目次

目次

液体ジェネレータ

液体ジェネレータ

概要と主要な概念

液体ジェネレータは、モデルの液体材料を無限に供給します。ジェネレータは固定レート(流出レートより速くまたは遅くできます)で補充するように設定することも、空になった後に一定時間補充することもできます。

液体ジェネレータは、モデルの液体材料の作成に使用されます。モデラーはジェネレータの容量と、モデルがリセットされたときのジェネレータ内の材料の量を定義します。また、初期製品の製品IDとサブコンポーネントの組み合わせを定義することもできます。

ジェネレータは2つの方法で材料を作成します。1つ目は、モデラーが定義する一定のレートです。このレートは、オブジェクトの出力レートより速くまたは遅くできます。速い場合、ジェネレータは常に充填されます。遅い場合、ジェネレータは最終的に空になります。ジェネレータが空になったとしても、次のティックでより多くの材料が作成されますが、下流オブジェクトはその材料をフルレートで受け取ることができない場合があります。

材料を作成する2つ目の方法は、ジェネレータを即座に最大量まで充填する方法ですが、ジェネレータが空になってから一定の時間が経過した後に限ります。モデラーは、この待機時間の長さを定義でき、材料を定期的に入手できるがいつでも入手できるわけではない状況のシミュレーションに使用されます。たとえば、原材料がいっぱいに積まれていて1日1回到着するトラックはこの方法でシミュレーションできます。

モデラーはジェネレータの出力レートに影響を与えるすべてのレート変数と 「AdjustOutputRates」と呼ばれる関数をコントロールします。この関数はすべてのティックを起動し、モデルの実行中にモデラーが出力レートを変更できるようにします。ジェネレータに材料は入らないため、モデラーは入力レートをコントロールする変数を制御することはできません。

状態

統計的な目的で、シミュレーション実行中、液体ジェネレータはさまざまな位置で次のいずれかの状態になります。

ジェネレータに材料がありません。

空ではない

ジェネレータに材料が入っています。

フル

ジェネレータの最大容量に達しています。

プロパティ

液体ジェネレータオブジェクトには、さまざまなプロパティを持つ6つのタブがあります。最後の5つのタブは、ほとんどの液体オブジェクトに共通する標準タブです。これらのタブのプロパティの詳細については、以下を参照してください。

[統計]タブは廃止され、このオブジェクトではサポートされていません。代わりにオブジェクトのクイックプロパティの統計グループを使用します。

[ジェネレータ]タブのみがジェネレータオブジェクトに固有です。このタブのプロパティについては、この先のセクションで詳しく説明します。

最大コンテンツ

このオブジェクトがいつでも保持できる液体材料の最大量。

初期コンテンツ

モデルがリセットされたときのオブジェクト内の材料の量。

初期製品

これにより、[初期製品ウィンドウ]が開き、モデラーはこのオブジェクトにある材料の製品IDとサブコンポーネントの組み合わせを定義できます。

出力レートを調整

この関数はティックごとに呼び出され、モデル実行中にユーザーが出力レートとスケール係数を変更できるようにします。レートとスケール係数を保持するノードへの参照となっているアクセス変数があります。現在のレート(オブジェクトまたはポート)を読み取るには、getnodenum()コマンドを使用します。レートを変更するには、setnodenum()を使用します。スケール係数を読み取ったり変更したりするには、getnodenum()とsetnodenum()をrank()コマンドとともに使用します。

ジェネレータの再充填

これらのプロパティは、モデル実行時のオブジェクト補充方法に影響します。

再充填モード

ジェネレータが実行する補充タイプを選択します。絶え間なくジェネレータを(指定されたレートで)補充することも、空になった後に完全に補充することもできます。

再充填率

ジェネレータが再充填する率。これは、[補充モード]ドロップダウンリストで[連続再充填]が選択されている場合に使用できます。

遅延時間

ジェネレータが空になってから完全に補充されるまでの待機時間。[補充モード]ドロップダウンリストで[空のときに再充填]が選択されている場合に使用できます。

出力ポート

これらのプロパティは、オブジェクトが下流のオブジェクトに材料を送る方法に影響します。

最大オブジェクトレート

結合したすべての出力ポートを通って材料がこのオブジェクトを離れる最大レート。

最大ポートレート

材料が任意の1つのポートを通ってこのオブジェクトを離れる最大レート。

出力ポートのスケール係数

テーブルの各行は1つの出力ポートのスケール係数です。値に最大ポートレートを掛けて、その特定のポートの実際の最大レートを決定します。これにより、モデラーはモデル実行中に個々の出力ポートのレートを変更できます。