目次

目次

トークンを作成

トークンを作成

概要と主要な概念

[トークンを作成]アクティビティは、入るトークンを受け取ると1つまたは複数の新しいトークンを作成し、自動的に異なるアクティビティやサブフロー(ここでは目的地アクティビティと呼びます)に送信します。このアクティビティは[サブフローを実行]アクティビティに似ています。ただし、作成されたトークンがリリースされると、このアクティビティは入るトークンを保持しません。また、このアクティビティは[サブフロー]や[開始]アクティビティにトークンを送信するだけではありません。トークンを任意のアクティビティで作成し、他の[一般処理フロー]のアクティビティを含めることができます。

より詳細な情報については、「サブ処理フロー」を参照してください。

このアクティビティが最初に作成された時は、赤い感嘆符 がアクティビティの右側に表示され、アクティビティが機能するために他のアクティビティや処理フローオブジェクト、サブフローオブジェクトへのリンクが必要であることが通知されます。このリンクは、感嘆符をクリックしてからアクティビティやサブフローオブジェクトをクリックすることで、直接ポインターにできます。または、[目的地]プロパティの値を設定することで参照を動的にすることもできます。

コネクター

[トークンを作成]アクティビティには、任意の数のコネクターを割り当てることができます。作成されたトークンは、[目的地]に基づいてこのアクティビティを終了します。入るトークンは、必ず最初のコネクター(スタックブロックの一部である場合は次のアクティビティ)から出てきます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[トークンを作成]アクティビティで利用可能なプロパティを示しています。

これらの各プロパティについては、次のセクションで説明します。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

目的地

新しく作成されたトークンが自動的に送信される[目的地]アクティビティを表します。目的地は、コネクターのインデックス、コネクター名、アクティビティにできます。[サブフローを実行]アクティビティとは異なり、目的地は[開始]アクティビティまたは[サブフロー]に限定されません。このアクティビティでは、新規作成されたトークンをサブフロー、一般処理フロー、同じ処理フロー内のアクティビティにあるかに関係なく、任意のアクティビティに送信できます。このプロパティからサブフローにリンクする詳細については、「サブフローにリンクする」を参照してください。

数量

[トークンを作成]アクティビティが、入るトークンを受け取るたびに作成されるトークンの数。

割り当て先

指定したラベルやノードの参照を、作成したトークンに割り当てます。詳細については、「共通プロパティ」の「割り当て先」セクションを参照してください。

次の形式で作成

作成されたトークンに対する元のトークンの関係を、次のように定義します。

  • 独立したトークン - 作成されたトークンは元のトークンに関連付けられません。
  • 子トークン - 作成されたトークンは元のトークンの子トークンになります。
  • 兄弟トークン - 作成されたトークンは元のトークンの兄弟トークンになります。つまり、元のトークンと同じ親を持つことになります。

親のみのラベルアクセス

このチェックボックスは[トークンを作成]アクティビティではデフォルトでオフにされ、[サブフローを実行]アクティビティではオンにされます。このチェックボックスをオフにすると、どのアクティビティでも親トークンおよび子トークンのラベルを作成、変更、読み込むことができます。

[親のみのラベルアクセス]チェックボックスをオンにすると、子トークンのラベルへのアクセスが制限されます。つまり、アクティビティができるのは親トークンのラベルの作成、変更、読み込みのみです。この制限により子トークンは(独立したトークンとは対照的に)親トークンの複製となるため、基本的に親トークンは同時に複数のアクティビティに存在することになります。

[親のみのラベルアクセス]チェックボックスがオンの場合、以下の2つのプロパティは利用できません。

親ラベルアクセス

このメニューは、親が所有するラベルに子トークンがアクセスできるかどうかとその方法を決定します。次のとおり、メニューには3つのオプションがあります。

  • なし - 子トークンは親のラベルにアクセスできません。ラベルの読み込み、書き込み、追加はすべて子トークンで行われます。子を親とは完全に別のエンティティにする場合は、このオプションを選択します。
  • 読み込み - このオプションは、子トークンが親のラベルから情報を取得することのみを許可します。そのため子トークンは親のラベルを追加または設定できません。親ではなく子にラベルを設定および追加する場合は、このオプションを選択します。サブフローのアクティビティが親トークンの所有する子トークンにラベルを設定しようとすると、子トークンは所定のラベル名と値でラベルを自身に追加します。
  • 読み込み/書き込み - このオプションを使用すると子トークンが親トークンのラベルを読み込んだり設定したりできますが、親トークンにラベルを追加することはできません。親または子にないラベルを設定すると、所定のラベル名とラベル値で子にラベルが追加されます。

作成時にラベルをトークン/子にコピー

デフォルトでは、[作成時にラベルをトークン/子にコピー]チェックボックスはオフです。このチェックボックスをオンにすると、入るトークンや親トークンは作成されたトークンや子に全ラベルをコピーします。[トークンを作成]アクティビティで、[次の形式で作成]が[兄弟トークン]に設定されている場合、入るトークンが所有するラベルのみがコピーされます。それ以外の場合は、トークンのあらゆる祖先からの全ラベルが(各トークンのラベルアクセスのタイプに基づいて)コピーされます。コピーされたラベルは、[親ラベルアクセス]メニューで選択したオプションに関係なく、子に読み込みや書き込みができます。ただし、ラベルアクセスのタイプが許可する場合は、親に追加された新しいラベルに読み込みや書き込みができます。

作成されたトークンにラベルを割り当てる

このプロパティのグループを使用して、作成されたトークンや子にラベルを設定できます。各ラベル値は、作成されたトークンや子ごとに評価されます。この機能は[ラベルを割り当てる]アクティビティと同一です。これらのプロパティの詳細については、「ラベルを割り当てる」アクティビティを参照してください。