目次

目次

ラベルマッチング

ラベルマッチング

ラベルマッチングについての主要な概念

このトピックを読む前に、「イベントリスニング」のトピックで説明した主要な概念をよく理解しておいてください。ラベルマッチングはイベントリスニングにとって非常に重要です。イベントリスニングは、通常、処理フローを3Dモデルにリンクするか、統計コレクターを使用してモデルから統計を収集するために使用されます。ラベルマッチングにより、イベントから重要なデータを収集し、その情報をラベルに保持できます。

イベントパラメータ

標準のオブジェクトベースのイベントには、特定のパラメータが関連付けられています。これらのパラメータには、イベントをトリガーしたフローアイテムやトークンなど、イベントに関する基本情報が含まれています。通常、この情報の一部は、他の処理フローアクティビティや統計コレクターのデータテーブルが参照できるラベルに入れて保持します。以下は、最もよく使用されるイベントパラメータです。

イベント 説明
入るアイテム/出るアイテム このパラメータは、どのイベントがアイテムをトリガーしたかを追跡します。このパラメータには3Dモデルのアイテムへの参照が含まれています。このアイテムを参照するには将来的にラベルを作成する必要があります。
ステーションまたは目的地 よく使用されるもう1つのパラメータは、フローアイテムが進む先のステーションまたは目的地です。

特定のイベントに関連する特定のイベントパラメータについては、イベントリスニングを設定している3Dオブジェクトまたは処理フローアクティビティのリファレンスページを参照してください。

ラベルマッチングまたはラベル割り当てを使用するツール

処理フローツールと統計コレクターツールはどちらも、イベントをリッスンするときにラベルマッチングまたはラベル割り当てを使用します。詳細については、「イベントリスニング」を参照してください。

ラベルマッチングテーブルの概要

ラベルマッチングテーブルを使用して、イベントパラメータからラベルを割り当てたり、照合させたりします。このテーブルは、処理フローアクティビティまたは統計コレクターでイベントリスニングをセットアップした後に表示されます。ラベルマッチング/割り当てテーブルと名前が付いていることもあるので注意してください。

シミュレーションプロジェクトに有用でない場合は、イベントパラメータを空白のままにできます。

次のセクションでは、ラベルマッチングテーブルのさまざまな要素について説明します。

パラメータ行

行には、その特定のイベントで使用可能なイベントパラメータがリスト表示されます。これは、リッスンしているイベントによって変わります。特定のイベントに関連する特定のイベントパラメータについては、イベントリスニングを設定している3Dオブジェクトまたは処理フローアクティビティのリファレンスページを参照してください。ほとんどの場合、行の名前はその内容を説明するものになっており、その参照ポイントの概念を理解できます。

たとえば、前の画像で、リッスンされているイベントは固定リソースのエントリ時イベントです。エントリ時イベントにはパラメータとして、(イベントをトリガーしたアイテムへの参照を保持する)[入るアイテム]と、アイテムがどの入力ポートから入ってきたかを追跡する[入力ポート]の2つがあります。

ラベル名

[ラベル名]列の下にあるセルを使用して、この参照ポイント用に作成されたトークンに作成されるラベルの名前を割り当て(または照合)します。

たとえば、前の例では、イベントをトリガーしたアイテムへの参照が含まれるラベルを作成するために、[ラベル名]列の下の[入るアイテム]行に「MyItem」と入力します。

オペレーション

[オペレーション]列は、[イベントを待つ]処理フローアクティビティまたは統計コレクターでのみ使用できます。[オペレーション]列の下のセルをクリックすると、メニューが開きます。選択したオプションによって、指定されたラベルに対して実行されるオペレーションが決まります。メニューには次のオプションがあります。

オペレーション 説明
なし デフォルト値。ラベルには何もしません。
一致 これにより、ラベルの既存の値を、参照されているパラメータと一致するかどうか照合します。トークンは、イベントが起動し、かつ、イベントのパラメータがトークンのラベル値と一致した場合のみ、アクティビティを終了します。

たとえば、システム全体でアイテムを追跡しているとします。トークンのアイテムラベルは、モデル内のフローアイテムを指します。その特定のアイテムがモデルの固定リソース(キューなど)に入るタイミングを把握する必要があります。これを行うには、固定リソースのOnEntryイベントをサブスクライブしてから、テーブルの[入るアイテム]行に対して、[ラベル名]列にアイテムを入力し、オペレーションと照合します。
割り当て これにより、関連するパラメータ値がトークンのラベル値に割り当てられます。
先頭に挿入 このオペレーションは割り当てと似ていますが、ラベルにすでに値がある場合に、ラベル値を配列にして新しい値を配列の先頭に移動します。ループしているなどの理由で、値をラベルの配列に累積する必要がある場合に、このオプションを使用できます。