目次

目次

コンベヤのタイプ

コンベヤのタイプ

概要と主要な概念

コンベヤのタイプは、シミュレーションモデルの任意の直線コンベヤオブジェクトまたは曲線ありのコンベヤオブジェクトにインポートできるグローバル設定です。コンベヤのタイプのプロパティウィンドウには、さまざまなプロパティを含む2つのタブがあります。これらのプロパティについては、次のセクションで説明します。

[動作]タブ

[動作]タブには、次のプロパティがあります。

累積

このチェックボックスをオンにすると、アイテムはコンベヤ上に累積されます。つまり、ローラーコンベヤのようにコンベヤに沿って一緒に収集されます。このチェックボックスをオフにすると、アイテムはベルトコンベヤのように相互にロックステップで移動します。デフォルトでは、このチェックボックスはオンになっています。

速度

コンベヤのデフォルト速度。

加速度

コンベヤが最初に開始するとき、または遅い速度から速い速度に変化するときに移動する速度変化の割合。

減速

コンベヤが停止、または速い速度から遅い速度に変化するときに減速する速度。

停止スペース

アイテムが累積中にコンベヤに沿って移動する際のアイテム間の最小スペース。アイテム間のスペースが指定されたスペースより小さい場合、アイテムは移動を停止します。

移動スペース

アイテムがコンベヤに沿って停止している場合、移動を再開するために必要なアイテム間のスペース。

再開遅延

ゼロ以外の再開遅延時間を定義した場合、アイテムがコンベヤ上で停止した後、移動スペースがクリアされてからアイテムが再開するまでに、この追加時間が適用されます。

エントリスペース

アイテムがコンベヤに入るためにクリアする必要があるスペース。

次の画像に示すように、各間隔設定には2つのフィールドがあります。

最初の編集可能な数値フィールドである長さ係数フィールドには、アイテムの長さを掛けるスペースの割合を指定できます。1.00は100%、つまりアイテムの全長に相当します。0.5は50%、つまりアイテムの長さの半分に相当します。また、2.00は200%、つまりアイテムの長さの2倍に相当します。

2番目の編集可能な数値フィールドである追加間隔フィールドには、指定した測定単位に基づいてスペースを追加できます。

これらの2つのフィールドを使用すると、アイテムの長さに対して相対的または絶対的な間隔規則の動的セットを作成できます。次の画像は、さまざまな間隔設定の例と説明を示しています。


デフォルトの1.00 x Item Length + 0.00mは、アイテムの長さのみに基づいて間隔を定義します。

1.00 x Item Length + 0.06mの間隔値の定義は、1つのアイテムの後端からその背後にあるアイテムの前端までに、6 cmのギャップを追加します。

0.00 x Item Length + 0.5mの間隔は、アイテムの長さに関係なく、1つのアイテムの前縁から次のアイテムの前縁までに、0.5 mの間隔を定義します。

パワーアンドフリー設定

次の設定グループは、パワー&フリーコンベヤシステムのシミュレーションに使用するために設計されています。これらのシステムで、ドッグはルーピングチェーンに沿って一定の間隔で移動します。これらのドッグは、キャリアが渡されるとシステム内でそのキャリアをピックアップします。シミュレーションでは、アイテムがコンベヤ上を移動できるポイントが、ドッグとその前のアイテム間のスペースではなく、次に通過するドッグの位置によって定義されることを除いて、停止スペースより大きい移動スペースがあることに似ています(キャタピラーのような累積効果があります)。

次の設定が使用可能です。

  • パワーアンドフリー - チェックボックスをオンにすると、アイテムは、シミュレートされたドッグがアイテムの位置を通過するポイントで、一定の間隔でのみコンベヤ上を移動できます。
  • ドッグの間隔 - パワーアンドフリーチェーンの各ドッグの間隔。ドッグ間のギャップの不規則なパターンの繰り返しをシミュレーションする場合は、一連のカスタム番号をカンマで区切って入力できます。
  • アイテムの端 - ドッグがピックアップする関連するアイテムの端を定義します。
  • キャッチ条件 - 特定のドッグが特定のアイテムを「キャッチ」するかどうかを定義するカスタム条件を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。この機能を使用する理由は、たとえばランダムに逃したドッグのシミュレーションです。定義された「セル」を使ったクロスベルトソーターのシミュレーションも、この機能を使用する理由となります。小さいアイテムはセルに2つ収まりますが、大きいアイテムはセル全体を占めます。ここでは、セルごとに2つのドッグを定義します。それより大きいアイテムは偶数番号のドッグのみキャッチできます。

スラッグ構築の設定

最後の設定グループでは、コンベヤでスラッグを構築できます。コンベヤは、鋸歯状の統合の一部としてスラッグを構築してリリースできます。スラッグ構築の設定は次のとおりです。

  • スラッグビルダー - チェックボックスをオンにすると、スラッグ構築が有効になります。
  • 準備完了の条件 - スラッグレーンのリリース準備完了とみなす時期を定義します。3つのうち1つ以上のオプションを選択します。チェックボックスをオンにしたアイテムが条件を満たした場合、そのスラッグはリリース準備完了としてマークされます。リリースまでの間、そのスラッグは構築を継続できます。コンベヤが統合コントローラーに接続されていない場合、コンベヤはリリース準備が完了するとすぐにスラッグをリリースします。
    • 塗りつぶしの割合 - このチェックボックスをオンにし、スラッグのリリース準備に必要なコンベヤの全長の割合を定義する値を入力します。
    • アイテム数 - このチェックボックスをオンにし、リリース準備に必要なスラッグのアイテム数を定義する値を入力します。
    • 最大数 - 同時に[アイテム数]も選択されている場合にのみ適用されます。このチェックボックスをオンにし、値を入力すると、スラッグ内のアイテムの最大数を定義できます。これが定義されている場合、各スラッグでコンベヤのリリースするアイテム数の上限となります。
    • 経過時間 - このチェックボックスをオンにし、スラッグ構築の最大経過時間を定義する値を入力します。この時間は、最初のアイテムがスラッグに追加されると開始します。タイマーが終了してもスラッグの準備ができていない場合は、スラッグのリリース準備が完了しています。
  • リリース速度 - スラッグがリリースされる速度。

[ビジュアル]タブ

ビジュアル設定は、主に表示モードで描画する際のコンベヤの外観を定義します。表示モードは、コンベヤシステムのプロパティで有効にできます。[ビジュアル]タブには、次のプロパティがあります。

コンベヤの幅。

サーフェス

サーフェスペインでは、コンベヤサーフェスに関連付けられたビジュアルプロパティを定義できます。

ローラーを描画

コンベヤサーフェスにローラーを描画する場合は、このチェックボックスをオンにします。

スキュー角度

ローラーを傾斜させる角度(度単位)。ゼロ以外の場合、アイテムはコンベヤの下に移動する際にコンベヤの一方の側に移動します。

直径

表示モード時にローラーを描画する直径。表示モードでのみ使用されます。

間隔

1つのローラーの中央から次のローラーの中央までの距離。ローラーの直径より大きくなければなりません。表示モードでのみ使用されます。

ベルトを描画

コンベヤサーフェスにベルトを描画する場合は、このチェックボックスをオンにします。次に、描画するテクスチャを定義できます。自動オプションがありますが、ファイルを参照することもできます。

繰り返す距離

コンベヤベルトテクスチャを繰り返す間の距離。

ベルトテクスチャを描画する際に適用する色。

サイドスカート

サイドスカートペインでは、コンベヤのサイドスカートの描画に関連するビジュアルプロパティを定義できます。

高さ

コンベヤのサイドスカートの高さ。

サイドスカートの幅。表示モードでのみ使用されます。

垂直オフセット

コンベヤ平面に対するサイドスカートの位置を定義します。これは、サイドスカートの高さの比率として定義されます。通常、この値は-0.5~0.5です。値が-0.5の場合、サイドスカートはコンベヤ平面から下に延びます。値が0.0の場合、サイドスカートの中央はコンベヤ平面に続きます。値が0.5の場合、サイドスカートはコンベヤ平面から上に伸びます。

テクスチャを描画

事前に定義された形状を描画する代わりに、サイドスカートのテクスチャを描画する場合は、このチェックボックスをオンにします。次に、使用するテクスチャを定義できます。事前に定義されたオプションがありますが、画像を参照することもできます。

繰り返す距離

サイドスカートに関連する繰り返す距離を定義するには、このチェックボックスをオンにします。これは、サイドスカートテクスチャを使用している場合、またはコンベヤに事前定義されたサイドスカート形状を描画する場合に適用されます。

サイドスカートを描画する際に適用する色を定義します。表示モードでない場合、これはサイドスカートとコンベヤサーフェスに適用されます。

レッグ

レッグペインでは、コンベヤのレッグの描画に関連するビジュアルプロパティを定義できます。

繰り返す距離

コンベヤの各レッグ間の距離。表示モードでのみ使用されます。

高さのルール

各レッグの高さを決定する方法を定義します。表示モードでのみ使用されます。

  • レッグの高さはコンベヤの高さに従う - レッグはコンベヤの上昇または下降に関係なく、設定された高さになります。コンベヤが上昇すると、レッグベースも上昇します。
  • コンベヤ上の最低点からのレッグの高さ - レッグの高さは、コンベヤ上の最も低い点から決定されます。たとえば、コンベヤ平面がz = 1.00からz = 5.00になり、レッグの高さが1.00に定義されている場合、レッグベースはコンベヤに沿ってすべてz = 0.00(最低点(1.0) - レッグの高さ(1.0))になります。
  • モデルに対するレッグベース - レッグは、コンベヤの高さに関係なく、レッグベースによって定義された固定モデルのz位置まで拡大します。

高さ

コンベヤのレッグの高さ。レッグの高さのルールが[レッグの高さはコンベヤの高さに従う]または[コンベヤ上の最低点からのレッグの高さ]と等しい場合に、表示モードでのみ使用されます。

ベース

レッグベースはz点です。レッグの高さのルールが[モデルに対するレッグベース]と等しい場合に、表示モードでのみ使用されます。