目次

目次

入口の転送タイプ

入口の転送タイプ

概要と主要な概念

入口の転送は、非コンベヤオブジェクト(ソースまたは他の固定リソースなど)からコンベヤオブジェクトへの接続です。シミュレーションモデルのコンベヤでは、白いボックスで表されます。入口の転送タイプは、任意の入口の転送にインポートできる設定です。入口の転送は、転送(コンベヤを他のコンベヤに接続する)や、出口の転送(コンベヤオブジェクトから非コンベヤオブジェクトへの接続)とは異なるので注意してください。

プロパティ

入口の転送タイプのプロパティウィンドウには、次のプロパティがあります。

プル方法/プル要件

入口の転送のプル方法とプル要件を定義します。

アイテムの向き

アイテムがコンベヤに入るときにアイテムの先頭とみなすアイテムの部分を定義します。

輸送中の最大輸送数

一度に入口の転送で「輸送中」にできるアイテムの最大数を定義します。つまり、これは入口の転送へのアイテムの輸送を同時に実行できる、タスク実行者のリクエストの最大数です。

スペースがブロックされている場合は輸送を保留

このチェックボックスをオンにすると、アイテムを入口の転送にドロップするタスク実行者は、エントリポイントが利用可能になるまで待機してから、コンベヤへのアイテムのアンロードを終了する必要があります。

アイテムの挿入方法

入口の転送からコンベヤに入るアイテムをコンベヤに挿入する方法を決定します。オプションは次のとおりです。

  • シンプル - アイテムは入口がクリアになるまで待機する必要があります。アイテムは、スペースが利用可能になるまでコンベヤの側面に表示されます。
  • 上流アイテムをブロック - アイテムが入ろうとしたときに入口がブロックされた場合、上流アイテムは、スペースがクリアされ、アイテムが入ることができるまで停止します。
  • 使用可能なスペースをクリア - アイテムが入ろうとしたときに入口がブロックされた場合、上流アイテムは、必要なスペースが利用可能になるまで後ろにプッシュされます。プッシュバックを実行する時間は、コンベヤ速度の2倍で後ろにプッシュされるアイテムに基づいています。このプッシュバック時間は、スペースがブロックされたときに輸送を保留する場合にのみ重要になります。この場合、輸送はプッシュバック時間中保留された後、アンロードを終了します。また、このオプションを選択する場合は、コンベヤにアイテムをプッシュバックするのに十分な「クリア」スペースがあることが必要です。アイテムがコンベヤにプッシュバックされる場合や、コンベヤ転送を過ぎてプッシュされる場合の動作は定義されません。アイテムが決定点やフォトアイにプッシュバックされる場合、そのオブジェクトのトリガーが再び起動することはありません。