目次

目次

[プロセッサ]タブと[処理時間]タブ

[プロセッサ]タブと[処理時間]タブ

[プロセッサ]と[処理時間]のタブについて

プロセッサオブジェクトには[プロセッサ]タブが、コンバイナ、セパレータ、マルチプロセッサのオブジェクトには[処理時間]タブがあります。[プロセッサ]タブと[処理時間]タブは、ほぼ同じものです。主な違いは[処理時間]タブには最初のプロパティセットがないことです。

次のセクションでは、このタブで使用できるプロパティについて説明します。

[プロセッサ]のみのプロパティ

次のプロパティは、[プロセッサ]タブでのみ使用可能です。

最大コンテンツ

この数字は、プロセッサが同時に保持できるフローアイテムの数を定義します。

処理時間に合わせてアイテムを移動

このチェックボックスをオンにすると、処理時間の経過に伴って、フローアイテムが一方のプロセッサからもう一方のプロセッサに移動する様子が表示されます。これは単に視覚化のためのものです。チェックボックスをオフにすると、入ってきたフローアイテムはプロセッサの中央に配置され、終了するまでその場所に置かれます。

設定

次のプロパティは、オブジェクトの設定ロジックを制御します。

設定時間

このピックリストは、フローアイテムを受け取ってから、そのフローアイテムの処理を開始するまでのオブジェクトの待機時間を定義します。

オペレーターを設定に使用

このチェックボックスをオンにすると、オブジェクトは設定時に1つ以上のオペレーターを呼び出します。オペレーターは、設定時間が経過した後にリリースされます。

オペレーター数

このプロパティは、[オペレーターを設定に使用]チェックボックスがオンの場合にのみ表示されます。この数は、オブジェクトが設定時間中に使用するオペレーターの数を決定します。

設定と処理の両方にオペレーター設定を使用

このプロパティは、[オペレーターを設定に使用]ボックスと[処理にオペレーターを使用]ボックスの両方がオンの場合にのみ表示されます。このチェックボックスをオンにすると、設定時間に呼び出されたオペレーターが処理時間中に使用されます。このチェックボックスがオフの場合は、設定時間に使用されたオペレーターはリリースされ、処理時間には新しいオペレーターが呼び出されます。[オペレーターを選択]パラメータで特別なピックオプションを使用すると、異なるオペレーターを呼び出すことができます。

処理

次のプロパティは、オブジェクトの処理ロジックを制御します。

処理時間

このプロパティは、プロセッサが1つのフローアイテムの処理に費やす時間を決定します。

処理にオペレーターを使用

このチェックボックスをオンにすると、オブジェクトは処理時に1つ以上のオペレーターを呼び出します。オペレーターは、処理時間が経過した後にリリースされます。

オペレーター数

このプロパティは、[処理にオペレーターを使用]チェックボックスがオンで、[設定と処理の両方にオペレーター設定を使用]チェックボックスがオフの場合にのみ表示されます。この数値で、オブジェクトが処理時間中に使用するオペレーターの数を決定します。

オペレーターを選択

これらのフィールドは、[設定にオペレーターを使用]チェックボックスと[処理にオペレーターを使用]チェックボックスのいずれかがオンの場合にのみ表示されます。

オペレーターを選択

このプロパティは、オブジェクトが設定または処理時間に使用するオペレーターまたはディスパッチャーへの参照を返します。

優先度

この値で、オペレーターに送信されるタスクシーケンスの優先度を設定します。通常、オペレーターはタスクシーケンスを並べ替えて、優先度の高いシーケンスが最初に実行されるようにします。優先度が同じタスクシーケンスは、受信した順に実行されます。

プリエンプト

呼び出し側オペレーターのプリエンプト値を設定します。これにより、オペレーターが通常は許可されないタスクを実行する可能性があります。