目次

目次

チュートリアル2 - タスクシーケンス

チュートリアル2 - タスクシーケンス

このチュートリアルでは、処理フローモジュールでタスクシーケンスを作成して3Dモデルにリンクする方法を説明します。このチュートリアルでは、2名のオペレーターが配置される2つのプロセッサのモデルを作成します。各オペレーターは、同じタスクシーケンスを使用して、フローアイテムを次の下流オブジェクトに輸送します。まず、サブフロー内に単純なタスクシーケンスを作成して、オペレーターにフローアイテムのロードとアンロードを指示します。次に、フローアイテムを次の目的地に輸送し終わった後、オペレーターがプロセッサをクリーニングするタスクを追加して、より複雑なタスクシーケンスを作成します。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク2.1

ベーシックなタスクシーケンスを構築する

このタスクでは、3Dモデルで2名のオペレーターが使用するフローアイテムのロードとアンロードのための簡単なタスクシーケンスを作成します。この処理フローを3Dモデルにリンクする方法について説明し、処理フローインスタンスの概念を紹介します。

タスク2.2

タスクシーケンスをカスタマイズする

このタスクでは、タスクシーケンスをカスタマイズしてより複雑なものにする方法を説明します。オペレーターがアイテムをすべて輸送した後にプロセッサのクリーニングを要請するタスクセットをタスクシーケンスに追加します。

詳細

これらのチュートリアルで取り上げた概念の詳細については、以下を参照してください。