目次

目次

アンロード

アンロード

概要と主要な概念

[アンロード]アクティビティを使用し、3Dシミュレーションモデル内でタスク実行者(オペレーターやトランスポーターなど)にオブジェクトをアンロードさせます。たとえば、タスク実行者にプロセッサやキューでフローアイテムをドロップさせることができます。

[アンロード]アクティビティによってアンロードタスクシーケンスが作成され、それがタスク実行者に送付されます。任意で、すでに存在するタスクシーケンスにタスクを追加できます。詳細については、「タスクシーケンスを作成」アクティビティを参照してください。

コネクター

[アンロード]アクティビティでは、コネクターを1つのみ使用できます。詳細については、「アクティビティを追加および接続する」を参照してください。

プロパティ

次の画像は、[アンロード]アクティビティのプロパティを示しています。

これらの各プロパティについては、次のセクションで説明します。

名前

アクティビティの名前を変更するために使用します。このプロパティの詳細については、「名前」を参照してください。

フォント

フォント]ボタン で、アクティビティの背景色プロパティとフォントプロパティを編集するウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「フォント」を参照してください。

統計

統計]ボタン でアクティビティの統計ウィンドウが開きます。このプロパティの詳細については、「統計」を参照してください。

実行者/タスクシーケンス

実行者/タスクシーケンス]ボックスを使用して、タスクを受け取るタスク実行者またはタスクシーケンスを決定します。このプロパティの詳細については、「実行者/タスクシーケンス」を参照してください。

アイテム

アイテム]ボックスを使用し、アンロードするアイテムまたはオブジェクトを決定します。通常、これはフローアイテムですが、他のオブジェクトも使用できます。モデル内のフローアイテムとオブジェクトを参照するには、さまざまな方法があります。下にいくつか例を示します。

  • オブジェクトを作成]アクティビティを使用して、3Dモデル内にフローアイテムを作成し、そのオブジェクトに適切なラベルを割り当てることができます。
  • 固定リソースに到着するフローアイテムをリッスンし、それらの入るフローアイテムにラベルを割り当てる[イベントを待つ]アクティビティまたは[イベントトリガーソース]アクティビティを作成できます。

ステーション

ステーション]ボックスを使用し、タスク実行者がアイテムをアンロードするオブジェクトを選択します。通常、固定リソース(プロセッサやキューなど)を指しますが、別のタスク実行者を指すこともできます。

完了まで待機

完了まで待機]チェックボックスがオンの場合、このタスクが完了するまでトークンはアクティビティに保持されます。