目次

目次

FlexSimの基本チュートリアル

FlexSimの基本チュートリアル

このチュートリアルでは、FlexSimのシミュレーションモデル構築についての基本を学習します。カスタマーサービスセンターのシミュレーションを作成して、サービスセンターの効率的な運営を目指します。

このチュートリアルでは、FlexSimで利用できる次の2種類のモデル構築方法、つまり3Dモデリングと処理フローモデリングを試します。このチュートリアルの最後にはこれら2つのタイプのモデルを統合し、両方法の最良の側面を組み合わせたさらに強力なシミュレーションモデルを作成します。

このチュートリアルを終了すると、FlexSimの仕組みやシミュレーションモデルの構築に必要とされる基本タスクについての知識が身につきます。作業が完了すると、3Dモデルは次の画像のようになります。

対象タスク

このチュートリアルでは、次のタスクについて説明します。

タスク1.1

3Dモデルを構築する

このタスクでは、FlexSimユーザーインターフェイス内の操作の基本について、3Dモデルを構築しながら学習します。このタスクでは、3Dモデルインターフェイスの最も重要な要素を実践的に体験します。

タスク1.2

3Dモデルからデータを取得する

このタスクでは、ダッシュボード、チャート、統計コレクターなどのさまざまなシミュレーションツールを使用してモデルからデータを取得する方法を学習します。また、このデータを分析してビジネスシステムの効率を向上させる方法についても学習します。

タスク1.3

処理フローモデルを構築する

このタスクでは、最初のタスクで作成した3Dモデルと同じシミュレーションモデルを作成しますが、今回は処理フローツールを使用します。FlexSimの処理フローツールを使用する際の基本について、処理フローモデルを構築しながら学習します。

タスク1.4

モデルをリンクする

このタスクでは、処理フローを3Dモデルにリンクして、処理フローでモデルの全体的なロジックをコントロールする方法を学習します。さらに、サービスデスクを追加してビジネスシステム全体のパフォーマンスを向上できるかどうかを確認します。

詳細

これらのチュートリアルで取り上げた概念の詳細については、以下を参照してください。