目次

目次

現在および将来の状態モデル

現在および将来の状態モデル

シミュレーションプロジェクトを開始する前に、現在の状態モデルと将来の状態モデルのどちらを作成すべきかを最初に決定する必要があります。現在の状態モデルは、現在のビジネスシステムを表しています。現在の状態モデルの目標は、ビジネスシステムで現在、実際に起こっていることを視覚化し、把握するのをサポートすることです。また、現在の状態モデルを使用してシミュレーションモデルと実際のパフォーマンスを比較し、モデルが正確であるかどうかを確認することもできます。一方、将来の状態モデルは、近い将来に導入する効率性の高いビジネスシステムの計画と設計に役立ちます。

多くの場合、シミュレーションモデリングを使用することにしたのは、現在のビジネスシステムに不満があったからです。このような理由の場合、すぐに使用を開始して将来の状態モデルを作成したくなるかもしれません。しかし、多くのシミュレーション研究家は、将来の状態モデルを作成する前に、現在の状態モデルから始めることを推奨しています。

次の画像に示すように、現在の状態モデルを作成する処理は、将来の状態モデルを作成する処理と重なります(その逆も同様です)。

現在の状態モデルから開始する場合、多くの利点が得られます。

  • 効果的な練習 - FlexSimとシミュレーションモデリングを初めて使用する場合は、現在のシステムのモデルを最初に作成することにより、これらのツールの使い方を学習できます。ツールを直観的に使用できるようになるまでは、現在の状態モデルを使ってモデリングを練習することを検討してください。
  • 情報の収集 - 現在の状態モデルを作成するには、ビジネスシステムの実際の仕組みについて重要な情報を収集する必要があります。現場に行き、ビジネスシステムの各ステップについて従業員と話す必要があります。そうすることで、自社のビジネスシステムを新鮮な視点で観察できるようになります。
  • モデルの検証 - 現在の状態モデルを作成すると、シミュレーションモデルを実際のビジネスシステムの動作と比較できるようになります。これは、シミュレーション業界でモデルの検証と呼ばれます。モデルを検証すると、作成したモデルが実世界を正確に表現しているかどうかを判断できます。モデルの検証が完了したら、開始したモデルが正確であることを知ったうえで、引き続き将来の状態モデルを作成できます。
  • 問題の解決 - 現在の状態モデルを作成すると、作成しなければ検出されなかった可能性のある現在のシステムの問題を実際に確認するのに役立ちます。多くの場合、現在の状態モデルを作成するうちに、ビジネスシステムについて何を変更すべきかが具体的に分かるようになります。シミュレーション実践者が、現在の状態モデルで作業する際に変更すべきアクションリスト(「やること」リスト)を記録するよう推奨するのはこのためです。

シミュレーションモデリングの使用を開始する際は、最初に現在の状態モデルを作成することを検討してください。