目次

目次

モデルドキュメント

モデルドキュメント

概要と主要な概念

モデルドキュメントチャートでは、ダッシュボードにテキスト、チャート、その他のHTML要素を作成するための空のキャンバスが提供されます。チャートの描画時に実行されるFlexScriptを記述することもできます。

プロパティ

モデルドキュメントチャートには、次のプロパティがあります。

名前フィールド

このフィールドでは、ドキュメント表示チャートの名前を設定します。

アイコン 説明
このボタンは選択されているテキストを太字にします。選択範囲全体がすでに太字で表示されている場合は、太字効果を削除します。
このボタンは選択されているテキストを斜体にします。選択範囲全体がすでに斜体で表示されている場合は、斜体効果を削除します。
このボタンは選択されているテキストに下線を引きます。選択範囲全体にすでに下線が引かれている場合は、下線を削除します。
このボタンは現在の行のテキストを左寄せにします。複数の行が選択されている場合は、すべての行が左揃えになります。
このボタンは現在の行のテキストを右寄せにします。複数の行が選択されている場合は、すべての行が右揃えになります。
このボタンは現在の行のテキストを右寄せにします。複数の行が選択されている場合は、すべての行が右揃えになります。
このボタンは現在の行を順序付きリストに配置します。複数の行が選択されている場合は、すべての行がリストに配置されます。
このボタンは現在の行を順序付けられていないリストに配置します。複数の行が選択されている場合は、すべての行がリストに配置されます。
このボタンは現在の選択範囲のフォントを指定されたサイズに変更します。
このボタンは選択されているテキストを指定された色で強調表示します。
このボタンは選択されているテキストのフォントの色を指定された色に変更します。
このボタンはflexscriptコードのセクションを挿入します。挿入されたコードは、モデル自体に基づいてモデルドキュメントを動的に更新するために使用できます。
このボタンはflexscriptの現在のセクションを削除します。
このボタンはビジュアルエディタとhtmlエディタ間の表示を切り替えます。