目次

目次

データベースコネクター

データベースコネクター

概要と主要な概念

データベースコネクターを使用すると、データベースに接続し、データベースでデータのインポートやエクスポートを行うことができます。

データベースコネクターはツールボックスからアクセスできます。データベースコネクターを追加するには、ツールボックスの[追加]ボタン をクリックします。[接続性]をポイントし、[データベースコネクター]を選択します。

データベース接続を設定する

データベースコネクターのプロパティウィンドウの[接続]タブで、アドレス、ユーザー名、データベース名など、データベースへの接続に関連する設定を定義します。

  • データベースタイプ - 接続するデータベースのタイプを定義します。
  • データベースアドレス - データベースサーバーのIPアドレスを定義します。ローカルコンピュータがデータベースサーバーの場合は、ここに「localhost」と入力するか、ローカルでない場合は、明示的にIPアドレスを定義します。
  • データベース名 - 接続するデータベースの名前です。
  • ログインID - ログインするユーザー名です。
  • ログインパスワード - ログインするためのパスワードです。
  • 接続のテスト - データベース接続設定を定義したら、このボタンを押してデータベース接続に成功したかどうかをテストできます。

データをインポートする

接続設定が完了したら、データベースからの自動インポートを設定できます。これは[インポート]タブで行います。

左側のリストには、定義済みのインポートセットが表示されます。このリストはリストの上にある複数のボタンを使用して設定できます。

アイコン 説明
メニューが開き、使用可能なグローバルテーブルが表示されます。選択したテーブルにインポートしたデータが送信されます。新しいグローバルテーブルを作成するオプションを選択することもできます。
FlexSimのテーブルまたはツリーのノードをサンプリングします。これにより、選択したノードまたはテーブルのエントリがリストに追加されます。
選択したインポートアイテムをリストから削除します。
選択したインポートアイテムのリスト内の順序を変更します。

特定のインポートアイテムを選択すると、右側のペインにいくつかのプロパティが表示されます。

  • 今すぐすべてインポート - リスト内のすべてのアイテムを一度にインポートします。
  • クエリ - 実行するクエリを定義します。結果はFlexSimの指定されたテーブルにインポートされます。右側の矢印を使用して、使用可能なデータベーステーブルのリストを選択します。または、SQLクエリを手動で定義することもできます。
  • 今すぐインポート - 現在選択しているインポートアイテムを一度にインポートします。
  • リセット時に自動的にインポート - このチェックボックスをオンにすると、モデルがリセットされるたびに、このアイテムを自動でインポートします。

データをエクスポートする

データベースへの自動エクスポートを設定することもできます。これは[エクスポート]タブで行います。

左側のリストには、定義済みのエクスポートセットが表示されます。このリストはリストの上にある複数のボタンを使用して設定できます。

アイコン 説明
メニューが開き、使用可能なグローバルテーブルとエクスポートする統計コレクターが表示されます。
FlexSimのテーブルまたはツリーのノードをサンプリングします。これにより、選択したノードまたはテーブルのエントリがリストに追加されます。
選択したエクスポートアイテムをリストから削除します。
選択したエクスポートアイテムのリスト内の順序を変更します。

特定のエクスポートアイテムを選択すると、右側のペインにいくつかのプロパティが表示されます。

  • 今すぐすべてエクスポート - リスト内のすべてのアイテムを一度にエクスポートします。
  • テーブルへ - エクスポート先のデータベースのテーブルを定義します。右側の矢印を使用して、テーブルのリストからエクスポート先を選択します。
  • テーブルに追加 - エクスポート前にテーブルをクリアせずに、エクスポートオペレーションをテーブルに追加する場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • エクスポートする列 - データベーステーブルにエクスポートする列数を定義します。[テーブルへ]フィールドでテーブルを選択した場合は、エクスポートする列セットの自動入力が試みられます。ただし、これはカスタマイズできます。[エクスポートする列]フィールドで、エクスポートする列の数を定義できます。
  • FlexSim列から/データベースフィールドへテーブル - ここで、FlexSim列からデータベーステーブル列へのマッピングを定義します。左側でFlexSimの列名を定義します。右側でデータベースフィールド名を定義します。
  • 今すぐエクスポート - 現在選択しているエクスポートアイテムを一度にエクスポートします。

プログラムに沿ってデータベースと通信する

FlexSimは、インポートとエクスポートを自動で実行するだけでなく、FlexScript APIを備えているため、ユーザー独自のデータベースと通信できます。次のFlexScriptクラスが定義されています。

  • Database.Connection
  • Database.PreparedStatement
  • Database.ResultSet
  • Database.DataType

詳細については、「FlexScript APIリファレンス」を参照してください。