目次

目次

コンベヤについての主要な概念

コンベヤについての主要な概念

コンベヤを使用する理由

コンベヤシステムを事業施設に設置するには、一般にかなりの費用が伴います。また、既存のコンベヤシステムを変更する場合にも費用がかかることがあります。FlexSimを使用すると、コンベヤシステムを構成してスループットを最大化する理想的な方法が見つかるまで、リスクを負うことなく実験できます。

FlexSimのコンベヤオブジェクトには、いくつか便利な機能があります。

  • スラッグの構築と統合コントロール - コンベヤにアイテムのスラッグを累積し、スラッグの準備ができたらリリースするコンベヤを作成できます。この機能を統合コントローラーオブジェクトや処理フローツールと組み合わせて使用​​すると、カスタムコードを記述しなくても簡単に鋸歯状の統合を実装できます。
  • 範囲ベースの転送点 - オペレーターは1つの固定ポイントではなく、コンベヤに沿って有効な転送点の範囲からアイテムをピックアップまたはドロップできるため、ピックオペレーションを簡単にシミュレーションできます。コンベヤからアイテムをピックするときに、オペレーターはアイテムの速度、オペレーターの速度、距離に基づいてコンベヤの適切なピックアップポイントを自動で予測します。
  • フォトアイの拡張 - 特定のイベントやロジックがブロックされた場合や特定の時間内にクリアされた場合にトリガーするようにプログラミングするなど、より洗練されたロジックをフォトアイに組み込むことができます。コンベヤ上のフォトアイの高さと角度をより正確に調整することもできます。
  • 決定点とステーション - 決定点とステーションを使用して、複雑なロジックをコンベヤシステムに組み込むことができます。決定点オブジェクトとステーションは、センサー、処理ステーション、または統合コントローラーなどの他のオブジェクトの通信点として機能するコンベヤ上に配置できます。
  • 移動コントロールの拡張 - FlexSimのコンベヤシステムには、速度、遅延時間、ポップアップ距離など、コンベヤ間のアイテムの転送方法をコントロールするさまざまなオプションがあります。必要に応じて、コンベヤの片側にアイテムが累積されるようにコンベヤのローラーのスキュー角度を調整することもできます。また、コンベヤに沿って移動する際にアイテムを傾斜、平行移動、回転することもできます。
  • アイテムの向き - コンベヤ上のアイテムの向きを定義できます。この向きは複数のセクションにわたって自動で維持され、アイテムがサイド転送を経由して転送される際にオブジェクトの向きに一致するように計算が更新されます。
  • パワー&フリー - コンベヤシステムでは、パワー&フリーシステムをシミュレーションして、チェーンのドッグギャップを簡単に定義できます。

グローバルタイプでロジックとプロパティをコントロールする

FlexSimでの3Dオブジェクトの操作に慣れている場合、標準の3Dオブジェクトとはコンベヤオブジェクトの操作が少し異なっている点がいくつかあります。これらの違いのいくつかは、「コンベヤオブジェクトを操作する」のトピックで説明しています。

主な違いは、コンベヤオブジェクトにはグローバルタイプがあるため、複数のコンベヤオブジェクトでカスタムプロパティとロジックを一度にすばやく更新できる点です。

このコンテキストで使用するいくつかの主な用語を明確にすると、グローバルタイプの仕組みを理解しやすくなります。

  • プロパティ - コンベヤオブジェクトのビジュアルや基本機能(3Dモデル内の位置、サイズ、色や、その他の類似する設定など)に影響する設定。
  • ロジック - コンベヤオブジェクトの動作(他のオブジェクトやフローアイテムとどのように相互作用するのかも含め)に影響する設定。注:通常、ロジックはオブジェクトのプロパティによってもコントロールされますが、このトピックでは、コンベヤオブジェクトを操作する際の若干の違いについて明確にしています。
  • ローカル - コンベヤオブジェクトのプロパティまたはロジックがローカルの場合、その設定は個別のオブジェクトにのみ適用されます。ローカルプロパティまたはロジックを編集すると、そのオブジェクトの設定だけが変更され、それ以外は変更されません。
  • グローバル - コンベヤオブジェクトのプロパティまたはロジックはグローバルに適用でき、複数のオブジェクトにカスタムプロパティのセットまたはロジックを同時に割り当てることができます。その後、これらのグローバル設定を編集すると、そのすべてのオブジェクトの設定も同時に変更されます。

コンベヤオブジェクトの各タイプには固有のプロパティとロジックがあります。ほとんどの場合、コンベヤオブジェクトごとに1つ以上のグローバルタイプを作成できます。コンベヤオブジェクトを使用して操作する場合は、プロパティまたはロジックを1つのオブジェクトに対してローカルに適用する方がメリットがあるのか、あるいは、複数のオブジェクトに同時にすばやく適用できるグローバルタイプを作成する方が効果的なのかを検討してください。

一般に、コンベヤオブジェクトタイプを使用する処理は次のとおりです。

  1. グローバルタイプを作成する - ツールボックスを使用してグローバルタイプを作成し、そのロジックまたはプロパティを設定します。同じタイプのコンベヤオブジェクトの場合でも、必要に応じて複数の異なるグローバルタイプを作成できます。
  2. コンベヤのタイプを設定する - クイックプロパティまたはオブジェクトのプロパティウィンドウで、作成したグローバルタイプのいずれかをコンベヤオブジェクトに割り当てます。
  3. コンベヤタイプを編集する - 1つのタイプのすべてのコンベヤ設定に影響するグローバルな変更を行う場合は、ツールボックスでコンベヤタイプの設定を編集できます。これにより、すべてのコンベヤのデフォルト設定がただちに同時更新されます。

コンベヤオブジェクトの設定をローカルに戻す方法など、より具体的な手順については、「グローバルタイプを使用する」を参照してください。

留意すべきその他の一般原則は以下のとおりです。

  • プロパティはクイックプロパティまたはオブジェクトのプロパティウィンドウで設定します。 一般に、[クイックプロパティ]ペインには3Dモデル内のオブジェクトの位置またはコンベヤ上のオブジェクトの位置に影響するプロパティが含まれています。オブジェクトをダブルクリックすると、追加のプロパティのプロパティウィンドウが開きます。ほとんどのロジックまたは詳細ビジュアルプロパティは、プロパティウィンドウで設定します。
  • グローバルタイプで使用できるのは、プロパティウィンドウで使用できるプロパティまたはロジック設定のみです。 プロパティウィンドウで設定できるすべてのプロパティまたはロジックは、グローバルタイプで使用および設定できます。また、[クイックプロパティ]で使用できるプロパティをグローバルタイプで設定することはできません。つまり、[クイックプロパティ]で使用できる設定はローカルのみです。

コンベヤシステムの設定

コンベヤシステムのプロパティウィンドウを使用して、シミュレーションモデル内のすべてのコンベヤオブジェクトのデフォルトプロパティを設定できます。たとえば、カスタムコンベヤタイプを作成してから、コンベヤシステムツールを使用して、作成する新しいコンベヤごとに自動でそのタイプが割り当てられるように設定できます。コンベヤシステムのプロパティを使用して、コンベヤシステムのビジュアル設定を変更することもできます。詳細については、「参照 - コンベヤシステム」を参照してください。