目次

目次

イベントログ

イベントログ

概要と主要な概念

[ロギングを有効化]チェックボックスがオンになっている場合、イベントログはモデルで発生するイベントのレコードを作成します。これは、特定のイベントの発生順序を確認するのに便利です。モデルで発生するイベントごとに、そのイベント中に発生した内容を説明する複数のエントリがイベントログに作成されます。これらの複数のエントリはすべて同じ時間になり、ステップボタンを押すとすべて同時に記録されます。モデルをリセットすると、イベントログはクリアされます。

例外がイベントログに記録されることがあります。例外エントリの直前のエントリは、例外を発生させたコードの場所を示す手がかりとなります。特に、オブジェクトのトリガー内の不適切なコードが原因で例外が発生した場合に役立ちます。例外の詳細については、システムコンソールを参照してください。コード内で例外が発生している場合は、モデルが正しく動作していない可能性があります。

イベントログには、メインツールバーの[デバッグ]メニューからアクセスできます。

プロパティ

イベントログには、次のプロパティがあります。

ロギングを有効化

これにより、イベントのロギングが有効または無効になります。ロギングを有効にすると、モデルの実行速度が大幅に低下するため、イベントログを使い終えたらロギングを無効にします。

開始時間

ログを一定期間のみ記録する場合、ロギングを開始する時間を入力できます。このフィールドは、モデルをリセットして再実行しなくても編集後に自動で適用されます。

終了時間

任意で、ロギングを終了する時間を指定できます。終了時間が開始時間と同じかそれより早い場合は無視されます。

設定

設定ウィンドウでは、イベントログに記録されるイベントを設定できます。すでに記録されているイベントは、この設定を変更しても影響を受けません。この設定を変更した後に発生したイベントは、ここで有効になっている場合のみ記録されます。

エクスポート

これにより、イベントログがcsvファイルとしてエクスポートされます。有効なイベントのみがエクスポートされ、除外されたイベントは無視されます。

テーブル

テーブルには次のプロパティがあります。

  • 時間 - イベントが発生した時間です。エントリは上から順に発生しました。同じ時間が記録されているエントリは、表示されている順に発生し、同じモデルイベントで発生した可能性があります。
  • イベント - イベントのタイプです。特定のイベントタイプのロギングは、設定ウィンドウで有効または無効にできます。
  • オブジェクト - イベントのオブジェクトへのパスです。
  • 関連 - イベントに関連するオブジェクトへのパスです。
  • P1 - P4 - これらの値はイベントによって異なり、すべてのイベントタイプに使用されない場合があります。通常は、イベントに渡されたパラメータに関する情報や、イベントタイプに関する詳細情報が提供されます。これは、パラメータ値が期待どおりでない場合のデバッグに役立ちます。

フィルター

イベントログは、[時間]、[イベント]、[オブジェクト]、[関連]の各列に基づいてフィルタリングできます。フィルターが有効な列には が表示されます。フィルターを追加または編集するには、目的のフィルターのヘッダー名を左クリックします。フィルタリングされたために表示されなくなったイベントログのエントリは、[エクスポート]ボタンでエクスポートされません。

次のプロパティがあります。

  • 時間 - 各時間フィルターには開始(左)と終了(右)のフィールドがあります。その2回以内に発生したイベントのみが表示されます。フィルターを追加するには、 アイコンをクリックします。フィルターを削除するには、 アイコンをクリックします。
  • イベント - このリストでは、イベントが関連付けられたイベントまたはトリガーのリストをフィルタリングできます。イベントをリストに含めるか、リストから除外するには、その名前の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。
  • オブジェクト - このリストでは、オブジェクトで生成されたイベントのリストをフィルタリングできます。オブジェクトをリストに含めるか、リストから除外するには、その名前の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。
  • 関連 - このリストでは、オブジェクトがイベントに関連付けられているリストをフィルタリングできます。オブジェクトをリストに含めるか、リストから除外するには、その名前の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。