目次

目次

液体ブレンダー

液体ブレンダー

概要と主要な概念

液体ブレンダーは、ユーザーが定義した割合(固定量ではない)に基づいて、複数の入力ポートからの材料を混合するために使用されます。これはバッチで混合が行われないインラインブレンドに最も一般的に使用されます。

液体ブレンダーは、モデラーが定義する一連の割合に基づいて、複数の入力ポートから材料を受け取ります。材料がブレンダーにプルされていると、すぐに下流のオブジェクトによってプルされる準備が完了します。モデラーは、ブレンダーによってリリースされる材料の製品IDを定義します。混合物のサブコンポーネントは、プルされた材料のサブコンポーネントの混合物になります。サブコンポーネントの割合は、流入する各製品のどれくらいの量が混合されるかに基づいています。

ブレンダーが使用する割合は、ブレンダーレシピというテーブルに定義されています。テーブルには、ブレンダーの入力ポートごとに行が1行あります。テーブルの行は、オブジェクトがブレンダーの入力ポートに接続されるまでプロパティウィンドウに表示されません。各行には、成分名と割合の2つの列があります。名前は、モデラーがプルされている材料を識別するために使用するテキスト文字列です。これはモデラーのためにだけあるもので、ブレンダーの動作には影響しません。割合値は0から100の数値です。行に示すポートから流入材料が入ってくる割合を示します。

ブレンダーは正しい割合をプルしていることを常に確認します。各ティックで、ブレンダーは自身を満たしたり、最大入力レートでプルするために各ポートからの必要量を計算したりします。この需要を満たすのに十分な材料がない場合は、他のポートからプルする量を減らして割合を正しく維持します。完全な入力レートでプルするのに十分な空きスペースがブレンダーにない場合、ブレンダーは(定義された割合を維持しながら)入力レートを下げて自身を満たします。そのため、ブレンダーの最大コンテンツは入力レートの少なくとも2倍にすることをお勧めします。これにより、材料が少なくとも同じ速度で流れている限り、ブレンダーは最大入力レートで受け取ることができます。

ブレンダーは任意の時点で各ポートからプルする量をコントロールするため、モデラーは最大ポートレートや入力ポートのスケール係数にアクセスすることはできません。ただし、オブジェクトの最大入力レートの編集は可能です。ユーザーは出力レートとスケール係数を完全にコントロールできます。これらの値は、ティックごとに起動するAdjustOutputRates関数を使用して変更できます。これにより、モデルの実行中に出力レートとスケール係数を更新できます。

状態

統計的な目的で、シミュレーション実行中、液体ブレンダーはさまざまな位置で次のいずれかの状態になります。

ブレンダーに材料がありません。

混合

ブレンダーは混合された材料を受け取っています。

ブロック済み

ブレンダーは材料を受け取りましたが、下流に送ることはできません。

プロパティ

液体ブレンダーオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つタブが7つあります。最後の5つのタブは、ほとんどの液体オブジェクトに共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[統計]タブは廃止され、このオブジェクトではサポートされていません。代わりにオブジェクトのクイックプロパティの統計グループを使用します。

残りの2つのタブである[ブレンダー]タブと[レシピ]タブは、液体ブレンダーオブジェクトに固有です。これらのタブのプロパティについては、次の2つのセクションで詳しく説明します。

[液体ブレンダー]タブ

[液体ブレンダー]タブには、次のプロパティがあります。

最大コンテンツ

このオブジェクトがいつでも保持できる液体材料の最大量。

ターゲット製品ID

このオブジェクトから離れる材料に割り当てられる製品ID。

入力ポート

これらのプロパティは、オブジェクトが上流のオブジェクトから材料を受け取る方法に影響します。

最大入力レート

結合したすべての入力ポートを通って材料がこのオブジェクトに入ることができる最大レート。実際の入力レートは、上流で使用できる材料の量とこのオブジェクトで使用可能なスペースに基づいています。

出力ポート

これらのプロパティは、オブジェクトが下流のオブジェクトに材料を送る方法に影響します。

最大オブジェクトレート

結合したすべての出力ポートを通って材料がこのオブジェクトを離れる最大レート。

最大ポートレート

材料が任意の1つのポートを通ってこのオブジェクトを離れる最大レート。

[レシピ]タブ

[レシピ]タブには、次のプロパティがあります。

ブレンダーレシピ

このテーブルの各行は、1つの入力ポートを表します。プロパティGUIが開いているときにオブジェクトが上流のオブジェクトに接続されていないと、行はテーブルに表示されません。モデラーがテーブル内で変更できる列は2つあります。

  • 成分 - 行に示すポートから流入する成分のテキストによる説明です。これはモデラーのみが使用するものであり、ブレンダーはこの値を無視します。
  • 割合 - 0から100までの数値です。行に示すポートからすべての流入材料が入ってくる割合です。ブレンダーは、最大レートでプルできるだけの材料やスペースがない場合でも、これらの割合を維持するために各ポートから実際にプルされる材料の量を調整します。