目次

目次

矢印

矢印

概要と主要な概念

矢印オブジェクトは、処理フローのどの時点にも配置できる矢印です。矢印オブジェクトは表示専用です。つまり、ビジュアル表示以外の機能や目的がありません。

矢印オブジェクトは、2つの赤いコントロールポイントを使用してリダイレクトできます。また、終点をクリックしてサイズを変更することもできます。

コネクター

矢印は、着信コネクターや発信コネクターを許可せず、ビジュアル目的でのみ使用します。

プロパティ

次の画像は、矢印オブジェクトのプロパティを示しています。

名前

オブジェクトの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

ロック先

ロック先]ボックスを使用して、矢印オブジェクトを処理フローのアクティビティにアタッチできます。矢印がオブジェクトにロックされると、そのアクティビティが移動するときに矢印も移動します。[サンプラー]ボタン を使用して、矢印オブジェクトをロックするアクティビティを選択します。

回転

回転]プロパティは、コントロールポイントにより回転が設定されているため、実際には矢印オブジェクトに影響しません。このプロパティは、大部分の表示オブジェクトで自動的に表示される標準プロパティとしてのみここにあります。

タイプ

タイプ]メニューを使用して、異なる矢印のスタイルを選択します。このバージョンのFlexSimでは、直線とベジエの2つのスタイルを使用できます。今後のFlexSimのバージョンにはより多くのスタイルが追加される可能性があります。

シングルまたはダブル

シングル]または[ダブル]オプションを使用して、黒の実線や二重線(間に白い線が入っているように見えるもの)に切り替えることができます。

]ボックスを使用して、行の幅を設定します。

スタイル

スタイル]メニューを使用して、線のスタイル(実線、破線、点線など)を選択します。

始点

始点]メニューを使用して、線の始点のビジュアルスタイルを選択します。線の開始には、正方形、円、または他の矢じりなどの形状を指定できます。

]チェックボックスをオンにすると、矢印の色をコントロールできるいくつかのプロパティが有効になります。

  • 矢印の色を変更するには、カラーセレクターを使用するか、[サンプラー]ボタン を使用して、シミュレーションモデルや処理フロー内の任意のオブジェクトから色を選択します。
  • 色アルファ]スライダーは、矢印オブジェクトの透明度を変更します。