアルと動作を定義します。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

フロアを描画

このチェックボックスをオンにすると、線の各点との間にここで指定されたテクスチャを持つ長方形の床が描画されます。

描画された床の幅。

繰り返す幅の距離

テクスチャのインスタンス1つ分の距離は、この幅で描画します。

繰り返す長さの距離

テクスチャのインスタンス1つ分の距離は、この長さで描画します。

描画された床のテクスチャに適用される色です。

支柱を描く

このチェックボックスをオンにすると、床の片面に対してここで指定されたテクスチャを持つ垂直な長方形の画像が線の各点の間に描画されます。

高さ

描画された支柱画像の高さ。

繰り返す距離

テクスチャのインスタンス1つ分の距離は、この長さで描画します。

支柱のテクスチャに適用される色です。

ギャップサイズ

列の各人が前に並ぶ人から離れて立つべき距離。

単一エントリポイント

このチェックボックスをオンにすると、遊園地の列のように動作します。つまり、列の始まりから終わりに到達するまで、列を折り返しながら進む必要があります。このチェックボックスをオフにすると、人は列のレイアウトに従わずに列の終わりまで一直線に歩くことができます。