目次

目次

コンベヤオブジェクトの概要

コンベヤオブジェクトの概要

ライブラリオブジェクト

コンベヤオブジェクトは、FlexSimライブラリのコンベヤグループにあります。次のテーブルに、これらのオブジェクトの詳細な概要を示します。カテゴリとオブジェクトは、ライブラリと同じ順序で表示されます。

名前とアイコン 説明 外観
直線コンベヤ
直線コンベヤは、コンベヤベルトまたはローラーコンベヤをシミュレーションできます。このコンベヤは、名前が示すように形状が直線です。詳細については、「直線コンベヤと曲線ありのコンベヤ」を参照してください。
曲線ありのコンベヤ
曲線ありのコンベヤは、コンベヤベルトまたはローラーコンベヤをシミュレーションできる別のオブジェクトです。直線コンベヤとは異なり、このコンベヤはさまざまな半径に設定された曲線の形状をしています。詳細については、「直線コンベヤと曲線ありのコンベヤ」を参照してください。
結合コンベヤ
結合コンベヤは、オブジェクトというよりもツールのように機能します。これを使用して、2つのコンベヤセクションを接続する曲線ありのコンベヤを作成します。詳細については、「結合コンベヤ」を参照してください。
決定点
決定点を使用してコンベヤシステムにロジックを構築できます。決定点を統合コントローラーにリンクして、リリースされたスラッグがシステム内の指定されたポイントをクリアしたときに通知することもできます。詳細については、「決定点」を参照してください。
ステーション
ステーションは、コンベヤシステムに処理ポイントを追加する際に使用できるオブジェクトです。ステーションは、コンベヤシステム外のオブジェクトの代わりに、コンベヤシステムのポイントとして配置される点を除いて、標準的なプロセッサオブジェクトと同じように機能します。詳細については、「ステーション」を参照してください。
フォトアイ
フォトアイはコンベヤ上のセンサーとして機能する点で決定点に似ています。ただし、決定点は通過するすべてのアイテムで起動しますが、フォトアイは実際のフォトアイと同じように機能します。コンベヤ上のアイテム間にギャップがある場合にのみクリアされます。定義された時間にわたりフォトアイが継続してブロックまたはクリアされた場合にのみ各トリガーが起動するように、ブロックやクリア時間を定義することもできます。詳細については、「フォトアイ」を参照してください。
モーター
モーターを使用して、所定の時間のコンベヤシステムのオンとオフをコントロールできます。パワー&フリーコンベヤシステムをシミュレーションする際に、パワー&フリーチェーンループ上のドッグギャップの同期にモーターを使用することもできます。詳細については、「モーター」を参照してください。
統合コントローラー
統合コントローラーは、異なるコンベヤレーンを統合する方法をコントロールできるオブジェクトです。統合コントローラーを使用して、統合するレーンリリース方法を定義します。詳細については、「統合コントローラー」を参照してください。

追加のコンベヤオブジェクト

FlexSimライブラリで使用できるこれらのオブジェクトに加えて、転送、入口の転送、出口の転送という3つの追加のコンベヤオブジェクトに留意してください。これらのオブジェクトはFlexSimライブラリでは使用できませんが、コンベヤを他のオブジェクトに接続するたびに自動で作成されます。詳細については、「転送オブジェクトを操作する」を参照してください。