目次

目次

状態円グラフテンプレート

状態円グラフテンプレート

概要と主要な概念

このチャートテンプレートは、円グラフを作成し、各オブジェクトのさまざまな状態の時間に基づいて使用率を計算します。円グラフの各セグメントは、オブジェクトの状態の1つに費やされた時間の割合を表します。

[オプション]タブ

[オプション]タブには、次のプロパティがあります。

  • オブジェクト - チャートに含めるオブジェクトを指定します。詳細については、「オブジェクトを追加する」を参照してください。
  • 状態 - オブジェクトが追加されると、このテーブルが更新されます。表の各行では、次の属性を編集できます。
    • 表示名 - チャートに表示される状態の名前を指定します。このフィールドを編集するには、セルをダブルクリックして新しい名前を入力します。
    • 分析 - このテンプレートによって計算された使用率統計に、この状態がどのように影響するかを指定します。この値を編集するには、セルをクリックします。これは考えられる次の3つの値を循環します。
      (空白) - この状態で費やされた時間を「未使用」とみなす必要があることを示します。
      使用済み - この状態で費やされた時間を「使用済み」とみなす必要があることを示します。
      除外対象 - この状態で費やされた時間を使用率の計算から除外する必要があることを示します。
    • 表示 - 状態をチャートに表示するかどうかを指定します。この値を編集するには、セルをクリックします。これにより、状態が表示されるかどうかを切り替えます。
    • 色 - 状態の色を指定します。この値を編集するには、セルをクリックします。これにより、この状態の新しい色を選択できます。
    ボタンを使用すると、その他の状態をテーブルに追加できます。 ボタンを使用すると、状態をテーブルから削除できます。含まれているすべてのオブジェクトが追加の状態プロファイルを共有している場合は、[状態プロファイル]プロパティを使用してそのプロファイルのチャートを作成できます。デフォルトでは、使用済み状態は未使用状態の前に表示されます。また、デフォルトでは、使用されていない状態の色は透明です。
  • オブジェクト表示 - 各オブジェクトの名前の前に表示するテキストを指定します。
  • 使用率の表示 - 使用率の値の前に、各円の中央に表示するテキストを指定します。

[設定]タブ

この[設定]タブは、[円グラフ設定]タブと同じです。詳細については、「円グラフ設定」を参照してください。

[色]タブ

[色]タブは[円グラフの色]タブと同じです。詳細については、「円グラフの色」を参照してください。

[詳細]タブ

このテンプレートは、すべてのテンプレートと同様に[詳細]タブを使用します。詳細については、「[詳細]タブ」を参照してください。