目次

目次

ヒストグラム

ヒストグラム

概要と主要な概念

ヒストグラムを使用すると、一連のデータのヒストグラムを作成できます。ヒストグラムは、一連の値の分布を示すのに便利です。

[データ]タブ

[データ]タブには次のプロパティがあります。

  • データソース - ドロップダウンリストから有効なデータソースを選択します。すべての統計コレクターと計算テーブルが表示されます。また、最後のオプションを選択すると、新しい統計コレクターを作成できます。付随するボタンをクリックすると、選択したデータソースのプロパティウィンドウが開かれます。
  • - ヒストグラムの一部としてカウントする値を含む列をデータソースから選択します。この列にはテキストを含めることはできません。
  • データの分割基準 - 任意。これらの列は、各データポイントを分類するために使用されます。[データの分割基準]リストの各値の固有の組み合わせは新しいカテゴリになり、各カテゴリには異なる色が付けられます。このようにして、1つのテーブルに複数のヒストグラムを指定できます。

[設定]タブ

[設定]タブには次のプロパティがあります。

  • 凡例を表示 - 凡例を表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。凡例を表示しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  • ラベルを表示 - 各バーの値をバーの上部に表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。値ラベルを表示しない場合は、このチェックボックスをオフにします。
  • 値を正規化 - 各バーを生のカウントではなく合計の割合として表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。各バーをその範囲のカウントとして表示する場合は、このチェックボックスをオフにします。
  • スタックバー - 積み重ねられたさまざまなデータセットを表示するには、このチェックボックスをオンにします。
  • バーモード - バケット境界の生成方法を選択します。このプロパティにはいくつかのオプションがあります。
    • バケット数別 - このオプションでは、チャート上に存在するバケットの数を指定する必要があります。バケットごと、カテゴリごとに1つのバーがあります。
    • バケット幅別 - このオプションでは、各バケットの幅とバケットの開始位置を指定する必要があります。このオプションを使用すると、描画を高速化できます。
    • スタージのルール - スタージのルールを使用してバケットの数を決定します。
    • スコットのルール - スコットのルールを使用してバケットの数を決定します。
    • フリードマン=ダイアコニスの法則 - フリードマン=ダイアコニスの法則を使用してバケットの数を決定します。
    最後の3つのオプションは、各バケットの幅を選択するためのよく知られた方法です。それぞれの詳細については、ウィキペディアなどのサイトで見つけることができます。
  • フォントサイズ - このグラフの一般的なテキストのフォントサイズをピクセル単位で設定します。
  • タイトルフォントサイズ - チャートタイトルと軸タイトル(存在する場合)のフォントサイズをピクセル単位で設定します。
  • X軸タイトル - 任意。X軸タイトルのテキストを指定します。
  • Y軸タイトル - 任意。y軸タイトルのテキストを指定します。

[色]タブ

このタブは、[時間プロットの色]タブと同じです。詳細については、「時間プロットの色」を参照してください。

パフォーマンス指標

ヒストグラムは、平均値、合計値、最小値、最大値などの「値の列」の集計に基づいてパフォーマンス指標を提供します。さらに、一部の列が[分割]列としてマークされている場合、チャートは分割値の固有の組み合わせごとに同じ集計を提供します。