目次

目次

ダッシュボードウィジェット

ダッシュボードウィジェット

概要と主要な概念

ダッシュボードウィジェットを使用すると、グラフィカルインターフェイスを介してモデルの各部分を表示およびコントロールできます。入力フィールド、ボタン、テーブルなどの入力ウィジェットを作成できます。

モデル入力プロパティ

ダッシュボードライブラリから使用可能なモデル入力プロパティを次に示します。

以下のオプションがあります。

テキスト

コントロールのタイトルまたはテキストを指定します。

以下で利用できます。

  • 静的テキスト
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • ボタン

リンク

モデル内のノードへのパスを指定します。ウィジェットが編集または動的テキストの場合、リンクはグローバル変数にもな​​ります。

以下で利用できます。

  • 動的テキスト
  • 編集
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • コンボボックス
  • リストボックス
  • トラッカー
  • Table
  • ボタン
  • GUIクラス

ホバーヒントテキスト

このテキストは、ユーザーがマウスカーソルをコントロールの上に置くと、ツールチップとして表示されます。

以下で利用できます。

  • 動的テキスト
  • 編集
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • コンボボックス
  • リストボックス
  • トラッカー
  • ボタン

画像

コントロールのテキストの代わりに画像を表示します。

以下で利用できます。

  • 静的テキスト
  • ボタン

フォント

コントロールのテキストのフォント名、サイズ、プロパティ、色を指定します(色は静的テキスト、動的テキスト、編集コントロールでのみ使用可能)。

以下で利用できます。

  • すべて(GUIクラスを除く)

トリガー

一部のモデル入力オブジェクトには、起動するトリガーがあり、独自のカスタムコードを実行できます。次のプロパティがあります。

  • OnPress - ボタン、チェックボックス、またはラジオボタンが押されたときに起動します。
  • OnApply - 編集フィールドでEnterキーが押されたとき、編集フィールド以外の場所をクリックしたときに起動します(フォーカスは削除されます)。
  • OnDrag - トラッカーをクリックまたはドラッグしたときに起動します。
  • OnSelect - コンボボックス/リストボックス内のアイテムが選択されたときに起動します。

ID

ダッシュボードコントロールのIDは、コードまたはピックリストオプションからコントロールを簡単に参照できる文字列です。モデル入力オブジェクト(フィールドやボタンなど)への参照を取得するには、getdashboardcontrol()コマンドを使用します。

以下で利用できます。

  • すべて

コンボボックスとリストボックスのオプション

コンボボックス/リストボックスのドロップダウンに表示するアイテムのリスト。値は数値である必要があります。

トラッカー

トラッカーには次のプロパティがあります。

  • 最小値 - トラッカーの最小値。
  • 最大値 - トラッカーの最大値。
  • 指数値 - 最小値と最大値の間の値分布を指数に変更します。この値を1に設定すると、トラッカーが線形になります。
  • スタイル - サムボタンのスタイルを変更します。
  • 垂直 - このチェックボックスをオンにすると、トラッカーが垂直に表示されます。

スピナー

スピナーには次のプロパティがあります。

  • 最小値 - スピナーの最小値。
  • 最大値 - スピナーの最大値。
  • ステップサイズ - 1回のクリックでスピナーが値を増加させる量。